2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放置少女 完全攻略

 ※質問・要望・誤字脱字の指摘などあればコメントお願いします。内容に応じて修正・返答いたします。

 

●目次(クリックで開閉)





 ●放置少女とは?

放置少女


 放置少女とは、iOSでプレイできる無料携帯アプリです。Google PlayやApp Storeで取得できます。

 その名の通り、放置しながら戦闘・育成できるのが最大の特徴。起動していない間もずっと戦闘し続けるので、少しの時間起動して操作するだけでオッケー。

 短い周期で新しいサーバーが作られ、そこでは皆が0から始めるので、サーバー作成と同時に始めれば今でもランカーは夢じゃない。課金要素もありますが、基本は始めた時間・放置時間が重要になります。

 アプリに割く時間も少ないことから、今圧倒的なブームとなっています。



 ●サーバー選び

 基本的に1から順にサーバーが作られているので、一番下にあるサーバーが最も古く、上にあるのが一番新しいサーバーとなります。
古いサーバ―の利点としては、レベルが高く色々詳しいプレイヤーが多いことがあります。新サーバーで始める利点としては、みんな1から始めているため比較的上位に入りやすいことが挙げられます。新サーバー以外は全て満員と書いてありますが、どのサーバーも問題なく作れるのでご安心を。

 作れるキャラは各サーバーに1体ずつ。サーバー数の数だけキャラを作れることになります。職業は3つなので、3つのサーバーにそれぞれ別の職業を作れば全ての職業を楽しめるわけですね。



 ●職業選び

 職業は以下の3つ。

 武将…いわゆる戦士。防御が高く、長期戦が得意な安定型。防御力や通常攻撃を利用したスキルが多い。
 弓将…いわゆる弓使い。会心が高く、運が良ければ大ダメージを連発する。毒など状態異常スキルが多い。
 謀士…いわゆる魔法使い。MPが高く、戦闘終盤に強い。単純なスキル効果は謀士が最も強い。

 雑魚相手としては範囲攻撃を持つ武将・謀士が強く、ボス相手としては毒スキルを持つ弓将が強力です。闘技場(プレイヤー同士の対戦)については、武将は長期戦でじわじわと相手を削り、弓将は大ダメージで短期決戦を狙い、謀士は前半耐えて後半大ダメージという戦闘スタイル。個人的な感覚としては、武将=謀士>弓将といった印象。ただし、総戦力やスキル構成などで簡単にひっくり返るし、職業差によってランキングが大きく変わるというわけでもないのであまり気にする必要はないでしょう。

 とりあえずは直感で気に入った職業を選んで問題ありません。



 ●戦闘について

 戦闘は最初も言った通りほとんど自動で行われ、起動してない時も行われます。ただ、1度に放置していい時間は1日(24時間)まででそれ以上放置しても経験値は得られないため、1日1回はアプリを起動しましょう。

 ボスや闘技場など特殊戦闘は起動してないと戦闘自体がなくなってしまうので注意。ちなみに、ボス戦が始まってからアプリを閉じ、再び起動すると既にボス戦が終わっているバグ?があるので、ボス挑戦回数を消費する際は有効活用しましょう。

 基本的に雑魚との戦闘になり、ボスを倒すと高レベルの場所に移れます。強い場所ほど高レベルの装備が手に入るので、レベルが上がったら積極的にボスへ挑むといいでしょう。

 経験値・銅貨の効率については、雑魚戦での勝率が重要になります。勝率80%の高レベルステージで戦うより、1ランク下げた勝率100%のステージで戦う方が経験値を得られます。戦闘統計(クエスト欄:場所名の右にあるマークから見られる)を見て勝率を確認しましょう。



 ●装備・能力について

 装備は雑魚敵を倒すことで得られます。放置していれば勝手に手に入るわけですね。高レベルの場所ほど高レベルの装備が手に入ります。

 高レベルの装備ほど強い能力になりますが、自分のレベルより11以上高い装備はつけられません(例:自LV40で装備LV50はOK。装備LV55は×)

 装備は①兜・②指輪・③帯・④鎧(鎧)・⑤主武器(剣・弓・扇)・⑥副武器(盾・矢・策)・⑦腰当・⑧靴・⑨篭手・⑩首飾りの10種類があります。

 装備には戦闘ステータス基礎ステータスがあります。

 戦闘ステは物理防御やダメージ量・会心(詳細はステータスから確認可)などの能力で、各部位ごとで決まった能力が上がります。

 基礎ステには次の4つがあります。

・筋力…武将で重要、物理防御・命中が上がる
・敏捷…弓将で重要、会心・回避が上がる
・知力…謀士で重要、法術防御・MP回復量が上がる
・体力…HP・根気値が上がる

 各職業に必要な基礎ステータスは、特に重要なので覚えておきましょう。

 また、装備にはS・A・B・C・D級のランクがあり、ランクによって基礎ステータスのついてる種類の数が変わります。S級なら4種類すべて、B級なら4種類中2種類、D級にはついていません。

 基本的に装備・強化するのはS級の物だけになります。下級の装備は鋳造するのが好ましいですが、金欠になったり装備がいっぱいになった時を考えて、D級だけ自動売却、あとは鋳造に使うといいでしょう。

 自動売却については、ホーム欄の名前部分をタッチし、アカウント情報のホウチ設定から設定できます。



 ●装備の強化方法

 装備を強くする方法は、大きく分けて4つ。

①強化(強化石と銅貨で戦闘ステータスアップ)
②鍛錬(銅貨を使って基礎ステータスの振り分けを変える)
③宝石(宝石を使っていろんな能力を上げる)
④神器(装備に特殊能力を付加する)



 ①強化

 銅貨・強化石(強化レベル10以上)・強化結晶(強化レベル30以上)を使うことにより、装備の基礎属性を上昇させることができます。強化レベルは自分のキャラレベルまでしか上げられません。

 上昇は割合上昇なので、高レベル装備になるほど、強化すればするほど強い装備になります。その分必要な強化石・強化結晶や銅貨もどんどん増えていくので注意しましょう。

 レベルが上がると当然装備を交換することになりますが、装備交換時に自動で強化レベルも引き継がれるので、高レベル用のストックを心配する必要はありません。どんどん強化していきましょう。

 基本的に強化していきたいのは、ダメージが直接増加する主武器や篭手・首飾り。次点でHP増加の帯・靴。他の装備はステータスがあまり重要にならないため後回しで構いません。

 また、④神器で詳しく説明しますが、装備すべてを一律に強化すると神器効果にボーナスが加わります。神器レベルがアップしたらそっちを狙っていくのもいいでしょう。

 ○テクニック

 強化石は、通常ボスを倒したりイベントをこなすことで集まります。また、強化結晶については訓練所のボスを倒すことで得られます。

 大きく差が出るのはやはりボス討伐。ボスを倒すと難易度に応じて強化石(強化結晶)が手に入りますが、これを毎日3回やるだけでかなり違います。

 初めてボスを倒した時に「ボス挑戦券」が手に入りますが、すぐには使わずとっておきましょう。高レベルのボスほどたくさん強化石をもらえるので、高レベルになって強化に詰まったら使いましょう。特定のイベント時にまとめて挑戦券を消費するのがオススメ。

 ボスに負けた場合は何ももらえませんがボス挑戦券が消費されないので、自分がギリギリ勝てるボスに挑むと多少ながら報酬を多くもらえます。



 ②鍛錬

 鍛錬は、銅貨を使うことで装備の基礎属性(基礎ステータス)の配分を変えるシステムです。

 例えば、筋力200・敏捷200・知力200・体力200の装備(合計800)があったとします。これを鍛錬すれば、筋力650・敏捷50・知力50・体力50(合計は変わらず800)の装備に変えられるのです。ただし、宝石による増加分は固定となります。

 これを使えば、必要ない基礎ステータスを使って、重要な基礎ステータスを大きく伸ばすことができます。副将の装備にも使えるので副将の強化もできます。

 ただ、育成中盤では銅貨切れには注意しましょう。中途半端な所持金で極端なステータス配分を目指すと、かえって中途半端なところで銅貨がなくなってしまい微妙な能力になってしまうことも。せめて鍛錬100回分の銅貨を持ってから臨みましょう。

 ○テクニック

 元宝を使った高級鍛錬を利用すれば、より鋭いステータス配分にできます。

 高級鍛錬では、一部のステータスをロック…鍛錬で変動しないようにできるので、必要なステータスと不必要なステータス以外がまぁまぁな値になったタイミングでロックし高級鍛錬すれば、簡単にステータス配分を良いものにできます。

 ただし、何度もやると湯水のように元宝が飛んでいくので注意。



 ③宝石

 装備には4つまで宝石を装着する欄があり、装備の種類に応じて宝石を付けることができます。

 宝石欄については、以下のアイテムを使って拡張できます。

(1)銅貨(装備レベル依存)
(2)元宝20
(3)元宝50
(4)元宝100

 それから、装備につけられる宝石は次のようになります。
 
メインサブ腰当篭手首飾り
紅玉(筋力)
翠玉(敏捷)
青玉(知力)
黄玉(体力)
白銀貨(命中)
血玉石(最小ダメージ)
孔雀石(最大ダメージ)
翡翠(会心)
真珠(HP)
橙水晶(物理防御)
紫水晶(法術防御)
黒水晶(回避)
白水晶(根気値)
瑪瑙(物理防御貫通)
瑠璃(法術防御貫通)

 ※瑪瑙は「めのう」と呼びます

 主武器・副武器などには、主要サブステータスが上がる宝石やダメージが上がる宝石。帯・鎧などには、体力が上がる黄玉やHPが上がる真珠がオススメ。低レベルは攻撃系の宝石を集め、高レベルで少しずつ防御系宝石を集めるといいでしょう。

 ○テクニック

 宝石ショップにはLV1の宝石が売ってありますが、宝石のレベルは合成によってさらに上げることができます

 同じLvの同じ宝石を2つ使い合成することで、1LV上がった宝石になります。Lv2を2つ合成でLV3、LV3を2つ合成でLv4の宝石へ。どこまで上がるかはわかりませんが、LV10以上もあり得るかも?LVの高い宝石ほど能力も高いので、どんどん合成したいところ。頑張って宝石をためて合成していきましょう。

 高レベル宝石を作るために必要なLV1宝石の数は、LV4:8個、LV5:16個、LV6:32個、LV7:64個、LV8:128個となります。LV6以降は必要な宝石数が一気に増加するので、他の宝石を平均的に上げた方が総戦力アップにつながります。



 ④神器

 S級装備を鋳造すると、たまに光った装備…神器が出てきます。

 神器装備には通常の能力に加えて、各装備ごとに固有の特殊能力があります。無双神器の能力は強化・宝石なども強くできますが、伝説神器の能力はその多くが強化・鍛錬・宝石などでは補強できない能力です。

 神器には、無双神器伝説神器の2種類があります。無双神器は通常鋳造の際に得られる装備、伝説神器は名声製造(名声1000、鋳造値8000)でしか手に入らない装備です。名声製造には名声がかなり必要になるため、気長にそろえていきましょう。

 神器能力は、他の神器を吸収(神器吸収)することでレベルが上がります。最初は強いとは言えない能力も、レベルを上げればかなり有効になります。無双神器は無双神器、伝説神器は伝説神器を吸収させないと経験値が上がらないので注意。

 レベルを上げるおすすめの神器能力としては、

 <伝説>
・主武器(攻撃力)…………………火力上げ
・副武器(HP吸収)………………唯一の回復方法
・指輪(物理会心ダメージ)……………火力上げ
・靴(防御力)…………………………防御上げ

 最初はHP吸収の神器、中盤は火力の上がる神器、後半で防御の上がる神器を少しずつ上げていきましょう。

 また、神器は神器のついていない装備に継承(神器継承)させることができます。装備交換時に自動で継承されるのであまり気にしなくていいでしょう。

 無双神器・伝説神器両方が手に入ったら、神器融合で両方の能力がついた装備にしましょう。

 ○テクニック

 神器の能力は、普通の能力に加えて「全身強化ボーナス」があります。各部位の強化を全て一定以上あげてあると、その強化値に応じて神器能力にもボーナスが入ります。

 ただし、いくら全身強化していても、神器のレベルが低いと効果が薄いので気を付けましょう。(1LV神器ならボーナスは1段階まで、3LV神器ならボーナスは3段階まで)



●ボス戦攻略

 ボス戦での主な敗因は、以下の2つ。

・レベル差がありすぎて命中しない(育成中盤)
・火力や命中が足りないため、戦闘が30ターン超えて「怒り」状態になってやられる(育成中盤)
・ボスの攻撃力が高すぎて瞬殺される(序盤やLV90あたり)


 レベル差については、大体15以上あいていると厳しく、10以内であればなんとかなる感じです。レベル差による補正は結構大きいため、下手に低レベルで挑むと全く命中しません。60LV以上になってくるとボスもかなり強化されるので、レベル差による命中率が勝敗を左右します。レベル差については単純にレベルを上げるしか方法がないので、放置したり高速戦闘(要元宝)をしてレベルを上げるのがいいでしょう。

 「怒り」状態については、戦闘が30ターン続くと出てくる状態です。「怒り」状態になると攻撃力が数倍になり、ターンごとにさらに強くなっていきます。怒り状態になると1~3ターンで倒されてしまうので、よほど相手の体力を削っていない限り勝つのは難しい。純粋に攻撃力の低さが問題なので、頑張って先ほど挙げた強化方法で装備を強くしましょう。

 LV90くらいになるとボスの攻撃力が高くなり、30ターンと持たずやられてしまいます。各強化方法を駆使して防御を上げましょう。

 〇テクニック

 ボスを倒すと、強化石と一緒に星のついた装備が手に入ります。星がついていると、普通の物に比べてサブステータスが1.2倍ほどになります。セット装備がそろっていないなら、毎日3回狙っていきましょう。

 また、30LV以上で挑める上級ボスを倒すと、技能書(スキル強化)や訓練書(副将強化)が手に入ります。今までの要素と比べて強化の影響は小さいですが、時間があれば毎日3回倒せるといいでしょう。



 ●名声について

 名声は、イベント・闘技場などから手に入ります。

 イベントに参加すればかなりの名声が手に入ります。これが名声の収入源になるので、積極的に参加していきましょう。

 毎日5回の闘技場も欠かせません。勝っても負けても名声が手に入り、ランキング上位になれば元宝や名声がたくさん手に入ります。

 名声は神器を強くするのに必要なため、根気よく集めていきましょう。



 ●闘技場について

 闘技場とは、他のプレイヤー(+副将)と戦う場所。サーバー内での強さを競い合う場所です。

 勝てばランキングが上がり、負ければ下がる弱肉強食。上位になるほどたくさんの元宝や名声がもらえます。ぜひ上位を目指しましょう。

 自分とほぼ能力が同じ相手と戦うので、勝敗を分けるのは意外にも副将の強さ。副将を鍛錬・強化してあるかどうかで少しの差はひっくり返ります。スキル構成や職業でも左右するので、単純に総戦力が高くても勝てないところが難しい。加えて、状態異常の確率や攻撃対象や回避・会心など運要素も大きくあります。

 通常の戦闘では役に立ちにくい副将ですが、闘技場では活躍するので頑張って育てておきましょう。

 闘技場勝利・毎日の報酬で手に入る武勲を使って、「夏侯惇の絆」と交換できます。夏侯惇の絆を集めれば、副将の夏侯惇が手に入ります。通常で手に入る2人の副将より強いので、ぜひ手に入れておきましょう。
 


 ●同盟について

 同盟とは、プレイヤー同士で作る組織…ギルドのようなもの。オンラインゲームではもはやおなじみとなっています。

 同盟に入る利点としては、

①チャットによる交流・情報交換(一番重要)
②同盟戦などによる名声稼ぎ
③貢献値による各種アイテム交換

 などがあります。欠点としては、人間関係のトラブルが起こることや同盟の雰囲気に合わせなければならないことなど。参加・脱退自体は簡単にできるので、自分の理想とかけ離れていたなら他の同盟を探すのもありでしょう。それと同時に、同じプレイヤーとして相手を気遣うことも忘れずに。

 基本的にやる気をチェックするため、2日に1度以上はログインするよう求められることがほとんどです。アプリでログイン自体は簡単ですから、こまめなログインは必要経費としておきましょう。

 ○同盟戦
 
 魔獣気力(闘技場などで得られる)の多いTOP32同盟のみが参加できるトーナメント。上位になることで名声・宝石券・上位クエスト挑戦券などがもらえます。

 同盟戦は1週間かけて行われ、月から木(午前)が準備・選抜期間、木(午後)から土が戦闘期間です。日曜は休みで月曜から再び開催されます。A・B・Cチームを編成してチームごとに戦い、すべてのチームに勝てば勝利となります。

 基本的に勝敗を左右するのは同盟メンバーの総戦力。装備の関係もあってキャラレベルによる総戦力格差は大きく、相手に30LV以上上のプレイヤーが1人いるだけで勝ち目はほぼなくなるほど。また、強豪同盟と当たるかどうかの運もあるので、一概に強ければ上位になれるわけではないことに注意。

 勝つためのテクニックとしては、総戦力を偏らせる方法があります。チーム毎の戦いでかつ1チームでも残れば勝利となるので、どれか1つに強いメンバーを詰め込むことで勝率を上げることができます。オススメは攻撃力が上がるCチーム。他にも、弱体化スキルや補助スキルをうまく活用することで強いプレイヤーを倒せる確率が上がります。ただし、基本はメンバーの強さなので過度の期待はしないように。編成はリーダーのみ変えられるので、編成を変えたかったら同盟リーダーに伝えてくださいね。
 


 ●スキルについて

 キャラレベルを上げると使えるシステム。スキルについては、「陣営」のスキル確認から見ることができます。

キャラレベルが上がるほど使えるスキルも増えていき、最大で7個のスキルを習得します。そこから4つまでセットし、戦闘中にMPを消費して使用します。上から設定した順にスキルが発動するので、強力なスキルは上に設定しておくといいでしょう。また、4つすべてセットするのが強いとは限りません。2つセットの場合、1番目スキル→2番目スキル→通常攻撃→通常攻撃→1番目スキル→…となるため、同じスキルを使う回数が増えます。雑魚戦では主力スキルを1つだけセットして使った方が安定して倒せる場合もあります。

 ○スキルの使い分け

 スキルには、職業ごとにいろんな種類があります。基本的には①ダメージ②自己強化③弱体化の3つ。一般用(モンスター相手)では①のみ、防御用(闘技場防御)では①+②、特殊用(闘技場・ボス戦・同盟戦など)では①②③をうまく使いこなしていきましょう。

 特に闘技場・ボス戦などではスキル構成が違うだけで勝率に大きく影響が出るので、しっかり構成を考えましょう。同盟戦では③が戦局を左右することもあります。
 

 ○スキル強化

 技能書を使うことでスキルのレベルを上げて強くできます。スキルレベルを上げると全体の強化Lvも上がり、専用能力が強くなったりさらなるスキル強化ができるようになります。ただし、スキルの消費MPが増えるなど欠点もあるので注意。

 技能書は1~3の3種類。1日の使用回数に上限はありませんが、スキルレベルが上がると上位の技能書しか使えなくなるので、一通り上げて余った技能書1などは合成して上位の技能書にしていきましょう。

 技能書の取得方法としては、訓練所・イベント・副将遊歴など。訓練所や副将遊歴は毎日一定回数できるのでコツコツ貯めましょう。

 ○強化Lv

 強化Lvは、全スキルのレベルを合計したもので、これが高いほど専用スキルが強化されます。職業ごとにある専用スキルはどれも強いので、積極的にスキル強化をしていきましょう。




 ●副将について

 自分と一緒に強くなる相棒のような存在。2人まで連れていき、戦闘に参加させることができます。副将を強くするには、次の2つがあります。

(1)装備……プレイヤー同様装備を付けられる(装備は兜・指輪・鎧・主武器・副武器・腰当・の6種類だけ)
(2)育成……銅貨・元宝を使ってサブステータスを上げる
(3)訓練……訓練書を使って星ランク(全体の能力)を上げる、星ランクが上がると特殊能力を買える

 育成・訓練でそれなりに強くはなりますが、装備数も少なくステータスが低いので、高レベルになるとあまり攻撃面では貢献できない存在。そのため、HPを強くして壁にしたり、状態異常スキルをたくさんつけてサポート係にするのがベスト。もちろん、銅貨があれば強くしまくるのも構いません。強い副将は闘技場でより一層活躍するでしょう。

 ○副将育成

 銅貨・育成丹・元宝を使って副将のサブステータスを強化できます。育成ではすべての能力が上がるわけでなく変化はランダム。増加も減少もします。変化前と変化後を比較して良ければ保存で変化後の値に、そうでなければ閉じるを選択して変化前のままにできます。ヘルプには書いてないことなので気を付けましょう。

 全ステータス上がる育成が理想ですが、そうそううまくいくものではありません。効率よく上げるならある程度の偏りは見過ごした上で育成していく必要があります。具体的には
①各職業に必要なステータスを重視
②合計での上昇量を重視
 この2種類を基準にして育成するのがオススメ。

 また、ある程度育成するとステータスが上昇しにくくなるので、何十回やっても良い変化が見られなければレベル上げをするといいでしょう。

 ○副将訓練

 訓練書を使って各副将の経験値を上げられます。訓練書は能力に関わらず1日に何度も使うことができます。

一定の経験値に達すると星ランクが上がり、星ランクに応じて能力補正が増加します。さらに、星ランク10に達すると覚醒できるようになり、ステータスが上昇したりスキルを獲得しますが、星ランクが0に戻ってしまいます。その他、ランクがあると副将遊歴に行けるなどの効果もあります。


 訓練書を手に入れる基本的な方法はイベントか訓練所になります。

 ○副将遊歴

 待機中の副将を遊歴(ミッション)に送ることができます。出陣中(戦闘に参加している状態)だと遊歴には送れないので注意しましょう。遊歴は一定時間が経つと完了し、報酬をもらってきます。報酬の内容は主に宝石と技能書になります。

 ミッションの星ランクが高いほど要求される副将の星ランクも高くなり、1~2…★1、3~4…★2、5~…★3となります。星ランクが高ければ報酬も豪華になるので、待機中の副将でも★1と★3を1体ずつ作っておきたいところ。

 1日にできる回数は限られているので毎日コツコツこなしましょう。



 ●ショップについて

 ○雑貨商

 銅貨や元宝を使って様々なアイテム・装備を買える店。A級(紫)装備は完全に割に合わないためスルー、S級(橙)装備はセット装備がなければ有用ですが元宝はイベントに回したい。カギも元宝を使って集めるほどではないため、買うとすれば技能書くらい。どれも割高ということは覚えておきましょう。

 気まぐれでセール価格になっており、2~9割引きされていることがあります。9割引きならさすがにお得ですが、無課金者は慎重に買い物したいところ。

 ○銅貨購入

 元宝で銅貨を買える店。わざわざ銅貨…それも少額の銅貨に元宝をかける必要はないのでスルー1択です。

 ○宝石購入

 宝石券を使って宝石LV1を買える店。宝石の内容については前項に紹介した通りです。

 宝石券の取得方法は主にイベント。買った宝石は合成して高レベルの宝石にしましょう。

 〇銀貨ショップ

 元宝や銀貨(破片の交換で得られる)を使うことで、セット装備破片や強化石などと交換できます。セット装備についてはイベントでは手に入らない部位が売られているので、ぜひ集めておきましょう。

 基本的に、元宝で売られているものは買わないのがベター。かなり高い上に、同じ1000元宝でも射的ゲームを回していらない破片を銀貨にした方が効率的に集まります(特に高レベルSSR)。無料分の射的ゲームを回しているだけでも数千以上銀貨が手に入るので、慌てず気長にためていきましょう。

 セット装備が大体集まると銀貨がかなり余るので、強化石と交換していきましょう。



 ●その他

 ○セット破片、セット装備

 高レベル(LV55・70・85~)で使えるシステム。イベント・銀貨ショップで手に入るセット破片を集めるとセット装備が作成できます。R・SR・SSRがあり、レア度が高いほど強くなりますが作成に必要な破片数も多くなります。破片の入手方法は、イベントか銀貨ショップ。銀貨についてはセット破片を分解することで手に入ります。

 セット装備は通常装備に比べて格段に強く、同じセットで集めると特殊能力が追加されます。高レベルのセット装備ほどセット能力は多くなります。
 
 現状としては最強装備になるのですが、入手方法がほぼイベント(元宝使用)なのでそう簡単には手に入りません。高レベル装備を完璧に集めるとなると無料元宝だけでは厳しくなります。放置少女の中でもかなり課金要素が強いシステムと言えるでしょう。無課金で集めるならとりあえず70LVや85LVあたりのものから狙っていくのがオススメ。
 


 ●イベント攻略
 (全プレイヤー可能…オレンジ、要課金…



 〇射的ゲーム(前後編)

 元宝を使うことでセット装備の破片や技能書・鋳造石・宝石券などがもらえるイベント。

 大体3日おきに前後編が変わり、前編では副武器・帯・腰当(SSR)と主武器・篭手(SR)、後編では主武器・鎧・篭手(SSR)と帯・腰当(SR)がもらえます。意外とSSR破片が出てくるので、20~30回ほど回せばなにかしらのSSR装備は作れます。いらない破片も水晶に交換できるので無駄にはなりません。

 Lv100くらいまで一番おすすめのイベント。Lv40~80の間は、手に入れた元宝をここに使うといいでしょう。


 〇少女の飾箱(未完成)

 普通にやってれば誰でも報酬がそれなりにもらえるイベントです。普通にやってても強化石が数百個はもらえるのは無課金にとってうれしい。たくさん飾箱を集める方法としては、高速戦闘・ボス挑戦券など。

 開ける時間帯で報酬が変わったりポイントが変わるわけでもないので、ログインしたときにサクサク開けていくといいでしょう。




 〇甄姫の祝福
※甄姫は「しんき」と読みます

 元宝を消費(1日2回まで無料)することで神器破片・挑戦券・強化石・名声などがもらえます。甄姫の恵みを引けば副将の専属SSR装備の破片が手に入ります。

 甄姫の恵みを引ければいいのですが、1回1回ちまちま引いていては当たらないので10回消費(奇妙が必ず当たる)が定石。

 副将用装備は魅力的ですが、そもそもの副将がイベントをこなさないと手に入らないので、使えるようになるまでの道のりは長い。無課金なら副将用装備は後回しでいいため、1日2回の無料分だけやっておけば問題ないでしょう。

 〇主人の宝蔵(主人の宝箱)

 元宝を消費して石板を掘り、装備や各種アイテムを手に入れるイベントです。1回に消費する元宝は石板を掘る毎にだんだん増えていきますが、2回目の時点で260元宝も必要なことを考えると明らかに課金者専用。

 1回引くたびに各種アイテムを1つゲット、主人の宝箱を開放(引いたとき一定確率で当たるか12回分すべて引く)した時、紫翡翠(副将の絆と交換)や各種アイテムがゲットできます。副将が得られるのは大きいですが、当たるのは破片8個…しかも120個集めないと副将は得られないので、1人集めるなら15回の開放、両方集めるなら30回開放しなければならない鬼畜。1人当たり数万レベルの元宝が必要なのは間違いありません。

 一定時間ごとに無料で引けるようになるので、無課金はその時だけやるといいでしょう。



 ●元宝の使い道&育成方針

 ○序盤(Lv1~Lv40)

 この時期は装備も銅貨もあまり手に入らず、イベントにもまともに参加できません。そのため、高速戦闘などを使ってレベルをどんどん上げていきましょう。元宝はかなり余りますが、それは育成中盤にとっておきましょう。サクサク成長して、できるだけ早く中盤に入りたいところ。

 S級装備については鋳造の「装備製造」で集めるのがおすすめ。雑魚敵から得られる装備はできるだけ売却して銅貨にしていきましょう。強化に関しては「鍛錬」や「宝石」(攻撃系)の影響が特に強い時期なので、A級・S級装備には積極的に利用しましょう。ただし、「鍛錬」による銅貨消費はこの時期影響が大きいので注意。強化石による「強化」は序盤だとあまり影響がなく、銅貨の消費量も多いため不向き。

 また、この時期は副将の強さが戦闘に大きく影響します。余った銅貨はできるだけこっちに使っていくといいでしょう。

 ちなみに、倉庫に入る装備数は最初50個ですが、元宝を使って200まで拡張できます。1度にどのくらいの時間放置するかにもよりますが、基本的に100個まで拡張しておくのがオススメ。

 ○中盤(Lv40~LV80)

 スキル強化・名声・セット装備などいろんな強化要素が増えてくる時期。育成知識の違いによって同レベルでも大きく違いが出始める時期でもあります。毎日の日課(ボス戦・副将遊歴・イベントなど)を欠かさずこなすのが早く成長するコツ。ただ、副将遊歴については待機中の副将がいないとできません。通常プレイだと2人しか集まらないので、少し課金して3人目を手に入れる(初めてのチャージで孫尚香が手に入る)か、1人を一時的に待機状態にして遊歴に回すかはあなた次第。

 持っている元宝はセット装備がそろうまで射的ゲームに使ってしまうのがオススメ。LV40~55なら初級、LV55~70なら中級、LV70以降は上級…自分のレベルにあったセット装備が手に入るよう適切な階級を選びましょう。セット装備が手に入れば格段に成長速度がアップします。神器も増えてくる頃なので、使う装備は必ず一律で「強化」して全身ボーナスをもらえるようにしておきましょう。加えて、セット装備の武器を重点的に「強化」するとより育成が進みます。

 ○後半(上級SSR装備がそろった頃)

 セット装備がそろってしまい、戦力の成長速度も落ちる辛い時期。めげずにこなせることをコツコツとこなしていきたいところ。

 この辺から上級副将に視野を向ける必要があり、元宝もそこへ使っていくことになります。闘技場をコツコツ回って夏侯惇を目指すのもアリ、手っ取り早く課金して太史慈を目指すのもアリ、元宝を使って黄忠・馬超を目指すのもアリ。どの副将を手に入れるかはあなた次第です。



 ●VIP特権(未完成)

 一定量元宝を買う(課金する)ことで、買った量に応じて様々な特典を得ることができます。

 
VIP0123456789101112131415
購入元宝010030050090015003000500070001000015000250004500080000140000250000
高速戦闘購入2回4回4回6回6回8回8回10回10回12回12回14回14回16回18回20回
ボス挑戦購入0回1回3回3回5回5回7回7回9回9回11回11回13回13回14回15回
銅貨購入2回3回4回6回8回10回12回14回16回18回20回22回24回26回28回30回
上級ボス購入2回2回3回3回4回4回5回5回6回6回8回8回10回10回11回12回
訓練書使用<3回3回3回3回4回4回4回4回4回5回5回5回5回6回6回6回
副将遊歴2回2回2回3回3回3回4回4回4回4回5回5回5回5回5回5回
高速戦闘収益0%0%0%0%0%5%5%10%10%15%15%20%20%25%30%40%
店の高級品欄0001112223333333
ボス撃破宝箱なしなしなしなし
副将最高育成C級C級B級B級B級A級A級A級S級S級S級S級S級S級S級S級
ボス掃討×
同盟ボス
自動参加
×××
激流谷の戦い
ホウチ申請
××××


 ※1元宝2円に注意。100元宝200円、1000元宝2000円。

 VIPレベルを上げることで、高速戦闘やボス挑戦などの1日に購入できる回数が増えます。ただ、購入自体にも元宝を使うため、無理やりVIPを上げてしまうと1日の上限まで消費できない可能性があることに注意。VIPレベルを上げるためだけに課金するなら、VIP6(副将の太史慈が手に入る)が妥当でしょう。

 全体から見て、最も課金量に見合ったVIPレベルは6。そこまで課金できない…という人はVIP3~5あたりがいいでしょう。





 ●日課一覧

 ここでは、1日一定回数だけできる要素をまとめたもの。毎日こなせば他のプレイヤーに大きく差をつけることができます。

 通常ボス挑戦(1日3回)………S級装備や強化石がもらえる
 訓練所ボス挑戦(1日3回)………訓練書や技能書がもらえる
 闘技場(1日5回)………………名声や栄誉がもらえる、高順位で元宝報酬アップ
 副将遊歴(1日2回)……………宝石券・技能書などがもらえる
 銀貨ショップ(1日4回更新)……強化石・セット装備
 任務(1日1回)…………………合計30元宝がもらえる
 悪魔侵入(1日2回)……………攻撃回数に応じて名声がもらえる


 ※イベント
 射的ゲーム……初級:12時間おき、中級:24時間おき、上級:36時間おきに無料
 甄姫の祝福………1日2回無料
 主人の宝蔵………24時間おきに無料
 



 ●55~85LVのR・SR・SSR装備の取得方法(未完成)

 〇R装備

 全部位…雑貨商・銀貨ショップ

 〇SR装備

 メイン・篭手(篭手)……射的ゲーム(前半)
 鎧・腰当(腰当)……射的ゲーム(後半)
 兜・首飾り…………水晶ショップ

 〇SSR装備
 
 サブ・鎧・腰当……射的ゲーム(前半)
 メイン・帯・篭手…射的ゲーム(後半)
 指輪・靴………………水晶ショップ




 ●まとめ

 基本は放置。たくさん放置してたくさん装備を集めましょう。強くなったらボスを倒して、なるべく高レベルの装備を集めましょう。

 集めた装備は基本的に鋳造して鋳造値にしましょう。金欠なら売却もオッケー。S級を鋳造したら神器が手に入るので、いらない装備は積極的に鋳造。

 装備を強くするなら、強化・鍛錬・宝石・神器。強化石はボスから手に入るので、毎日3回欠かさずボス討伐しましょう。また、強化するなら全身を平均的に強化するのがオススメ。神器能力がさらに強くなります。宝石の合成もこまめに。

 イベントは積極的に参加しましょう。名声・強化石・銅貨などいろんなものが手に入ります。手に入れた名声は名声製造で神器にしましょう。無双神器と伝説神器で神器融合。

 SSR装備が手に入るまでの元宝の使い道は、基本的に射的ゲーム1択。頑張って回してSSR装備を集めましょう。高レベルSSR装備が手に入ったら上級副将関連のイベントに手を付けましょう。




 この攻略を参考にしてくれると幸いです。

 質問・オススメのスキル構成・誤字脱字の指摘などあればコメントお願いします。内容に応じて修正・返答いたします。


スポンサーサイト

アプリ「ホウチ帝国」、運営の放置っぷりが見ていて辛い



 さて、

 最近更新頻度が少なかったり内容がしょっぱかったりして申し訳ない今日この頃ですが、

 今回はメイプル以外の話題です。申し訳ない。


 メイプル記事の合間にちょこちょこ紹介しているアプリ「ホウチ帝国」。

 ホウチ帝国

 別にネクソンが運営しているとか人気とかそういうわけではありませんが、個人的にドはまりしてブログで攻略記事まで作ったアプリであります。

 ホウチ帝国完全攻略。戦力アップ方法まとめ

 マイナーなアプリではありますが、誰も攻略として手が出されていなかったので需要MAX訪問者MAX。

 このブログの8割くらいはメイプルストーリー関連なのに対し、皮肉なことにアクセス数の8割はおそらく「ホウチ帝国」でできているんじゃないかというレベル。

 まぁメイプルブログの数は多いからね、しょうがない。


 しかし…

 ここ1か月くらい、「ホウチ帝国」の状態が思わしくない。

 というか、運営としてはほとんど活動していないに等しい。

 状況を軽く説明すると、以下の2つ。

・課金できない(お詫びとして毎日ダイヤ300個)
・イベントが4日くらいの周期で変わるだけ

 特に課金できないのが致命的。高レベルではかなり課金しないとステータスを上げられない状況なのに、1日たったダイヤ300個って…

 メイプルでいうと、「課金できない代わりに毎日ミラクルキューブ3個だけあげるよ♪」ってレベル。

 それだけで課金層を満足できるわけがない。

 無課金にとってはありがたい状況でも、将来を見れば確実に詰んでいる。


 別に、配布ダイヤが少ないとか1000個に増やせとかそういう話ではない。

 「課金できない」という状況自体、運営がプレイヤーを舐めているとしか思えない。

 1日2日ならともかく、1か月です、1か月。

 マイナーなアプリではありますが、これに課金しているプレイヤーは1000人近くいます。

 第1サーバーのランキングトップにいる方などは、もう考えたくないレベルで課金している。

 数万円近く課金しないと集まらない装備をコンプし、数年レベルの戦闘時間を課金で補正し、強化アイテムの多くも課金で集めているはず。

 半年近くやっている自分に比べて、ステータスが10倍近くですからね。今でも1週間近く頑張ってステータスが1000上がるって感じなのに、10倍近く差をつけるとかどれだけ課金していることか…

 また、無課金で頑張っている人もどれだけコツコツやってきたか。


 自分自体毎日ログインしてやってきただけあって、多くのプレイヤーの苦労を考えると今の状況は見るに堪えない。

 課金できないってことは100%赤字、サービス終了確定しているようなもの。

 プレイヤーが減ってサービスを続けられないならまだしも、不具合で課金できなくなり、不具合を放置して終了していくとはだれが想像できたでしょう。

 自分だって「このゲームは楽しい!!」と思って攻略記事を作っただけに、こういった凋落は悲しいもの。

チェンジ

 変化が全くない、というのもアプリとして致命的。

 メイプルでもイベントがパターン化していると言われて久しいですが、変化の無さはメイプルどころじゃない。

 期間限定イベントもなく、新しく実装されることもない。

 ただ単に、一定の周期で2つのうち1つをを交代でやるのみ。

 「現状維持」とはまさにこういうことを言うのだと。本当に「生きながら死んでいる」感じ。

 やっぱりね、ゲームでも組織でもブログでもなんでもそうですが、変わらないものに未来はないですよ。



 メイプルストーリー


 そう考えると、「メイプルストーリー」って本当に偉大だなぁと思いますよ。

 最近個人的に評価しているのは「ビッグバン」。2010年冬にあった大改編です。

 潜在能力とか火力インフレ・新職乱発が起こったのもこの辺ですね。

 実装当時は、狩場1が潰れたとか課金ゲーになったとか非難轟々でしたが、結果的に長く続いている。

 そして、計算が正しければ…おそらく今年の冬をもってメイプル歴史の半分以上はビッグバン以降になる。

 2003年冬にスタート、2010年冬にビッグバンだから…あってるよね?

 古参にとっては恐ろしく、すごいことだと思います。

 なにせ、あんなに批判を浴び、大量の引退者を生んだと言われているのに、ふたを開けてみればちゃんと続いてしまっているわけですから。

 現状維持で冒険家4職が続いていた場合……果たして7年も続いただろうか。

 今から振り返って考えると、ビッグバンは正しかったことになるんじゃないかと。

 さすがに飽きもあるので全盛期並みとはいきませんが、こうして長く続いているのはすごいこと。

 もう13年ですよ?13年。

 ポケモンでいうと、赤・青・緑が始まってからブラック・ホワイトが出るくらいの期間です。

 とりあえず10年続くものがどれだけあるかという話。



 そんなわけで、1つのアプリの悲しみから改めてメイプルの偉大さを感じる今日この頃。

 しかし、潜在能力ももうすぐ7年になるのか……

 今となってはかなり古いコンテンツ。

 「変化し続ける」という意味では、近い将来、潜在能力に関しても大幅改変しないとこの先さらに難しいかもしれません。

 

 オバマ


 『Change Yes We Can!』
 

 の精神を自分も常に持っていたいものであります。




 

復帰3か月のメイプル活動を振り返って2017年に歩む


 さて、

 おそらく年内最後の記事になります。

 思えば2016年……このブログを再開したのは9月ごろですが、メイプルの活動としては大きく前進しました。

 ルミナス…160→200LV
 隠月…作成→100Lv

 特に200LV達成は自分の中で大きいですね。かなりハードルは下がったものの、メイプルの中では一つの区切りとなる存在です。

 祝いの言葉もいただきまして、誠に感謝であります。

 で、実際としてはたった3か月…しかも平均としては1日1時間に近い健全プレイ。それにもかかわらず2つのキャラを満足いくレベルまで育てられるっていうのは素晴らしいこと。

 1日1時間で3か月ってことは大体90時間くらい。90時間で育つってオンラインゲームとしてはかなり健全ですよ。健全。

 普通だと、1レベル上げるのに数時間かかるとか余裕でありますからね。全体としての育成時間は数百時間以上になるはず。

 まぁメイプルも200LV以降の育成はかなりきつくなるんですけども、現状200LV以上のレベルが求められることってあまりありませんからね。5次スキルが追加されたのでその枠が増えるのと、リンクスキル(LV210)くらい?

 別に200LVの装備があるわけでもないし、強化のほとんどは潜在能力だから誰でもできる。APも増えない。とすると、レベルによる影響ってそれほどない。少なくとも数十時間無理にかけるに見合う影響はほぼない。

 無論レベルに意味がないとかそういう意味ではなく、純粋にレベルが高い人はやり込んでいる人・キャラに愛があるとして尊敬します。私だったら、他のキャラにホイホイ行っちゃいますからね(笑)

 ともかく、200LVで育成要素はほぼ終わり、エンドコンテンツみたいな形になる今の仕様は初心者にとってとてもやりやすいんじゃないかなと。

 MapleStory 2016-12-26 6

 問題のプレイヤーも、こうやって何かしらイベントがあれば集まるわけですからね。

 ちゃんといるんですよ、プレイヤーは。

 ただ、マップがあまりにも広すぎるからプレイヤーが散らばってしまい、1つ1つのマップにいるプレイヤーが少なく見えるだけ。

 ゆかり鯖の場合、大体ヘネシスに10人くらい、他の町に2・3人。少なく見えるかもしれませんが、実は町自体の数が多いのでプレイヤーの数自体は結構いるんですよね。

 大体町は30くらい。とすると全体としては100人くらい。別チャンネルでもちらほらいるわけですから、大体300人くらいはどこかの町に存在するわけです。

 これに加えて狩場にいるプレイヤーも合わせたら…思ったよりもいるんじゃないですかね。

 結局のところ、問題は出会い。偶然の出会い。

 出会いと言ったらグルクエですが、いまだにレベル制限があるからなぁ…もう取っ払ってもいいような気もする。

 何にしろ、プレイヤーとのふれあいについてこっちももう少し考えないといけない。2017年はそこら辺を考えようかな。



 
 おお、テキトーに書き始めたけどもいい感じにまとまったじゃないか。

 やっぱりブログは適当な気持ちで書くもn…

 ━━━○)´Д`)・:'. グハッ


 



 最後に、アプリ「デュエルリンクス」の話題。

 


 『遊戯王 デュエルリンクス』新パック”ネオ・インパクト”発売!キャンペーンで2017ジェム配布

 デュエルリンクス

 KONAMIは、配信中のスマホゲーム『遊戯王 デュエルリンクス』にて、新カードBOXの提供を開始。新たに100種類のカードが追加。さらに新年記念キャンペーンとして2017ジェムが配布される。

 2016年12月28日9時より新カードBOX“ネオ・インパクト”の提供が開始。

 “カイザー・シーホース”や“白竜の聖騎士”、魔法・罠を破壊できる“スタンピング・クラッシュ”などの強力カードが追加され、デッキ編成にさらに幅を利かせることができるようになった。


 また、期間中にログインすることで1017ジェム(約20パック分)がもらえる。さらに期間中、合計1000ジェムになるように毎日ジェムが配布される。1月1日は新年開始ということで300ジェムもらえる。

 【開催期間】
 2016年12月29日0時〜2017年1月5日23時59分

 両方合わせて2017ジェム…2017年に合わせたイベントとなる。

 
 ※ファミ通Appより
 https://app.famitsu.com/20161228_934084/

 



 新パックにジェム配布…さすが年末とあってかなり太っ腹。

 確か3週間前にもパック出してたはず。めちゃくちゃハイペースで出していることが分かります。

 内容としては、儀式召喚の強化。魔法は半分が儀式関連ですね。儀式モンスターも6つ追加され、運営も儀式召喚を強く推しているようです。

 また、条件付きで攻撃力の上がるモンスターも続々追加。うまく使えば上級モンスターも倒せるようになっています。新たにジェリービーンズマン(1750)が出現して攻撃力の基準も上がり、今後デュエルの加速が予想されます。

 ていうかカードイラスト見てるとおジャマイエローかなり出てくるね(笑)今後おジャマデルタハリケーンとか実装されるかも?




 というわけで皆さん、よいお年を。





 

今年の冬は大企業のアプリ豊作。メイプルは勝てるか?



 さて、

 今日はアプリ紹介。

 まずはマリオ。

 


 12月15日開始のスーパーマリオラン、プレイ映像公開

 
 ※英語でしゃべっていますが、雰囲気は伝わると思います

 https://www.youtube.com/watch?v=7TJ7IUNWGl4
 




 はい。

 奇しくもメイプルの5次転職実装とほぼ被る時期に、スーパーマリオランがアプリで発売。

 今まであるようなラン系アプリとほとんど変わらないように見えますが、全く違う部分が1つある。

 それは、「1プレイの時間が短い」仕様ってこと。

 マリオの世界観を重視したのか、マリオランでは永遠に走り続けることはなく、時間内に決められたゴールへたどり着けるかどうかを競うアプリになっています。

 加えて、道中で獲得したコインやアイテムで点数を決めるようです。

 ここは個人的に神仕様だと思います。

 というのも、私がラン系アプリをやった感想としてまず思いつくのが、「1回のランにかかる時間が長い」という部分にあるから。

 最初はテクニックやアイテムも少ないので1分以内に1回のランが終わるのですが、プレイしていくとレベルも上がってどんどん続くようになる。

 そうすると、1回のランで5分とかかかるようになってしまう。

 5分はね……さすがにちょっと長い。集中力も切れてしまう。

 ここら辺が意外と苦痛になってましてね。隙間時間の暇つぶしでやっているのに、その隙間時間をプレイ時間が超えてくるから困っていました。

 プレイ映像を見る限りだと制限時間とかついているので、隙間時間を超えない範囲でのプレイが可能。動画でも大体1分半くらいですね。

 ラン系アプリの弱点を見事に克服していると思います。

 
 あとは、アメリカ?でのゲーム紹介動画を初めて見たのですが、盛り上がりっぷりが半端ないですね。

 日本だと、いろいろ紹介しても「まぁ●●という問題は残っていますが」なんて横槍が入ってきそうですが、

 アメリカなら「oh!!」「yeaaaaaah!!!!!!」「HAHAHAHA!!!!!」とめちゃくちゃ楽しんでいる様子。

 「Miyamoto, you watching this, come on !!」(宮本、見てるか、カモン!!)

 なんてお茶目な一言も出していて非常に面白い。

 仕事とはいえ、なかなか100%褒めるってのはできないですよ。

 動画後半でニンテンドースイッチでのゼルダを紹介していましたが、これも魅力的に紹介してましたね。

 見た感じ外国で人気のオープンワールド系なのかな?

 ていうかプレステなみの画質じゃないかこれ。

 超きれい。

 「ニンテンドーは子供向けの画質と子供向けのゲーム」なんて認識を持っていましたが、これからは改めないといけないかも?


 
 マリオランの問題としては、購入時のみ1200円かかる「買い切りアプリ」ってことでしょうかね。

 購入時にのみ1200円かかる。でも、それ以降は完全無料。

 アイテムも新マップも何もかも無料?もしくはガチャとかスタミナといった要素自体がない?

 これが本当なら、1200円と据え置きゲームより安い価格で完全に遊べるのでかなりお得。

 ただし、日本の風潮としては「無料プレイ」を好む傾向があるので、この1200円のハードルを越えられるかどうか。

 まぁネットとか見るとめちゃくちゃ課金してる人はいるんですが、どうせ全プレイヤーの2割くらい。あとの8割は無課金でしょう。多めに見積もっても半々。

 買う人自体がどれだけいるかって話ですね。

 もちろん無料体験とかはあるのでそこでうまく引き寄せるのか。

 もしくは、企業側としてもプレイヤーを規制したいってことが考えられる。ポケモンGOはリリース当初絶賛されましたが1か月もたたずにアクティブプレイヤー(続けているプレイヤー)は2割ぐらいに減少。

 無料プレイだからマナーのない人・そんなに熱心でない人まで始めてしまい、いろいろな問題を起こしたこともあるのでしょう。

 なので、1200円が出せるくらいに熱心な人にのみプレイさせ、無駄にネガティブ意見とか問題をを増やさないようにしたいってのはあるかもしれませんね。

 マリオランはその場で動かずプレイできるゲームなのでそんなに問題は起こらないと思うんですがね。にわかによるネガティブ発言を減らしたいってのはあるかもしれません。

 5次転職

 これはオンラインゲームでも同じ。

 基本プレイ無料のメイプルだとプレイヤーのマナーは低めですが、月額課金を設けているFF14だとそれなりに治安はいい感じです。

 まぁ「メイプル クソゲー」とか「メイプル 引退」と調べても、検索結果の数はFF14のそれらより少ないという(笑)

 マナーが悪いならクソゲー連呼されてもいいと思うのに…13年も続いているゲームとしてほんと不思議。

 




 先ほどポケモンGOを出しましたが、こっちも下火にはなったもののまだ負けておりません。




 ポケモンGOに新ポケモン登場の正式発表! 金・銀のキャラ追加に期待高まる

 ポケモンGO

 12月7日、「ポケモンGO」に新しいポケモンが追加されることが公式サイトで発表された。さらに年内でのイベントも計画しているという公式情報に「ニューポケモンキターーー!」「年内イベントってもうすぐじゃんっっ」と、ポケモントレーナーたちの喜びの声がネット上に沸き起こっている。

 トレーナーのあいだでは次にどのポケモンが追加されるかについての予想が飛び交っており、中でも一番有力なのが“金・銀ポケモン”。現在実装されているポケモンは第1世代と呼ばれる「ポケットモンスター 赤・緑」などに登場しているため、続編である「ポケットモンスター 金・銀」などに登場する第2世代ポケモンの追加を予想するトレーナーが多いようだ。

 最近ポケモンGOをやっていないという人のなかには、新ポケモン追加を機に再開を宣言している人もいるので、年末に向けてポケモンGOが熱い盛り上がりを見せるかもしれない。

 ※Excite Bitより引用
 http://www.excite.co.jp/News/bit/E1481180656184.html






 ということで、ポケモンGOでは近日新ポケモンが追加されるとのこと。

 多くの予想は金・銀ポケモン。ジョウト地方のホウオウ・ルギアあたりの100種ですね。

 さすがに伝説のポケモンは出せないと思うので少し削って95種くらいが実装されそう。

 それだけでなく、冬のアップデートで以下の内容が追加されるとか。

・第二世代(金銀)ポケモンの追加
・対人バトルの実装
・トレード機能の実装
・ポケモンを探す新機能の実装


 また、サービス開始当初いろいろ言われた不満も、その多くがこれまでのアップデートで解消されている模様。

・モンスターボールを投げた時のXPボーナスが出ないバグを修正
・カーブボールを投げた時の曲がり具合を修正
・不正行為(bot)対策
・相棒ポケモン実装
・メダルの実績に応じて特定のタイプのポケモンが捕まえやすくなるボーナス効果が得られるようになった
・デイリーボーナス追加
・博士にポケモンをまとめて送ってアメにすることができるように修正
・相棒ポケモンの画面で持っているアメの数が表示されるように

 
 そして、年内にはクリスマスイベントをやるとかやらないとか。

 情報の少なかった実装当時より、攻略サイトの内容が豊富な今の方がかなり楽しめると思われます。

 前に飽きて辞めた方も、もう一度始めてみると新しい発見があるかも?





 任天堂の情報が2つ続きましたが、他の企業も負けてはいません。

 



 『遊戯王 デュエルリンクス』に“ダイダロス”や“道連れ”などの新カード追加!573ジェムも配布中

 デュエルリンクス


 コナミデジタルエンタテインメントは、配信中のスマホゲーム『遊戯王 デュエルリンクス』にて、新カードBOXの提供を開始。 さらに累計573(コナミ)万ダウンロードを達成したことを記念し、“573万ダウンロード突破ありがとうキャンペーン”を実施する。

 ミニBOX“エイジ・オブ・ディスカバリー”には、80パック全40種類のカードを収録。 水属性と相性のいいカードが揃っているBOXだ。注目カードはUR水属性モンスターの“海竜-ダイダロス”とUR罠カードの“道連れ”。“大波小波”などデッキをサポートする強力な魔法カードも収録。 ゲーム内では“エイジ・オブ・ディスカバリー”の最新カードを使用したコンボ紹介や、強力な新カードの魅力を体験できる“レンタルデッキ”のサービスを行っているので、参考にしてみよう。

 『遊戯王 デュエルリンクス』が573万ダウンロードを突破したことを記念し、キャンペーン期間中ゲームにログインしたユーザーに“573ジェム”が配布される。カードパック11パック分というなんとも太っ腹なプレゼント企画。この機会に目当てのURを当てよう!

 【実施期間】 2016年12月14日 23時59分まで
 【配布アイテム】 573ジェム

※キャンペーン期間が変更される場合がある
※プレゼントの受け取りはひとり1回

 
 ※ファミ通Appより引用
 http://app.famitsu.com/20161208_913155/

 



 日本では11月17日に配信されたアプリ、「遊戯王 デュエルリンクス」。

 まだ日が浅いのでなにそれ?って人に軽く説明すると、

・基本プレイ無料
・基本システムは本家遊戯王と同じ
・デュエル方法を変えて簡略化(デッキ20枚、初期手札4枚、召喚・発動可能カード3枚)
・初期遊戯王の声優起用(遊戯・海馬・城之内・杏子など)
・キャラを自プレイヤーとしてCPU・他プレイヤーと戦う仕組み
・ミッションをこなすとステージLV、デュエルをこなすとキャラLVが上がる
・ステージ6からモブCPUとはオート戦闘ができる
・最初は雑魚しかいないが、ステージ10あたりからだんだん難しくなってくる
・本家とは異なる独自のカードプール(もちろんバランス調整済み)
・パック購入以外にもいろんな方法でカードが手に入る
・そのため新しい戦法が開発されている

 という、今までの遊戯王をバランス調整して1から作り直した感じですね。

 言うまでもなく、強欲な壺や死者蘇生などのカードは除外。それどころか特殊召喚・モンスター破壊系のカードもかなり制限されています。

 今のところの主流は儀式召喚や装備魔法。それ以外にもATK1500~1700あたりのモンスターが基本的な水準となっています。

 アックスレイダー(ATK1700の通常モンスター)とかクラブタートル(ATK2550の儀式モンスター)が強い環境ですからね、超平和です(笑)

 シンクロやらエクシーズやらペンデュラムやらとは一切無縁。完全に初期仕様です。

 現段階ではかなりシンプルなゲームになっていますね。デッキに入れられるカード枚数も少ないので、かなり戦略性は高くなってます。

 ダイタロス
 

 で、今回実装されたのはなんと「海」を主とする海竜族・水属性を強化するミニパック。初期パックの4分の1くらいの規模ですね。

 最強コンボとして紹介されているのは、水の★4召喚→「大波小波」→★7「ダイタロス」(UR)特殊召喚のコンボ。

 1ターン目からダイタロス出せる「大波小波」はチートだろ…と思っていましたが、実際のところ必要枚数は3枚なので儀式召喚よりちょっと強い程度というね。

 ダイタロスの除去効果も「海」を破壊しないと使えないし、URとしては妥当でしょう。

 ちゃんとバランス調整されています。

 また、汎用カードとして優秀とされているのが、自モンスターが破壊されたときに相手モンスターを破壊できるURカードの「道連れ」。

 自モンスター・「道連れ」の2枚を使わないと相手モンスターを破壊できないのに優秀とされるあたり、除去カードの少なさがうかがえます。

 自壊効果を持つモンスターは多いので、それらと合わせれば強力なコンボにもなります。儀式魔法などの生贄では「道連れ」を発動できないので注意。

 
 あとは、コナミにちなんで573万ダウンロード記念ですね。

 573ジェムが一気に配られ、11パック買えるようになります。カード数自体少ない低レベルプレイヤーにはうれしい仕様です。

 今のところパック買う以外の使い道は見当たらないので、もらったジェムは全部パックにするといいでしょう。

 まぁ新パックを待つ選択肢もありますが、カードゲームでそれは野暮というもの。現環境ならどのカードも強いですからね。


 開始1か月で新パックが出るというハイペースな実装、今後の展開にますます期待できるアプリです。





 
 
 ……とまぁ、アプリ業界もかなりのビックタイトルが本気を出している様子。

 ニンテンドー3DSも「ポケモン サン&ムーン」を出しましたし、PS4ではFF15が猛威を振るっている。

 メイプルストーリーはこの波に立ち向かえるのか。

 5次転職2


 5次転職実装まであと4日。

 今日の「HERO」中にやるTVCMで乗り切るんだ。

 
 HERO.jpg



 頑張れメイプル、負けるなメイプル。

 

 
 

ホウチ帝国:2ndキャラ育成のススメ



 さて、

 先日紹介したホウチ帝国について。

 ホウチ帝国完全攻略。戦力アップ方法まとめ

 夏ぐらいに始まったアプリですが、一昨日くらいに20個目の新サーバーが作られ、現在もとどまる様子を知りません。 

 私も始めてから2か月ほどになり、レベルも70になって鯖内では100位入り目前。

 強いのは大いに結構で私もうれしいのですが、なんというか物足りない。

 無課金なのにこんなに強くなっちゃっていいのか……って感じです。


 無論課金ゲーを望んでいるわけではないのですが、無課金でランカーになれるって状況は望ましくない。

 これはどこのオンラインゲーム業界も同じ。

 だって、無課金で強くなれるならどこに課金すればいいの?って話ですからね。

 ある程度バランスはとりつつも、やはり課金者と無課金者に一定の壁はないといけないわけです。ガチャゲーとか多い現状ならなおさら。

 1か月ほど前にダイヤ(課金)で手に入るセット装備が実装されましたが、あれだけでは足りない。

 ダイヤが完全課金ならともかく、配布でもちょこちょこ手に入るものですからね。

 個人的にはもう一歩踏み込んだものを実装してほしいなぁと思う次第であります。

 
 ランキング……という意味では、現在行っている新サーバー連発も望ましくない。

 新サーバーはやっぱり盛り上がるしすぐに人が集まる現状はうれしいのですが、1週間おきのレベルで新サーバーを作られては既存サーバーに新規が入ってこない。

 新サーバー宣伝のために既存サーバーをぞんざいに扱ってはいけない。

 既存プレイヤーはいつかいなくなることが分かり切ってますからね。引退と新規のバランスが取れてないといけない。

 自分がいるサーバー(2か月前に実装)も結構さびれてしまい、中堅者は結構引退に近い状態。私がランカーになれる時点で分かり切ってます。

 もう少し統合して既存サーバーの人口増やしてもいいと思うんですがね。難しい所。


 こういうのを見ると、見せかけのサーバー数にこだわらずサーバー統合に踏み切ったメイプルは、先見の明があると言えなくもない。

 MapleStory 2016-10-06 4

 やっぱり育成ゲームとかランキングが気になるゲームは人口あってこそですからね。

 
 そんなわけでホウチ帝国に対して新しい一歩を考えなければならない。

 今後どうするか。

 このままランキング1位を目指す?攻略情報を探す?

 それとも2ndキャラ育成か?

 新キャラ育成として、鯖はどこにする?

 新サーバー……はダメだ。サーバー乱立状態の現状、今作っても既存サーバーに埋もれてしまう。そうしたら今いるところを同じ運命を歩むことになる。

 他のサーバーも大体同じだろう。というか満タンって書いてあるし。

 実際本当に満タンなのか?

 と思って始まりのサーバー、1番目のサーバーに入ってみたら……

 入れるじゃないか!!!

 
 マジか。

 満とか書いておきながらすんなり入れるじゃないか!!

 多分新サーバーに行かせるためわざと満タンって書いてるんだろう…もったいない。

 
 しかも、さすが始まりのサーバーは一味違う。

 高レベルでのみできる「転生」をやっているプレイヤーが多数おり、装備もSSRセット装備がほとんど。

 戦力(ステータス)に関しては今までいたところのランカーに比べて2倍近くはある。

 まぁ放置時間がすべてだからね……

 さすがの貫禄であります。

 ここなら、2ndキャラというハンデも相まって上を目指すには十分燃える環境。

 目指すと言ってもランカーとかは難しいでしょうが、どこまでいけるかは気になります。

 ほんとは別職業とか選ぶのがセオリーだけど、今回は前回やってた猟人のまま。

 慣れてるってのあるし、何よりサーバートップが猟人だからね。会心とか状態異常スキルのおかげで高レベル狩場に行きやすい(ボスを倒しやすい)んでしょう。経験からわかります。

 

 ホウチ帝国にちょっと飽きた……という貴方、1サーバーで1から最強を目指してみてはいかがでしょう。




 
 

ホウチ帝国完全攻略。戦力アップ方法まとめ

[2017/5/13 転生後の育成・進化について 追加]

 ※質問・要望・誤字脱字の指摘などあればコメントお願いします。内容に応じて修正・返答いたします。

 

●目次(クリックで開閉)





 ●ホウチ帝国とは?

ホウチ帝国

 ホウチ帝国とは、iOSでプレイできる無料携帯アプリです。Google PlayやApp Storeで取得できます。

 その名の通り、放置しながら戦闘・育成できるのが最大の特徴。起動していない間もずっと戦闘し続けるので、少しの時間起動して操作するだけでオッケー。

 短い周期で新しいサーバーが作られ、そこでは皆が0から始めるので、サーバー作成と同時に始めれば今でもランカーは夢じゃない。課金要素もありますが、基本は始めた時間・放置時間が重要になります。

 アプリに割く時間も少ないことから、今圧倒的なブームとなっています。



 ●サーバー(帝国)選び

 基本的に1から順にサーバーが作られているので、帝国01が最も古く、帝国45(3月4日現在)が一番新しいサーバーとなります。
古いサーバ―の利点としては、レベルが高く色々詳しいプレイヤーが多いことがあります。新サーバーで始める利点としては、みんな1から始めているため比較的上位に入りやすいことが挙げられます。新サーバー以外は全て満員と書いてありますが、どのサーバーも問題なく作れるのでご安心を。

 作れるキャラは各サーバーに1体ずつ。サーバー数の数だけキャラを作れることになります。職業は3つなので、3つのサーバーにそれぞれ別の職業を作れば全ての職業を楽しめるわけですね。



 ●職業選び

 職業は以下の3つ。

 闘士…いわゆる戦士。防御が高く、長期戦が得意な安定型。防御力や通常攻撃を利用したスキルが多い。
 猟人…いわゆる弓使い。会心が高く、運が良ければ大ダメージを連発する。毒など状態異常スキルが多い。
 魔術師…いわゆる魔法使い。MPが高く、戦闘終盤に強い。単純なスキル効果は魔術師が最も強い。

 雑魚相手としては範囲攻撃を持つ闘士・魔術師が強く、ボス相手としては毒スキルを持つ猟人が強力です。闘技場(プレイヤー同士の対戦)については、闘士は長期戦でじわじわと相手を削り、猟人は大ダメージで短期決戦を狙い、魔術師は前半耐えて後半大ダメージという戦闘スタイル。個人的な感覚としては、闘士=魔術師>猟人といった印象。ただし、戦力やスキル構成などで簡単にひっくり返るし、職業差によってランキングが大きく変わるというわけでもないのであまり気にする必要はないでしょう。

 とりあえずは直感で気に入った職業を選んで問題ありません。



 ●戦闘について

 戦闘は最初も言った通りほとんど自動で行われ、起動してない時も行われます。ただ、1度に放置していい時間は1日(24時間)まででそれ以上放置しても経験値は得られないため、1日1回はアプリを起動しましょう。

 ボスや闘技場など特殊戦闘は起動してないと戦闘自体がなくなってしまうので注意。ちなみに、ボス戦が始まってからアプリを閉じ、再び起動すると既にボス戦が終わっているバグ?があるので、ボス挑戦回数を消費する際は有効活用しましょう。

 基本的に雑魚との戦闘になり、ボスを倒すと高レベルの場所に移れます。強い場所ほど高レベルの装備が手に入るので、レベルが上がったら積極的にボスへ挑むといいでしょう。

 経験値・金貨の効率については、雑魚戦での勝率が重要になります。勝率80%の高レベルステージで戦うより、1ランク下げた勝率100%のステージで戦う方が経験値を得られます。戦闘統計(クエスト欄:場所名の右にあるマークから見られる)を見て勝率を確認しましょう。



 ●転生について

 プレイヤーのレベルが100になり、なおかつ55番目のステージをクリアすると、「転生」ができるようになります。転生はプレイヤーのプロフィール画面から行えます。

 転生をすると、以下のことができるようになります。

・転生後レベル1としてさらにレベルが上がっていく
・56番目のステージが開放される(装備の「進化」に必要な素材を集められる)

 装備の「進化」ができるようになるのが最大のメリットでしょう。転生後の戦力強化はこの「進化」が重要になります。転生して能力が下がる・昔のステージができなくなる…といったデメリットはないので、条件を満たしたらすぐに転生しましょう。



 ●装備・能力について

 装備は雑魚敵を倒すことで得られます。放置していれば勝手に手に入るわけですね。高レベルの場所ほど高レベルの装備が手に入ります。

 高レベルの装備ほど強い能力になりますが、自分のレベルより11以上高い装備はつけられません(例:自LV40で装備LV50はOK。装備LV55は×)

 装備は①兜・②指輪・③腰(ベルト)・④胴(鎧)・⑤メイン武器(剣・弓・杖)・⑥サブ武器(盾・矢・魔導書)・⑦脚(グリーブ)・⑧足(靴)・⑨腕(篭手)・⑩首の10種類があります。腰・胴・脚・足・腕は、基本的にベルト・鎧・グリーブ・靴・篭手と呼ばれることが多いのでそっちで覚えるといいでしょう。

 装備には戦闘ステータス基礎ステータスがあります。

 戦闘ステは物理防御やダメージ量・会心(詳細はステータスから確認可)などの能力で、各部位ごとで決まった能力が上がります。

 基礎ステには次の4つがあります。

・筋力…闘士で重要、物理防御・命中が上がる
・敏捷…猟人で重要、会心・回避が上がる
・知力…魔術師で重要、魔法防御・MP回復量が上がる
・体力…HP・強靭が上がる

 各職業に必要な基礎ステータスは、特に重要なので覚えておきましょう。

 また、装備にはS・A・B・C・D級のランクがあり、ランクによって基礎ステータスのついてる種類の数が変わります。S級なら4種類すべて、B級なら4種類中2種類、D級にはついていません。

 基本的に装備・強化するのはS級の物だけになります。下級の装備は錬金するのが好ましいですが、金欠になったり装備がいっぱいになった時を考えて、D級だけ自動売却、あとは錬金に使うといいでしょう。

 自動売却については、ホーム欄の名前部分タッチ、アカウント情報のホウチ設定から設定できます。



 ●装備の強化方法

 装備を強くする方法は、大きく分けて4つ。

①強化(強化石と金貨で戦闘ステータスアップ)
②鍛錬(金貨を使って基礎ステータスの振り分けを変える)
③宝石(宝石を使っていろんな能力を上げる)
④神器(装備に特殊能力を付加する)

 さらに、転生(LV100)以降になると、⑤進化(装備のレベルを上げて戦闘ステータス・基礎ステータスを上げる)ができるようになります。



 ①強化

 強化石と金貨を使うことにより、装備の戦闘ステータスを上昇させることができます。

 上昇は割合上昇(10%とか15%とか)なので、高レベル装備になるほど、強化すればするほど強い装備になります。その分必要な強化石や金貨もどんどん増えていくので注意しましょう。

 レベルが上がると当然装備を交換することになりますが、装備を売却・錬金すると強化石は戻ってくる(金貨は戻りません)ので高レベル用のストックを心配する必要はありません。どんどん強化していきましょう。

 基本的に強化していきたいのは、ダメージが直接増加するメイン武器。次に会心増加のサブ武器やグローブ(腕)、HP増加のベルト(腰)。他の装備はステータスがあまり重要にならないため後回しで構いません。

 また、④神器で詳しく説明しますが、装備すべてを一律に強化すると神器効果にボーナスが加わります。神器レベルがアップしたらそっちを狙っていくのもいいでしょう。

 ○テクニック

 強化石は、通常ボスを倒したり団体戦・イベントをこなすことで集まります。

 大きく差が出るのはやはりボス討伐。ボスを倒すと難易度に応じて強化石が手に入りますが、これを毎日3回やるだけでかなり違います。

 初めてボスを倒した時に「ボス挑戦券」が手に入りますが、すぐには使わずとっておきましょう。高レベルのボスほどたくさん強化石をもらえるので、高レベルになって強化に詰まったら使いましょう。特定のイベント時(遠征物資収集など)にまとめて挑戦券を消費するのがオススメ。

 ボスに負けた場合は何ももらえませんがボス挑戦の消費されないので、自分がギリギリ勝てるボスに挑むと多少ながら報酬を多くもらえます。



 ②鍛錬

 鍛錬は、金貨を使うことで基礎ステータスの配分を変えるシステムです。

 例えば、筋力200・敏捷200・知力200・体力200の装備(合計800)があったとします。これを鍛錬すれば、筋力650・敏捷50・知力50・体力50(合計は変わらず800)の装備に変えられるのです。ただし、宝石による増加分は固定となります。

 これを使えば、必要ない基礎ステータスを使って、重要な基礎ステータスを大きく伸ばすことができます。傭兵の装備にも使えるので傭兵の強化もできます。

 ただ、育成中盤では金貨切れには注意しましょう。中途半端な所持金で極端なステータス配分を目指すと、かえって中途半端なところで金貨がなくなってしまい微妙な能力になってしまうことも。せめて鍛錬100回分の所持金を持ってから臨みましょう。

 ○テクニック

 ダイヤを使った高級鍛錬を利用すれば、より鋭いステータス配分にできます。

 高級鍛錬では、一部のステータスをロック…鍛錬で変動しないようにできるので、必要なステータスと不必要なステータス以外がまぁまぁな値になったタイミングでロックし高級鍛錬すれば、簡単にステータス配分を良いものにできます。

 ただし、何度もやると湯水のようにダイヤが飛んでいくので注意。



 ③宝石

 装備には4つまで宝石を装着する欄があり、装備の種類に応じて宝石を付けることができます。

 宝石欄については、以下のアイテムを使って拡張できます。

(1)金貨(装備レベル依存)
(2)ブロンズハンマーまたはダイヤ20
(3)シルバーハンマーまたはダイヤ50
(4)ゴールドハンマーまたはダイヤ100

 それから、装備につけられる宝石は次のようになります。
 
メインサブ
赤ルーン(筋力)
緑ルーン(敏捷)
青ルーン(知力)
黄ルーン(体力)
白水晶(命中)
オパール(最小ダメージ)
タイガーアイ(最大ダメージ)
太陽石(会心)
翡翠(HP)
拓榴石(物理防御)
尖晶石(魔法防御)
オニキス(回避)
月長石(強靭)


 メイン武器・サブ武器などには、主要サブステータスが上がる宝石やダメージが上がる宝石。腰・胴などには、体力が上がる黄ルーンやHPが上がる翡翠がオススメ。低レベルは攻撃系の宝石を集め、高レベルで少しずつ防御系宝石を集めるといいでしょう。

 ○テクニック

 宝石ショップにはLV3の宝石が売ってありますが、宝石のレベルは合成によってさらに上げることができます

 同じLvの同じ宝石を2つ使い合成することで、1LV上がった宝石になります。Lv2を2つ合成でLV3、LV3を2つ合成でLv4の宝石へ。どこまで上がるかはわかりませんが、LV10以上もあり得るかも?LVの高い宝石ほど能力も高いので、どんどん合成したいところ。現状合成以外で手に入るのはLV3(宝石ショップ)までなので、頑張って宝石をためて合成していきましょう。

 高レベル宝石を作るために必要なLV3宝石の数は、LV4:2個、LV5:4個、LV6:8個、LV7:16個、LV8:32個、LV9:64個、LV10:128個となります。LV7以降は必要なLV3宝石数が一気に増加するので、他の宝石を平均的に上げた方が戦力アップにつながります。

 それから、宝石枠の拡張に使うハンマーは闘技場の栄誉ショップで買えます。ダイヤを使うのはもったいないので、闘技場で栄誉をためてハンマーを購入しましょう。



 ④神器

 S級装備を錬金すると、たまに光った装備…神器が出てきます。

 神器装備には通常の能力に加えて、各装備ごとに固有の特殊能力があります。そのほとんどが強化・鍛錬・宝石などでは補強できない能力です。

 神器には、ノーマル神器名声神器の2種類があります。ノーマル神器は通常錬金の際に得られる装備、名声神器は名声製造(名声1000、錬金値8000)でしか手に入らない装備です。名声製造には名声がかなり必要になるため、気長にそろえていきましょう。

 神器能力は、他の神器を吸収(神器吸収)することでレベルが上がります。最初は強いとは言えない能力も、レベルを上げればかなり有効になります。ノーマル神器はノーマル神器、名声神器は名声神器を吸収させないと経験値が上がらないので注意。

 レベルを上げるおすすめの神器能力としては、

 <ノーマル>
・メイン武器(攻撃吸収)………………戦闘時の主な回復手段
・サブ武器(基礎防御貫通レベル)…火力上げ
・指輪(金貨獲得)……………………強化の資金に
・鎧(状態異常耐性)…………………闘技場で相手のデバフ無効
・靴(経験値獲得)……………………レベル上げが早くなる。高レベルで効果的
・腕(会心ダメージ)…………………火力上げ
・首飾り(高級装備獲得)……………S級装備ドロップを増やして神器作成数を増やす。早めにあげたい

 <名声>
・メイン武器(攻撃力)…………………火力上げ
・指輪(魔防貫通レベル)………………火力上げ
・腕(会心値)…………………………火力上げ
・グリーブ(物防貫通レベル)…………火力上げ
・兜(物防値)…………………………防御上げ
・ベルト(強靭値)………………………防御上げ
・鎧(基礎防御値)……………………防御上げ

 最初は攻撃吸収・経験値獲得・高級装備獲得の神器、中盤は火力の上がる神器、後半で防御の上がる神器を少しずつ上げていきましょう。

 また、神器は神器のついていない装備に継承(神器継承)させることができます。高レベルの強力装備を手に入れたらすぐに継承しましょう。

 ノーマル神器・名声神器両方が手に入ったら、神器融合で両方の能力がついた装備にしましょう。

 ○テクニック

 神器の能力は、普通の物に加えて「全身強化ボーナス」があります。各部位の強化を全て一定以上あげてあると、その強化値に応じて神器能力にもボーナスが入ります。

 ただし、いくら全身強化していても、神器のレベルが低いと効果が薄いので気を付けましょう。(1LV神器ならボーナスは1段階まで、3LV神器ならボーナスは3段階まで)

 また、神器能力の中で序盤特に強いのが、メイン武器にある「攻撃吸収」。回復要素が少ないこのゲームでは、HP回復がとんでもない威力を誇ります。これがあるだけでボス戦の生存率は段違い。手に入れたらすぐにLV3くらいにはあげておきたい能力です。

 実際のところ大体の神器能力は有能なのですが、脚の「反撃」だけはあまり使えないので後回しにするといいでしょう。



 ⑤進化

 レベル100のセット装備(R・SR・SSR・UR)は「進化」によって装備レベルを上げ、装備の全体的な能力を上げることができます。強化や宝石などをやり尽くした転生後において、進化は戦力アップに欠かせない存在です。

 進化に気を付けたいのは、進化をすると強化・鍛錬の状態がリセットされてしまうこと(強化石は戻ってきます)。つまり強化や鍛錬をやり直す必要があるので、進化後の装備をそのまま使わないように気を付けましょう。

 進化に必要なのは4種類。

①金貨
進化石(ステージ56以降でモンスターが落とす)
セット素材(ステージ59以降でボスが落とす)
装備の欠片(イベントなどで手に入る)

 金貨に関しては、よほど傭兵育成をしていない限り余っているので問題なし、進化石も新ステージをコツコツとやっていれば手に入るものです。

 問題なのはセット素材。ボスからしか手に入らないうえ、落とすかどうかもランダム(大体5~6割くらい?)。しかもセット素材は装備部位ごとに異なるため、狙った部位の素材を集めるのはかなり難しくなります。素材のレベルと装備レベルが一致していないといけない(装備を100→105LVにするにはLV5のセット素材が必要)ため、決められたステージのボスを倒さないといけません。ボス挑戦券を使って根気よくボス周回する必要があるでしょう。

 そして装備の欠片。55~85LVのセット装備の場合は、1度作ってしまえば余った分は必要なくなります。しかし100LVセット装備は、余った欠片も進化のために必要になるのです。そのため、イベントで余ったとしても水晶に変えないように注意しましょう。


 この「進化」のシステム上、装備の欠片が大量に必要となります。そのため、あまりイベントに課金できない人の場合はSSR装備よりSR装備を集めた方が戦力アップしやすくなっています。最初手に入る段階ではSSR装備の方が強いですが、進化による能力アップ分を合わせるとSR装備の方が最終的に強くなるからです。セット効果も踏まえて考えると、むやみにSSR装備を混ぜるよりSRだけ揃える方が強くしやすいと言えるでしょう。

 無論、イベントに課金しまくってSSR装備の欠片を集められる人は、SSR装備にした方がお得です。
 



●ボス戦攻略

 ボス戦での主な敗因は、以下の2つ。

・レベル差がありすぎて命中しない(育成中盤)
・火力や命中が足りないため、戦闘が30ターン超えて「怒り」状態になってやられる(育成中盤)
・ボスの攻撃力が高すぎて瞬殺される(序盤・LV90あたり)


 レベル差については、大体15以上あいていると厳しく、10以内であればなんとかなる感じです。レベル差による補正は結構大きいため、下手に低レベルで挑むと全く命中しません。60LV以上になってくるとボスもかなり強化されるので、レベル差による命中率が勝敗を左右します。レベル差については単純にレベルを上げるしか方法がないので、放置したり高速戦闘(要ダイヤ)をしてレベルを上げるのがいいでしょう。

 「怒り」状態については、戦闘が30ターン続くと出てくる状態です。「怒り」状態になると攻撃力が数倍になり、ターンごとにさらに強くなっていきます。怒り状態になると1~3ターンで倒されてしまうので、よほど相手の体力を削っていない限り勝つのは難しい。純粋に攻撃力の低さが問題なので、頑張って先ほど挙げた強化方法で装備を強くしましょう。

 LV90くらいになるとボスの攻撃力が高くなり、30ターンと持たずやられてしまいます。防具の名声神器レベルを上げたり宝石を駆使して防御を上げましょう。

 〇テクニック

 ボスを倒すと、強化石と一緒に星のついた装備が手に入ります。星がついていると、普通の物に比べてサブステータスが1.2倍ほどになります。セット装備がそろっていないなら、毎日3回狙っていきましょう。

 また、30LV以上で挑める上級ボスを倒すと、強化ルーン(スキル強化)や進化書(傭兵強化)が手に入ります。今までの要素と比べて強化の影響は小さいですが、時間があれば毎日3回倒せるといいでしょう。



 ●名声について

 名声は、イベント・団体戦・闘技場などから手に入ります。

 団体戦に参加すればかなりの名声が手に入るので、積極的に参加していきましょう。毎日12:00と18:00にある悪魔参加は、攻撃するたびに名声がたまる(1回で名声5貯まる)ので名声集めのチャンス。ダイヤ2コ使えばすぐ攻撃できるので、ガンガン攻撃してたくさん名声を集めましょう。

 毎日5回の闘技場も欠かせません。勝っても負けても名声が手に入り、ランキング上位になればダイヤや名声がたくさん手に入ります。

 名声は神器を強くするのに必要なため、根気よく集めていきましょう。



 ●闘技場について

 闘技場とは、他のプレイヤー(+傭兵)と戦う場所。サーバー内での強さを競い合う場所です。

 勝てばランキングが上がり、負ければ下がる弱肉強食。上位になるほどたくさんのダイヤや名声がもらえます。ぜひ上位を目指しましょう。

 自分とほぼ能力が同じ相手と戦うので、勝敗を分けるのは意外にも傭兵の強さ。傭兵を鍛錬・強化してあるかどうかで少しの差はひっくり返ります。スキル構成や職業でも左右するので、単純に戦力が高くても勝てないところが難しい。加えて、状態異常の確率や攻撃対象や回避・会心など運要素も大きくあります。

 通常の戦闘では役に立ちにくい傭兵ですが、闘技場では活躍するので頑張って育てておきましょう。
 


 ●ギルドについて

 ギルドとは、プレイヤー同士で作る組織のようなもの。オンラインゲームではもはやおなじみとなっています。

 ギルドに入る利点としては、

①チャットによる交流・情報交換(一番重要)
②ギルド戦などによる名声稼ぎ
③貢献値による各種アイテム交換

 などがあります。欠点としては、人間関係のトラブルが起こることやギルドの雰囲気に合わせなければならないことなど。参加・脱退自体は簡単にできるので、自分の理想とかけ離れていたなら他のギルドを探すのもありでしょう。それと同時に、同じプレイヤーとして相手を気遣うことも忘れずに。

 基本的にやる気をチェックするため、2日に1度以上はログインするよう求められることがほとんどです。アプリでログイン自体は簡単ですから、こまめなログインは必要経費としておきましょう。

 ○ギルド戦
 
 魔獣気力(団体戦・闘技場などで得られる)の多いTOP32ギルドのみが参加できるトーナメント。上位になることで名声・宝石券・上位クエスト挑戦券などがもらえます。

 ギルド戦は1週間かけて行われ、月から木(午前)が準備・選抜期間、木(午後)から土が戦闘期間です。日曜は休みで月曜から再び開催されます。A・B・Cチームを編成してチームごとに戦い、すべてのチームに勝てば勝利となります。

 基本的に勝敗を左右するのはギルドメンバーの戦力。装備の関係もあってキャラレベルによる戦力格差は大きく、相手に30LV以上上のプレイヤーが1人いるだけで勝ち目はほぼなくなるほど。また、強豪ギルドと当たるかどうかの運もあるので、一概に強ければ上位になれるわけではないことに注意。

 勝つためのテクニックとしては、戦力を偏らせる方法があります。チーム毎の戦いでかつ1チームでも残れば勝利となるので、どれか1つに強いメンバーを詰め込むことで勝率を上げることができます。オススメは攻撃力が上がるCチーム。他にも、弱体化スキルや補助スキルをうまく活用することで強いプレイヤーを倒せる確率が上がります。ただし、基本はメンバーの強さなので過度の期待はしないように。編成はリーダーのみ変えられるので、編成を変えたかったらギルドリーダーに伝えてくださいね。
 


 ●スキルについて

 キャラレベルを上げると使えるシステム。キャラレベルが上がるほど使えるスキルも増えていき、最大で10個のスキルを習得します。そこから4つまでセットし、戦闘中にMPを消費して使用します。上から設定した順にスキルが発動するので、強力なスキルは上に設定しておくといいでしょう。また、4つすべてセットするのが強いとは限りません。2つセットの場合、1番目スキル→2番目スキル→通常攻撃→通常攻撃→1番目スキル→…となるため、同じスキルを使う回数が増えます。雑魚戦では主力スキルを1つだけセットして使った方が安定して倒せる場合もあります。

 ○スキルの使い分け

 スキルには、職業ごとにいろんな種類があります。基本的には①ダメージ②自己強化③弱体化の3つ。一般用(モンスター相手)では①のみ、防御用(闘技場防御)では①+②、特殊用(闘技場・ボス戦・ギルド戦など)では①②③をうまく使いこなしていきましょう。

 特に闘技場・ボス戦などではスキル構成が違うだけで勝率に大きく影響が出るので、しっかり構成を考えましょう。ギルド戦では③が戦局を左右することもあります。
 
 強力な補助効果として真っ先に挙げられるのは毒。割合でダメージを与えるのでHPの高いボス戦ではかなり重宝されます。傭兵を用いて必ず使えるようにしておきたい効果です。他に有力なのは氷の鎧(凍結)・バリア・応援など。

 ○スキル強化

 強化ルーンを使うことでスキルのレベルを上げて強くできます。スキルレベルを上げると全体の強化Lvも上がり、専用能力が強くなったりさらなるスキル強化ができるようになります。ただし、スキルの消費MPが増えるなど欠点もあるので注意。

 強化ルーンは1~3の3種類。1日の使用回数に上限はありませんが、スキルレベルが上がると上位のルーンしか使えなくなるので、一通り上げて余った強化ルーン1などは合成して上位のルーンにしていきましょう。

 強化ルーンの取得方法としては、上級クエスト・イベント・傭兵遠征など。上位クエストや傭兵遠征は毎日一定回数できるのでコツコツ貯めましょう。

 ○強化Lv

 強化Lvは、全スキルのレベルを合計したもので、これが高いほど専用スキルが強化されます。職業ごとにある専用スキルはどれも強いので、積極的にスキル強化をしていきましょう。



 ■闘士のスキル紹介(未完成)

 戦闘狂(強化LVにより上昇)

 攻撃を与えた際、○%のダメージが増える。最大○%まで上昇。

 攻撃を与えると強くなる自己強化スキル。パッシブなので自動的に発動します。闘士で重視される基礎ステータスは筋力(防御・命中が上がる)なので、まさに持久戦向きの闘士にピッタリ。短期決戦となる雑魚戦・闘技場ではあまり活躍しませんが、30ターン以上の長期戦となるボス戦では大いに活躍します。ただし、スキルの仕様上30回攻撃したらもう上がらないので注意。

 ブレイブアタック(LV2で全力の一撃に進化)

 敵1体に対して200%の物理攻撃を与える。

 序盤の主力となる攻撃スキル。序盤は攻撃スキルが少ないため、雑魚戦・ボス戦・闘技場すべてで活躍します。中盤になると影刃乱舞が使えるようになるため主力からは去りますが、ボス戦での選択肢として充分アリでしょう。後半になると明らかに力不足となるため、新しいスキルに進化させてしまいましょう。

 全力の一撃(変化前はブレイブアタック)

 すべての防御ステータスをダメージに加算し、敵に150%の物理ダメージを与える。

 応急手当(LV2で背水の陣に進化)

 最もHPが低い味方の最大HPを10%回復する。

 闘士唯一の回復スキル!!と聞くと強そうに見えますが、育成全般においてそれほど重要なスキルでは無いのが実情。たった10%回復させるために貴重な1ターンは割けない上に、傭兵を連れていれば大体の回復相手は傭兵。中盤以降は攻撃吸収の効果に劣っているので使う理由は全くない。……と考えるとほとんど使い道はないので、スキル強化できるようになったらさっさと進化してしまうのがいいでしょう。せめて30%回復だったらもう少し序盤で強かったかもしれない不遇スキル。

 背水の陣(進化前は応急手当)

 5ターンの間、敵に与えるダメージが50%増加し、敵から受けるダメージも50%増加する。

 鉄壁ガード

 2ターンの間受けるダメージを60%減少させ、○%のダメージを反射する。敵から狙われやすくなる。

 ダメージを減少させる防御バフスキル。使い道としては、闘技場の際バフ強化されたスキルを受けきることなど。相手のスキル調整によるので運要素は高いものの、成功すれば反射ダメージで大きくダメージを与えられる上に傭兵も守れるという一石二鳥。反面、雑魚戦・通常ボスは普通の攻撃しかしないので不向き。スキルレベルを上げても反射ダメージが上がるだけなので注意。闘技場に熱心でなければ、スキルレベルを上げるのは他のスキル強化が終わってからでいいでしょう。また、ギルド戦で使えば相手の攻撃を誘導することができます。自分が弱くても、強力な相手プレイヤーの攻撃を自分に誘導できれば味方プレイヤーの生存率が上がり、勝率を上げられます。

 サンダーショック

 敵3体に○%の物理ダメージを与える。○%の確率で1ターンの間めまい状態にする。

 敵3体にダメージを与える複数攻撃スキル。比較的早く習得できる複数攻撃ということで序盤の雑魚戦に重宝します。めまい効果も、傭兵の死亡を防ぐ意味ではなかなかうれしい。ただし中盤になると影刃乱舞を習得するため、雑魚主力としてはやや力不足になります。めまいも100%効くわけではないのも辛い所。それでも、闘技場などでめまいが効けば一気に有利へ持ち込むことができるのが魅力的。

 肉体強化

 3ターンの間、味方3体の攻撃力を○%増加、基礎防御を○%増加させる。

 攻防一体のバフスキル。効果時間も長く、ボス戦・闘技場で活躍してくれるでしょう。攻撃力の増加が低いので他のスキルを優先する手もありますが、防御も上がる点を考えれば使う価値は大いにあります。

 ソードストーム

 敵1体に対して○%の物理ダメージを与え、1ターンの間めまい状態にする。

 状態異常を与える攻撃スキル。サンダーショックと比べると、単体攻撃の代わりに高ダメージかつ100%有効と性能が尖っているので、ボス戦・闘技場で末永く使うことができます。ただし、闘技場の場合はプレイヤーと傭兵どちらに当たるかわからず運要素が大きくなるので注意。複数だけど確率の下がるサンダーショックとどっちを使うか迷いどころ。

 パワースラッシュ(LV2で心眼に進化)

 敵1体に対して通常攻撃を行い、50%の確率で2ターンの間HPの回復不可状態にする。

 相手を回復不可にさせる攻撃スキル。ダメージが低く状態異常も確率なのであまり有用性はないように見えますが、闘技場で猟人を相手にする場合は効果抜群。防御力が低く防御スキルもほとんど持たないので、唯一の防御策である回復を封じればこちらが圧倒的に有利となります。そのため、どちらかというと対猟人に特化したスキル…というか回復不可自体が対猟人特化と言っていいでしょう。それ以外の相手では不向き。

 心眼(進化前はパワースラッシュ)

 敵2体に対して○%の通常攻撃を行い、○%の確率で2ターンの間流血効果を与える。

 敵1体が敵2体になったパワースラッシュ。流血効果も内容は回復不可と同じなのでパワースラッシュの完全上位互換となります。他のスキルは大抵全く別のスキルに進化するのに、これだけ正統進化。使い方はパワースラッシュと同じで対猟人特化。2体対象になった分、より闘技場で使いやすくなったと言えるでしょう。当然他のところでの使い道はありません。

 影刃乱舞

 敵3体に対して○%の物理ダメージを与える。

 闘士の絶対的主力スキルと言えばこの影刃乱舞。複数攻撃に加えてダメージ量も1番。雑魚戦・ボス戦・闘技場すべてにおいて有効と言える存在です。シンプルだからこそ最強。他のスキルによる攻撃強化・防御弱体化と合わせればより一層強い攻撃を繰り出せるでしょう。

 シールドクラッシュ(LV2で祝福の刃に進化)

 敵1体に対して通常攻撃を行い、50%の確率で2ターンの間敵の基礎防御を80%減少させる。

 祝福の刃(進化前はシールドクラッシュ)

 ○%の通常攻撃を行い、必ず最大値のダメージを与える。50%の確率で2ターンの間盾破壊効果を与える。

 バーサク

 通常攻撃が100%の確率で会心になり、すべての状態異常効果を受け付けない。

 ソウルクラッシュ

 ○%のダメージを与え、次のスキル使用時に○%のダメージを与える。

 鬼哭(きこく)

 最もHPが低い敵に○%のダメージを与え、相手の損失したHPの○%につき○%のダメージを与える。



 ■猟人のスキル紹介

 暗黒の森(強化LVにより上昇)

 攻撃時、敵の最大HPの○%をダメージ時に加算する。猟人の最大ダメージの○%を超えることができない。

 敵の最大HPに応じて与えるダメージを増加させるスキル。パッシブなので自動的に発動します。最大HPの多いボス戦では特に有効…とは言っても、上がるダメージ量には上限があるのでボス戦でも実はそんなに上がらなかったりする。闘技場時も数千数万程度が限界。ダメージは増加しますがあくまでほんの少し強化されるだけ。割合強化といってあまり過信しないように注意。

 ターゲット(進化前はポイズン)

 敵の防御と耐性を%減少させ、3ターンの間ターゲットした敵を優先的に攻撃する。

 敵を弱体化し、ターゲット(印)状態にするスキル。ダメージは与えません。雑魚戦は3体、ボス戦は1体、闘技場は2体を相手にし、雑魚戦での1ターンはかなり貴重(10ターン以内に倒せないと敗北)なことを考えると、闘技場で使うのがおすすめ。特に、傭兵をターゲット状態にして集中攻撃で倒せれば、その後の戦闘がかなり有利になります。ただし、誰をターゲット状態にするかはランダムなため、勝敗に運要素が絡むことに注意。また、ターゲットはギルド戦でその真価を発揮します。弱いプレイヤーが強いプレイヤーをターゲット状態にして全員で集中攻撃すれば、下剋上も夢ではありません。ターゲットは重複できないので、どのタイミングで誰がやるかはギルド内で相談してくださいね。

 エレメントアロー(進化前はスタンショット)

 敵1体に○%の通常攻撃を行い、2ターンの間、ランダムで凍結、燃焼、毒の効果を与える。

 敵にダメージとランダムの状態異常を与えるスキル。ダメージはそれほど高くないため、基本的に状態異常狙いのスキルとなります。当たりは凍結、次点で毒、燃焼ははずれと言っていいでしょう。毒に関してはダークトラップの下位互換になりますが、燃焼よりはダメージを与えるので次点です。特に闘技場での凍結はかなり有効。最初に使えば相手のバフ積みを封じ、3・4番目に使えば相手の強化攻撃を防ぐことができます。攻撃対象も含め運要素は高くなりますが、闘技場での使用に一考あるスキル。

 ライフドレイン

 敵1体に対して○%の魔法ダメージを与える。与えたダメージと同等のHPを回復する。

 ダメージを与えると同時にHPを回復する攻防一体のスキル。魔法ダメージなので、猟人の場合与えるダメージは通常攻撃よりも少なくなります。育成序盤では神器が少なくHP回復手段が乏しいため、そこで大きく活躍します。一転、攻撃吸収や毎ターン回復など神器が充実してくるとスキルでHP回復する必要がなくなり、ライフドレインはただの攻撃に近くなってしまいます。すなわち、序盤の育成でのみ有効な初心者向けスキルと言っていいでしょう。逆にライフドレインが必要なくなったら1人前。

 マルチショット

 ランダムで○%の通常攻撃を2回行う。1体の敵に対して有効。

 1ターンに2回ダメージを与える攻撃スキル。言うまでもなく猟人の主力スキルとなります。雑魚戦はこれだけで事足り、デビルアロー・イーグルアイなどのバフを積んだ後に放つマルチショットはボス戦・闘技場で猛威を振るいます。その分、防がれたときの影響も大きく、凍結やめまいなどで防がれてしまったときは目も当てられない状況になります。闘技場ではどのタイミングで使うか配置に気を付けましょう。ちなみに「1体の敵に対して有効」とありますが、1発目と2発目が別々の敵に当たる場合もあります。1発目で敵を倒した場合だと2発目が不発になるようです。

 デビルアロー

 3ターンの間、通常攻撃に○%の魔法ダメージが付加され、魔防が○%増加する。

 魔法ダメージに応じてダメージを増加させるバフスキル。魔法ダメージなので大したことないと思いきや意外とダメージは増加していたりします。が、増加量としては当然イーグルアイの方が上。魔防を増加させる効果もあり、スキルレベルが上がれば闘技場で実力を発揮します。デビルアロー→イーグルアイと続ければ、2ターンの間両方の恩恵を受けた攻撃が可能となり、マルチショットやライトニングとの相性は抜群。どのようにスキル配分するかは微妙なところですが、魔防増加による防御面も含めてバランスよく考えていきたい。

 イリュージョン(進化前はブラインドショット)

 敵1体に○%の通常攻撃を行い、3ターンの間、回避率が○%増加する。

 ダメージを与えると同時に回避率を上げるスキル。正直回避するにはするのですが、雑魚戦もボス戦も短期戦なので不向き。回避運に加えてスキル配置の運も絡んでくるので、なかなか採用率は低い不遇スキル。スキルレベルによる成長も小さく、高レベルで活躍する要素は少ないでしょう。進化前が「3ターンの間、敵の命中率を70%減少させる」効果であるため、進化前の方が強い説のかもしれない。あえて進化前を使い続ける猛者もいる。

 イーグルアイ

 2ターンの間、攻撃力が100%増加し、○%の間状態異常耐性がつく。

 ダメージを上げるバフスキル。1ターン犠牲にしますが、その分次に与えるダメージは超強力。マルチショットやライトニングと組み合わせることで相手に大ダメージを与えます。雑魚戦では1ターンが重要なので使いませんが、ボス戦や闘技場では必須と言ってもいいレベル。スキルレベルを上げると状態異常耐性が成長していくのも魅力的。重点的にスキル強化していきたい。

 ダークトラップ(進化前はコブラトラップ)
 
 敵3体に○%の魔法ダメージを与え、3ターンの間、毒状態にする。毎ターンHPの4%を減少させる。

 ダメージを与え、毒状態にするスキル。HPの高いボス戦での毒は必須と言っていいレベルで、これがあるとないでボス戦の難易度が大きく変わります。反面、雑魚や他プレイヤーのHPは低いため、雑魚戦や闘技場では不向き。ボス戦と闘技場で使うスキル構成は同じになっているので、ボス戦用にダークトラップを入れたまま闘技場に行かないよう気を付けましょう。ちなみに、スキルレベルによるダメージ成長が意外と大きいため、優先的にスキル強化するのがおすすめ。

 サイレントアロー

 敵1体に対して○%のダメージを通常攻撃を行い、○%の確率で3ターンの間、魔法を使用不可にする。

 ダメージを与え、魔法を使用不可にするスキル。魔法と書いてありますが実際はスキル全般が対称なので、闘士や猟人のスキルも使用不可にできます。ただ、使用不可になったスキルは通常攻撃に変わるので注意。使用不可が解除された後も順番通りスキルを使ってくる面にも気を付けましょう(1・2ターン目を封じた場合、3ターン目に1番目のスキルを使ってくる)。雑魚戦やボス戦では微妙ですが、闘技場ではその真価を発揮します。凍結同様、最初に使えば相手のバフ積みを封じ、3・4番目に使えば相手の強化されたスキルを防ぐことができます。成功確率は約50%と半々ですが、スキルレベルで確率は上がっていき高レベルだと約60%。60%なら使う価値があると言えるでしょう。

 カモフラージュ

 2ターンの間、単体攻撃のダメージを受けない。範囲攻撃されたとき、受けるダメージを10%減少させる。

 単体攻撃のダメージを完全に防ぐ防御スキル。範囲攻撃は受けるので注意。短期決戦の雑魚・ボス戦には不向き、闘技場ならうまく使えば強力…といったところ。スキル配置を読み切るのは不可能なので実質運頼りになります。また、ギルド戦で使えば強いプレイヤーの攻撃を無駄にすることも可能(これも運)。なかなか使いどころが難しい上級者向けスキル。

 ライトニング

 敵1体に対して○%の通常攻撃(魔法ダメージ)を与える。必ず命中する。

 必ず命中する攻撃スキル。ボス戦・闘技場では高レベルの相手と戦うことも多く、MISSが起こることは少なくない。そんな中で「必ず当たる」攻撃というのは貴重である。ダメージはそれほど出ないが成長性は高く、スキルレベルを上げれば安定して使えるスキルとなる。バフをかけた直後に使えば、バフの効果を100%活用できる。通常攻撃と比べてあまり違いを実感しにくいのが難点。

 サンダーショット

 敵2体に対して○%の通常攻撃を行い、25%確率で敵の有益なバフを強制解除する。

 攻撃と同時に、相手のバフを確率で解除するスキル。敵2体を対象にしてる時点で明らかに闘技場向けであることが分かります。中盤の3番目くらいに配置すれば、相手が序盤に積んだバフを一気に解除することができ、戦況を大きく有利にできます。ただし、成功確率は25%と低く、運要素はかなり大きい。発動すれば強力ではあるが外れやすい諸刃の剣。

 ○おすすめスキル

 [雑魚戦]:マルチショット
 [ボス戦]:マルチショット・ダークトラップ・イーグルアイ・デビルアロー・ライトニング
 [闘技場]:マルチショット・エレメントアロー・ターゲット・ブラインドショット・カモフラージュ・イーグルアイ・デビルアロー・サイレントアロー・ライトニング・サンダーショット
 [ギルド戦補助]:エレメントアロー・ターゲット・ブラインドショット・カモフラージュ・サイレントアロー・サンダーショット



 ■魔術師のスキル紹介(未完成)

 魔法錬成(強化LVにより上昇)

 魔法スキルに会心が発生し、〇%の会心ダメージを与える。

 会心効果(ダメージ表示がオレンジになる)によってダメージを上昇させるスキル。文章から誤解しがちですが、通常攻撃にも発動します。強化レベルが低い頃は通常ダメージとほとんど変わらず効果を実感できないのが残念。成長による上昇幅も小さいため、本格的に効果を発揮するのは育成後半になるでしょう。

 イグニッション(LV2でラヴァストリームに進化)

 敵1体に対して200%の魔法ダメージを与える。

 育成初期から使える単体攻撃スキル。シンプルに強いスキルとして雑魚・ボス・闘技場で活躍します。しかし、育成中盤になるとインフェルノ(300%ダメージ)という完全上位互換が出てしまい、他のスキルも強化されて200%ダメージを超えてきます。したがって、イグニッションの使い道はLV50までと言っていいでしょう。LV50を超えたらラヴァストリームに進化させましょう。

 ラヴァストリーム(進化前はイグニッション)

 ランダムで3回〇%の魔法攻撃を行う。

 3回攻撃を行う攻撃スキル。1発当たりの攻撃力は低いのでファイアストームより弱い?と思われがちですが、実際に使うのはボス戦。雑魚や闘技場では当たる相手がばらけてしまいますが、ボス戦なら3回全て同じ敵に当たるので瞬間火力が上回ります。また、ギルド戦で高レベルプレイヤーが使えば、低レベルプレイヤーを早い段階で一掃することができます。低レベルプレイヤーの補助スキルを防げば勝率アップにつながります。

 アイスストーム
 
 敵に〇%のダメージを与え、1ターンの間、攻撃力を50%低下させる。

 攻撃低下を加えた攻撃スキル。1体攻撃になるので、主にボス戦で使うことになります。闘技場で使うのもありですが、傭兵に当たるリスクも考えると少し微妙なところ。ダメージがそこそこある上に、スキル強化による上昇幅が大きいので、育成中盤でも問題なく使うことができます。

 アイスアーマー

 3ターンの間、味方2人の防御を〇%増加させる。通常攻撃を受けると80%の確率で、敵を1ターンの凍結状態にする。

 防御を上げつつ、攻撃してきた相手を凍結(行動不能)状態にするバフスキル。バフ名は「氷鎧」。高確率で行動不能にするその効果は、闘技場で恐るべき活躍をみせます。バフ直後の攻撃にぶつけることができればバフ効果を1ターン無駄にできるため、相手のリズムを大きく崩すことができます。傭兵にもバフ効果が及ぶので、運よく傭兵に攻撃が行けばさらに戦況は良くなるでしょう。ギルド戦でもアイスアーマーを使っておけば、高レベルプレイヤーが攻撃してきたとき凍結させることができます。運が良ければ強いギルドを倒すことができるでしょう。

 ファイアストーム

 敵3体に対して〇%の魔法ダメージを与える。

 複数体に攻撃するスキル。シンプルかつ強力なスキルです。雑魚戦で使えば活躍すること間違いなし、正直雑魚戦のスキルはこれ1つだけでいいレベル。とにかく全体に必ず攻撃できるのが魅力であり、闘技場で傭兵を蹴散らす際にも使えます。スキル強化による恩恵は大きいのですが、育成中盤で手に入るメテオには劣るのでイグニッション同様育成序盤のみのスキルという印象。

 瞑想(めいそう)(LV2でディスペルに進化)

 自身の最大MPを12%回復させる。

 MPを回復させるスキル。MP回復手段が少ないのでありがたいスキルなのですが、効果が微妙でなかなか使いどころが難しい。強いて言えば、チャージインパクトでとんでもない量のMPを使うため、それを補うのに使える程度。しかし、回復したとしても変わるのはチャージインパクト強化1回分くらい、その分攻撃した方が良いのかも…と思うと選択に迷う。進化後とスキル内容が全く違うため、進化するかどうかは慎重に考えたい。

 ディスペル(進化前は瞑想)

 敵1体に〇%のダメージを与え、〇%の確率で敵の有益なバフを強制解除する。

 ダメージと同時に相手のバフを解除させる攻撃スキル。猟人のサンダーショットと比べると成功率が高く、比較的早い段階で習得できるのが魅力。その分1体にしか攻撃できないので、どっちが強いかどうかは難しい判断になります。また、バフスキルを使う上級ボスにも有効なので、一部の上級ボスに対してのみ使うといった選択肢もありでしょう。

 ブリザード

 敵3体に〇%の魔法ダメージを与え、〇%の確率で2ターンの間、敵の攻撃力を50%減少させる。

 攻撃力減少効果を持つ複数体攻撃スキル。アイスストームと比べて多数を攻撃できるようになった分、ダメージは成功確率はこちらが小さい。雑魚戦は火力重視なことを考えると、雑魚戦で使うには少々力不足。闘技場に使うのもアリですが、成功率の低さが悩みどころ。スキル強化で成功確率がやや上がるので、高レベルなら使えるかもと言った印象です。もしくは、ギルド戦での補助に使うのがいいでしょう。

 チャージインパクト

 敵1体に対して〇%の魔法ダメージを与える。チャージインパクトを使用するごとに〇%の魔法ダメージが増加、MP500を消費する。

 攻撃するたびにダメージと消費MPが増加していく攻撃スキル。1回目はそれほど強くないですが、2回目、3回目…と続けていくうちにとんでもない威力になっていきます。持久戦になるため、ボス戦や闘技場で大活躍するでしょう。問題なのは消費MPの量。強化されるにつれ消費MPが累積されるので、1回目は100MPの場合、2回目は600MP、3回目は1100MP、4回目は1600MPとなります。すなわち低レベルのうちはせいぜい3回分くらい、100LV近くでも5~6回分強化が限界。MPが足りないと強化がリセットされるのも欠点の1つ。これだけ問題点がありながらも火力としては一級品なのがチャージインパクトの魅力。

 スターフレア(LV2でメテオに進化)

 敵3体に対して100%の魔法ダメージを与え、毎ターン50%の魔法ダメージを与える。効果3ターン。

 通常の攻撃に加えて継続的なダメージを与える攻撃スキル。持続ダメージについては毒と違って割合ダメージではないので効果は薄い。特に強いわけではないので、さっさとメテオに進化してしまうのがいいでしょう。おそらく、魔術師スキルの中で一番不憫。

 メテオ(進化前はスターフレア)

 敵3体に〇%の魔法ダメージを与え、1ターンの間〇%の確率でめまいの効果を与える。

 めまい(行動不能)効果を与える複数攻撃スキル。低レベル時はめまいの成功確率が低めですが、ダメージ自体かなり高い方なので雑魚戦に使える有能さ。というか雑魚戦でいえばファイアストームよりメテオの方が強い。めまいの成功確率が上がれば、闘技場でも十分な活躍をしてくれるでしょう。進化の都合上習得できるのは育成中盤になるのでそれまではファイアストーム、習得したらメテオに変えるといいでしょう。

 インフェルノ

 敵1体に対して〇%の魔法ダメージを与える。

 シンプルにして強い単体攻撃スキル。イグニッションの上位互換になります。チャージインパクトと違って安定したダメージを与えられるのが強みで、ボス戦には欠かせない存在です。単体攻撃なので闘技場で使うかどうか迷いますが、傭兵を倒した後は単体攻撃でも十分使えることを考えると、闘技場で使う選択肢もアリでしょう。安定性をとるか火力をとるかになると思います。

 マジックシールド(LV2でマジックウォールに進化)

 2ターンの間、攻撃を受けるとMPを消費しダメージを減少させる。1MPにつき5ダメージ。

 マジックウォール(進化前はマジックシールド)

 2ターンの間、知力の150%のダメージを吸収し、12%MPを回復する。

 多重魔法

 前回はなったスキルと同じスキルを放つ。〇%のMPを消費する。

 星之守護

 5ターンの間、受けるダメージが〇%減少し、与えるダメージが〇%増加する。

 



 ●傭兵について

 自分と一緒に強くなる相棒のような存在。傭兵を強くするには、次の2つがあります。

(1)育成……金貨・ダイヤを使ってサブステータスを上げる
(2)強化……進化書を使って星ランク(全体の能力)を上げる、星ランクが上がると特殊能力を買える

 育成・強化でそれなりに強くはなりますが、装備数も少なくスキルも弱いので、高レベルになるとあまり攻撃面では貢献できない存在。そのため、HPを強くして壁にしたり、状態異常スキルをたくさんつけてサポート係にするのがベスト。もちろん、金貨があれば強くしまくるのも構いません。強い傭兵は闘技場でより一層活躍するでしょう。

 ○傭兵育成

 金貨・ダイヤを使って傭兵のサブステータスを強化できます。育成ではすべての能力が上がるわけでなく変化はランダム。増加も減少もします。変化前と変化後を比較して良ければ保存で変化後の値に、そうでなければ閉じるを選択して変化前のままにできます。ヘルプには書いてないことなので気を付けましょう。

 全ステータス上がる育成が理想ですが、そうそううまくいくものではありません。効率よく上げるならある程度の偏りは見過ごした上で育成していく必要があります。具体的には
①各職業に必要なステータスを重視
②合計での上昇量を重視
 この2種類を基準にして育成するのがオススメ。

 また、ある程度育成するとステータスが上昇しにくくなるので、何十回やっても良い変化が見られなければレベル上げをするといいでしょう。

 ○傭兵強化

 進化書を使って各傭兵の経験値を上げられます。一定の経験値に達すると星ランクが上がり、ランクに応じて能力補正が増加します。さらに、3・6・9の星ランクに達するとオーラを解禁できるようになります(金貨を使って解禁するのを忘れず)。その他、ランクがあると傭兵遠征に行けるなどの効果もあります。

 1日に使える進化書の枚数は限られているので、サクサク星ランクを上げるなら上級の進化書を使うのがベスト。上級の進化書は下級の進化書とダイヤを使った合成で作ったり、高レベルの上級ボスから得られます。ただ、合成に必要なダイヤ量は地味に多いので、手に入りにくい進化書4を作るときのみ使うのがオススメ。

 進化書を手に入れる基本的な方法は合成か上級クエスト(高レベル・初クリアだと上位の進化書)。イベントではあまり手に入らないのが辛い所。

 ○傭兵遠征

 待機中の傭兵を遠征(ミッション)に送ることができます。遠征は一定時間が経つと完了し、ミッション報酬をもらってきます。報酬は微妙ですがルーンがもらえる数少ない要素。

 ミッションの星ランクが高いほど要求される傭兵の星ランクも高くなり、1~2…傭★1、3~4…傭★2、5~…傭★3となります。星ランクが高ければ報酬も豪華になるので、待機中の傭兵でも★1と★3を1体ずつ作っておきたいところ。

 1日にできる回数は限られているので毎日コツコツこなしましょう。



 ●ショップについて

 ○闇商人

 金貨やダイヤを使って装備・カギを買える店。A級(紫)装備は完全に割に合わないためスルー、S級(橙)装備はセット装備がなければ有用ですがダイヤはイベントに回したい。カギもダイヤを使って集めるほどではないため、買うとすれば強化ルーンくらい。どれも割高ということは覚えておきましょう。

 気まぐれでセール価格になっており、2~9割引きされていることがあります。9割引きならさすがにお得ですが、無課金者は慎重に買い物したいところ。

 ○金貨購入

 ダイヤで金貨を買える店。わざわざ金貨…それも少額の金貨にダイヤをかける必要はないのでスルー1択です。

 ○宝石ショップ

 ダイヤ・宝石券を使って宝石LV3を買える店。宝石の内容については前項に紹介した通りです。

 宝石にダイヤ400個は少し高めなのでスルー1択。代わりに宝石券を使うことになります。宝石券の取得方法は団体戦・イベントなど。特に遠征物資収集のイベントでどんどん集まるのでオススメ。買った宝石は合成して高レベルの宝石にしましょう。

 〇水晶ショップ

 ダイヤや水晶(破片の交換で得られる)を使うことで、セット装備破片(靴・指輪・首飾り)や強化石・神器経験石と交換できます。セット装備についてはイベントでは手に入らない部位が売られているので、ぜひ集めておきましょう。

 基本的に、ダイヤで売られているものは買わないのがベター。かなり高い上に、同じ1000ダイヤでも射的ゲームを回していらない破片を水晶にした方が効率的に集まります(特に高レベルSSR)。無料分の射的ゲームを回しているだけでも数千以上水晶が手に入るので、慌てず気長にためていきましょう。

 セット装備が大体集まると水晶がかなり余るので、強化石・神器経験石と交換していきましょう。神器経験石は神器吸収に使えます。



 ●その他

 ○セット破片、セット装備

 高レベル(LV55・70・85・100~)で使えるシステム。イベント・水晶ショップで手に入るセット破片を集めるとセット装備が作成できます。R・SR・SSR・URがあり、レア度が高いほど強くなりますが作成に必要な破片数も多くなります。破片の入手方法は、イベントか水晶ショップ。水晶についてはセット破片を分解することで手に入ります。

 セット装備は通常装備に比べて格段に強く、同じセットで集めると特殊能力が追加されます。高レベルのセット装備ほどセット能力は多くなります。
 
 現状としては最強装備になるのですが、入手方法がほぼイベント(ダイヤ使用)なのでそう簡単には手に入りません。高レベル装備を完璧に集めるとなると無料ダイヤだけでは厳しくなります。ホウチ帝国の中でもかなり課金要素が強いシステムと言えるでしょう。無課金で集めるならとりあえず70LVや85LVあたりのものから狙っていくのがオススメ。
 


 ●イベント攻略
 (全プレイヤー可能…オレンジ、100LV以上用…



 〇射的ゲーム(前後編)

 ダイヤを使うことでセット装備の破片や強化ルーン・錬金石・宝石券などがもらえるイベント。

 大体3日おきに前後編が変わり、前編ではサブ武器・鎧・グリーブ(SSR)とメイン武器・篭手(SR)、後編ではメイン武器・ベルト・篭手(SSR)とサブ武器・グリーブ(SR)がもらえます。意外とSSR破片が出てくるので、20~30回ほど回せばなにかしらのSSR装備は作れます。いらない破片も水晶に交換できるので無駄にはなりません。

 Lv100くらいまで一番おすすめのイベント。Lv40~80の間は、手に入れたダイヤをここに使うといいでしょう。

 〇遠征物資収集

 モンスター・ボス討伐時に得られるアイテムを献上すると宝箱がもらえ、中から金貨・強化石・名声・宝石券などがもらえます。

 普通にやってれば誰でも報酬がそれなりにもらえるイベントですが、貢献値をためて段階報酬をもらうにはひと工夫必要。具体的にはボス討伐券を使って何度もボスを倒し、装備物資・木材物資をためるのがベスト。また、段階が変わると貢献値がリセットされてしまうので、できるだけ物資をためておいて目標に達するとわかったときにまとめて献上するといいでしょう。3段階目くらいが難易度と報酬のバランス的にオススメ。ただし、余りに貯めすぎて献上を忘れないように注意。

 〇太古の宝箱

 冒険者宝箱、英雄宝箱を消費して開けると金貨・強化石・名声・神器経験石(英雄宝箱のみ)がもらえます。冒険者宝箱は通常戦闘から、英雄宝箱はボス戦闘や冒険者宝箱から手に入ります。

 普通にやってれば誰でも報酬がそれなりにもらえるイベントです。普通にやってても強化石が数百個はもらえるのは無課金にとってうれしい。たくさん宝箱を集める方法としては、高速戦闘・ボス挑戦券など。

 開ける時間帯で報酬が変わったりポイントが変わるわけでもないので、ログインしたときにサクサク開けていくといいでしょう。

 〇銀月酒場

 金貨(初級)もしくはダイヤ(中級・高級)を消費して、決められた報酬の中から1つを手に入れるイベント。

 報酬は決して魅力的というわけではありませんが、初級は金貨消費で手に入れられるので無課金にありがたい仕様。中級・高級も100LV装備破片が手に入るので、高レベルには欠かせないイベントです。

 SR装備が手に入る中級での消費ダイヤは50。他のイベントに比べると比較的安くSR装備を集められます。逆にSSRが手に入る高級では、消費ダイヤが300と多く収集難易度は高め。

 90LV(セット装備を使えるLV)になるまでは初級のみを毎日やっていれば問題ありません。90LVになったら中級・高級もやってセット装備を集めるといいでしょう。



 〇金魚すくい&限定割引

 ダイヤを消費(1日3回まで無料)することで金魚が得られ、それを使うと100LVセット破片・名声・宝石券・強化石などがもらえます。1回100ダイヤですが、高級の当たる確率はかなり低いため10回コースで堅実に集めるのがオススメ。

 100LV以上ならセット装備集めとしてやっておきたいところですが、低レベルの間は100ダイヤ消費してまでやるイベントじゃない、というのが本音。1日3回無料なので、ポイント2倍期間に無料分をやってあとはスルーでいいでしょう。

 SR装備を目的とするなら少し割高ですが、SRと同時にSSRも手に入るので長い目で見ればお得かもしれません。集まる装備の部位を考えて、SR装備集めの中盤に進めるのがおすすめ。

 限定割引については、いろんなアイテムセットを特価で売るイベント。しかし、どれも時間をかければ手に入るアイテムなので、無課金のダイヤをここで使う必要があるのかと言われると疑問。無課金なら基本スルーでOK。

 〇財宝発掘

 ダイヤを消費(1日3回まで無料)することで神器破片・挑戦券・強化石・名声などがもらえます。奇妙な宝箱を引けばレベルの高い商品になります。

 1回に使うダイヤの量は他のイベントに比べて少ない方ですが、あまり魅力的な報酬ではありません。奇妙な宝箱を引ければいいのですが、1回1回ちまちま引いていては当たらないので10回消費(奇妙が必ず当たる)が定石。

 高レベルでのセット装備集めに向けてここではダイヤを使わず、1日3回の無料分だけやっておきましょう。

 〇神装鋳造

 ダイヤを消費してUR装備やSR・SSR装備の破片、各種アイテムを手に入れるイベントです。UR装備は2016年12月の時点で最強装備なので、これを手に入れることは火力的に大きい。破片でなく装備そのままが手に入るので、運が良ければ最強の領域に入れるかもしれません。

 300ダイヤ消費なので結構割高ですが、報酬は魅力的なので多少無理してでもやっておきたいところ。SR装備のメインがここで手に入るのもポイント。また、誰かがUR装備を当てると50ダイヤが祝いとして全員に支給されるので、ありがたくいただきましょう。

 〇魔王の宝蔵

 ダイヤを消費して石板を掘り、装備や各種アイテムを手に入れるイベントです。1回に消費するダイヤは堀った石板が増える毎にだんだん増えていきますが、2回目の時点で260ダイヤも必要なことを考えると明らかに課金者専用。

 1回引くたびにSSR・SR装備や各種アイテムを1つゲット、魔王の宝箱開放(引いたとき一定確率で当たるか12回分すべて引く)でUR装備破片や各種アイテムのうち3つゲットできます。UR装備が得られるのは大きいですが、当たるのは破片5個…しかも75個集めないと装備は作れないので、最低でも5回の開放、運が悪いと20回以上開放しても集まらないという鬼畜。かなりのダイヤが必要なのは間違いありません。

 SR装備のサブが手に入るので魅力的ではありますが、なんにしても割高。一定時間ごとに無料で引けるようになるので、その時だけやるといいでしょう。



 ●ダイヤの使い道&育成方針

 ○序盤(Lv1~Lv40)

 この時期は装備も金貨もあまり手に入らず、イベントにもまともに参加できません。そのため、高速戦闘などを使ってレベルをどんどん上げていきましょう。ダイヤはかなり余りますが、それは育成中盤にとっておきましょう。サクサク成長して、できるだけ早く中盤に入りたいところ。

 S級装備については錬金の「装備製造」で集めるのがおすすめ。雑魚敵から得られる装備はできるだけ売却して金貨にしていきましょう。強化に関しては「鍛錬」や「宝石」(攻撃系)の影響が特に強い時期なので、A級・S級装備には積極的に利用しましょう。ただし、「鍛錬」による金貨消費はこの時期影響が大きいので注意。強化石による「強化」は序盤だとあまり影響がなく、金貨の消費量も多いため不向き。

 また、この時期は傭兵の強さが戦闘に大きく影響します。余った金貨はできるだけこっちに使っていくといいでしょう。

 ちなみに、倉庫に入る装備数は最初50個ですが、ダイヤを使って200まで拡張できます。1度にどのくらいの時間放置するかにもよりますが、基本的に100個まで拡張しておくのがオススメ。

 ○中盤(Lv40~LV80)

 スキル強化・名声・セット装備などいろんな強化要素が増えてくる時期。育成知識の違いによって同レベルでも大きく違いが出始める時期でもあります。毎日の日課(ボス戦・団体戦・進化書・傭兵遠征・イベントなど)を欠かさずこなすのが早く成長するコツ。

 持っているダイヤは全て射的ゲームに使ってしまうのがオススメ。LV40~55なら初級、LV55~70なら中級、LV70以降は上級…自分のレベルにあったセット装備が手に入るよう適切な階級を選びましょう。セット装備が手に入れば格段に成長速度がアップします。神器も増えてくる頃なので、使う装備は必ず一律で「強化」して全身ボーナスをもらえるようにしておきましょう。加えて、セット装備の武器を重点的に「強化」するとより育成が進みます。

 ○後半(Lv80~100)

 ボスなどの難易度がHP・攻撃力ともに格段に上がり、成長速度も落ちる辛い時期。めげずにこなせることをコツコツとこなしていきたいところ。靴のノーマル神器「経験値上昇」のLvを上げることで多少ながら成長が速くなります。また、ボスの攻撃に耐えられるよう防具に付ける宝石も考えていきましょう。

 この辺からLV100のSR・SSR装備に視野を向ける必要があり、ダイヤもそこへ使っていくことになります。SRのセット数優先で簡単に手に入る銀月酒場からこなすのもアリ、メイン武器優先にするのもアリ、SR・SSR両方手に入るところにするのもアリ、手っ取り早く課金してしまうのもアリ……いろんな戦略があります。特にSSRは長い目で見ないといけないので、よくよく考えてイベントをこなしていきましょう。もしくは、LV100までのレベル上げ優先で高速戦闘を使ってしまうのもいいでしょう。

 ○転生後

 新しく「進化」ができるようになり、進化に必要なアイテムを集めるのが最重要となります。特に集めにくいのはセット素材と装備の欠片。やはりイベントやボスを地道にこなすのが成長のコツ。

 転生直後は、とりあえずボスに何度も挑戦してステージ59のボスを倒すことを目標にしましょう。セット素材がなければ戦力アップは望めません。ちなみに猟人の場合だと雑魚敵に負ける状態でもボスには意外と勝てたりします。恐れずボスに挑戦していきましょう。



 ●VIP特権

 一定量ダイヤを買う(課金する)ことで、買った量に応じて様々な特典を得ることができます。

 
VIP0123456789101112131415
購入ダイヤ010030050090015003000500070001000015000250004500080000140000250000
高速戦闘購入2回4回4回6回6回8回8回10回10回12回12回14回14回16回18回20回
ボス挑戦購入0回1回3回3回5回5回7回7回9回9回11回11回13回13回14回15回
金貨購入2回3回4回6回8回10回12回14回16回18回20回22回24回26回28回30回
上級ボス購入2回2回3回3回4回4回5回5回6回6回8回8回10回10回11回12回
進化書使用<3回3回3回3回4回4回4回4回4回5回5回5回5回6回6回6回
傭兵遠征2回2回2回3回3回3回4回4回4回4回5回5回5回5回5回5回
高速戦闘収益0%0%0%0%0%5%5%10%10%15%15%20%20%25%30%40%
店の高級品欄0001112223333333
ボス撃破宝箱なしなしなしなし
傭兵最高育成C級C級B級B級B級A級A級A級S級S級S級S級S級S級S級S級
ボス掃討×
ギルドボス
自動参加
×××
激流谷の戦い
ホウチ申請
××××


 ※1ダイヤ2円に注意。100ダイヤ200円、1000ダイヤ2000円。

 VIPレベルを上げることで、高速戦闘やボス挑戦などの1日に購入できる回数が増えます。ただ、購入自体にもダイヤを使うため、無理やりVIPを上げてしまうと1日の上限まで消費できない可能性があることに注意。VIPレベルを上げるためだけに課金するなら、VIP5くらいが妥当でしょう。

 地味に高い影響力を持つのが進化書の使用回数。これが違うと傭兵の強化速度に大きく差ができる。6回(VIP13)にするのは厳しいかもしれないが、微課金として長く続けるつもりなら5回(VIP10)にはしておきたい。VIP10なら傭兵遠征回数がMAXになるのでお得。

 その他の特権で有用なのはギルドボス(悪魔侵入)自動参加。他の団体戦は参加時間に余裕があるが、悪魔侵入は開始から5分以内に参加できないと間に合わない。ミッションによる回数消化も必要なため、VIP3にしておいて損はない。

 全体から見て、最も課金量に見合ったVIPレベルは10。そこまで課金できない…という人はVIP4~5あたりがいいでしょう。





 ●日課一覧

 ここでは、1日一定回数だけできる要素をまとめたもの。毎日こなせば他のプレイヤーに大きく差をつけることができます。

 通常ボス挑戦(1日3回)………S級装備や強化石・セット素材(58ステージ以降)がもらえる
 上級ボス挑戦(1日3回)………進化書や強化ルーンがもらえる
 闘技場(1日5回)………………名声や栄誉がもらえる(優先度低め)、高順位でダイヤ報酬アップ
 傭兵強化(1日進化書3枚)……傭兵のステータス強化
 傭兵遠征(1日2回)……………宝石券・強化ルーンなどがもらえる
 水晶ショップ(1日4回更新)……強化石・神器経験石・セット装備
 日課(1日1回)…………………20ダイヤがもらえる
 悪魔侵入(1日2回)……………戦闘回数に応じて名声がもらえる
 古宝山争覇戦(1日2回)………宝石券・金貨がもらえる
 激流谷の戦い(1日1回)………勝利数に応じて名声がもらえる

 ※イベント
 射的ゲーム……初級:12時間おき、中級:24時間おき、上級:36時間おきに無料
 銀月酒場………初級のみ1日5回金貨消費で可能
 財宝発掘………1日3回無料
 金魚すくい………1日3回無料
 



 ●55~85LVのR・SR・SSR装備の取得方法

 〇R装備

 全部位…水晶ショップ

 〇SR装備

 メイン・篭手(腕)……射的ゲーム(前半)
 鎧・グリーブ(脚)……射的ゲーム(後半)
 兜・首飾り…………水晶ショップ

 〇SSR装備
 
 サブ・鎧・グリーブ……射的ゲーム(前半)
 メイン・ベルト・篭手…射的ゲーム(後半)
 指輪・靴………………水晶ショップ



 ●100LVのSR・SSR・UR装備の取得方法ト
 (未完成、時期によって変わることがある)

 〇SR装備
 
 サブ……魔王の宝蔵
 兜………銀月酒場
 靴………銀月酒場
 メイン……神装鋳造
 篭手……水晶ショップ
 鎧………水晶ショップ
 グリーブ…水晶ショップ
 首飾り……水晶ショップ
 ベルト……金魚すくい
 指輪………金魚すくい

 〇SSR装備
 ※銀月酒場・金魚すくいのSSR装備は3種のうち2種が出現

 兜………魔王の宝蔵
 ベルト……銀月酒場
 首飾り……銀月酒場
 メイン……金魚すくい
 サブ………銀月酒場
 鎧………金魚すくい
 グリーブ…神装鋳造
 篭手……金魚すくい
 靴………水晶ショップ
 指輪……水晶ショップ

 〇UR装備

 兜………神装鋳造
 篭手……神装鋳造
 サブ……神装鋳造
 ベルト……神装鋳造
 鎧………神装鋳造
 指輪……神装鋳造
 靴………魔王の宝蔵
 首飾り…魔王の宝蔵



 ●まとめ

 基本は放置。たくさん放置してたくさん装備を集めましょう。強くなったらボスを倒して、なるべく高レベルの装備を集めましょう。

 集めた装備は基本的に錬金して錬金値にしましょう。金欠なら売却もオッケー。S級を錬金したら神器が手に入るので、いらない装備は積極的に錬金。

 装備を強くするなら、強化・鍛錬・宝石・神器。強化石はボスから手に入るので、毎日3回欠かさずボス討伐しましょう。また、強化するなら全身を平均的に強化するのがオススメ。神器能力がさらに強くなります。宝石の合成もこまめに。

 イベントや団体戦は積極的に参加しましょう。名声・強化石・金貨などいろんなものが手に入ります。手に入れた名声は名声製造で神器にしましょう。ノーマルと名声神器で神器融合。

 LV100までのダイヤの使い道は、基本的に射的ゲーム1択。頑張って回してSSR装備を集めましょう。LV100になってからいろんなイベントに手を付けましょう。




 この攻略を参考にしてくれると幸いです。

 質問・オススメのスキル構成・誤字脱字の指摘などあればコメントお願いします。内容に応じて修正・返答いたします。

 また、闘士・魔術師については育成が進んでいないためスキルなどの考察ができていません。ご了承ください。個人的な使用感想でも教えてくださるとありがたいです。


«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。