2012-12

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年はお世話になりました。2013年もよろしくお願いします。


 


 セキュリティに関する記事

 新年に向けてセキュリティ・パスワードを一新しておこう

 




 2012年も終わりとなり、2013年が訪れます。

 2012年も、

・ロンドンオリンピック
・政権交代
・各地で大統領選挙
・日中関係の危機
・東京スカイツリー完成

 となかなかとラインナップだったと思います。


 メイプルの方でも、

・5英雄の完成
・日本オリジナル「五星の職」
・転職レベルの引き下げ
・敵の幹部続々公開

 と「暗黒の魔法使い」登場のフラグが着々と立ちつつあります。

 まぁネクソン韓国でまだ暗黒の魔法使いが実装されていないらしいので、少なくとも実装は1年以上先になりますがね。

 ただ、5英雄みんな揃ったし、いつ出てきてもおかしくない状況ではあります。

 また、現在のメイプルシステムを考えると、新職実装は今後も続く様子。

 ネクソンも駆け足、プレイヤーも駆け足である状態は来年も続いていくと思います。


 
 最後に、

 このブログを提供してくれているFC2、

 メイプル記事の元となるオンラインゲーム「メイプルストーリー」、

 考察記事の元となる番組・それを提供する会社、

 そしてこのブログを見てくださっている訪問者・読者の皆様……


 皆様に感謝の言葉を申し上げて、今年の締めといたします。


 お辞儀

 
関連記事
スポンサーサイト

ルミナスの育成システムに素晴らしさと切なさを感じる


 


 セキュリティに関する記事

 新年に向けてセキュリティ・パスワードを一新しておこう

 




 さて、
 
 ブログ更新の片手間にルミナスを育成し始めて4日。

 現在78Lvとなっております。



 早い。



 早すぎる。


 もう何度も使っているような気がするが、「過去最速」の成長速度だと思う。

 嵐の成長イベントがあるとはいえ、嵐もびっくりの成長スピード。

 あまりの成長スピードに、支給される経験値ボーナスアイテムが3つもたまっている状況。

 だって10分に1Lv上がるなら必要ありませんし……

 ちょっと消費欄の圧迫……

 ━━━○)´Д`)・:'. グハッ

 
 MapleStory 2012-12-29 1

 攻撃力も、初期装備+クエストで手に入れた装備で遭うモンスター全てが一撃ですし、いろいろと驚きの連続。


 しかし、一番の驚きは、まだ専用クエストをやっただけということ。

 ダラダラと狩っているわけではなく、常に何らかの専用クエストのもと狩りをしている。

 
 クエスト…

 クエスト…あ、レベルアップ。

 クエスト…レベルアップ。

 これの連続。

 
 これが50Lvまでならば今まで通りだった。

 キノコ城→カニングスクエアでなるわけですからね。

 ですが、このクエストが78Lvの現在でも未だに続いている。

 つまり、

 キノコ城→カニングスクエア→スリーピーウッド→オルビス→空の上の島クルセ→下町→ルディブルアム→地球防衛軍→レーベン鉱山

 と、クエストに導かれているのです。

 今までの職業を、「駅と駅との間にある周りの景色を見ながらの鈍行列車」とするなら、

 ルミナスは、「敷かれたレールの上を一気に走る新幹線」という感じ。

 新幹線


 まぁ、育成効率という点から見れば、今のプレイヤーが求めるすべてを詰め込んだものだと思います。

 全てクエストにして作業感をなくし、

 クエストの過程による移動で移動の手間をなくし、

 一部のクエストは終えた瞬間に左のショートカットから完了できる。

 クエストによる報酬経験値も膨大にして、3次前半までクエスト以外での狩りはほぼなくなった。

 そして、育成速度が著しく落ちる4次以降に備えて、少し出にくいアイテムを集めるクエストを3次後半に入れる。

 4次転職以降が本番と言われる今のメイプルにとって、この方針はまさに今を行くものでしょう。

 MapleStory 2012-12-29 2

 ただ、オンライン独自の「自由」という点から見れば、それが失われているのは確実。

 3次後半からはともかく、それよりレベルの低い狩場は、クエストに関係する場所以外要らないことになってしまう。

 まぁ実際は、すべての低レベル狩場を回ることなんて有り得ないけどね(笑)


 4次以降は自由性があるっていえばあるかな?

 さっきも言った通り、4次転職以降が本番だから。

 そう考えると1~3次職の存在価値って…という考えになるわけですが、ここら辺はどうなるんでしょう。

 ただのチュートリアルに過ぎない存在?

 それとも1~3次職を充実させる何かを実装するのか?

 巷では、4次転職から200LvまでのLv差が大きいから、新たな5次転職実装のフラグとも言われていますが……?

 何にしろ、これからの扱いが気になるところです。

 
 

 そんな効率とか自由性うんぬんは置いといても、

 個人的にこの成長の早さには少し切なさがあるかも。

 古いですからね……頭が。ええ。

 最近ちょっとした懐古厨になってますからね…私。

 しかも、成長のスピードが遅いとそれはそれで面倒だったりする(笑)


 どっちだよ(笑)


 こういうのは成長速度のギャップが大事なのかも。

 転職直後は少し必要経験値を下げて徐々に上げていく……みたいな感じ。

 面白いものであふれている今、少しの遅いと思ったらすぐに離れることができますからね、特に無課金者は。

 どうやって時間をかける狩りに慣れさせるがが、今後の4次職以降プレイヤーを増やすカギだと思います。



 さて、

 個人的にこれからの育成をどうするかですが、
  
 4次転職の敷居は下がったけど、育成目標はあくまで120になるかなぁ。

 今の感覚に一番合っている気がする。

 それに、120になれば4次の楽しさも理解できると思いますし。

 
 そういう考えを、120で止める私にさせるということは、ネクソンの計画はひとまず成功なのでしょう。


 

 

 
関連記事

新年に向けてセキュリティ・パスワードを一新しておこう



 さて、
 
 今日もまた公式告知ネタ。

 
 


 メイプルストーリー

 日ごろは『メイプルストーリー』をご愛顧いただきありがとうございます。

 NEXONサービスをご利用の全てのお客様に、セキュリティに関するお願いがございます。
 ゲームを安全にお楽しみいただくために、とても重要な内容です。

 【セキュリティに関する重要なお願い】

 また、最近はご利用のメールアドレスが不正アクセスの被害に遭われてしまい、
 そのメールアドレスを利用して、NEXON IDが不正に使用されてしまうケースが増えております。

 特にフリーメールアドレスをご利用の際には、定期的なパスワードのご変更とあわせて、
 提供元によるアナウンスを定期的にご確認
をいただくなど、お客様ご自身での防衛対策も
 万全にしていただきますよう、お願いいたします。

 これからも『メイプルストーリー』をよろしくお願いいたします。


 (公式サイトより抜粋)

 



 はい。

 年末年始ということもあっていろいろと緩みがちな時期です。

 ネクソンの方もそれを危惧してのこの告知でしょう(あるいはすでに被害が…)。

 こちらのサイトでセキュリティ関係の対策が説明されていますが、

 今回はこのセキュリティについて書かせていただきます。

 課金プレイヤーだけでなく全プレイヤー気を付けてほしいと思います。



▲特に気を付けること3ヶ条
 
①ID・パスワードは他の人に教えない
 教えた時点で、あなたのID・パスワードは奪われたも同然です。誰かとキャラ交換などをした後は必ずパスワードの変更を。

②他のサービスで使っているID・パスワードを使わない
 1つのサービスで使っているID・パスワードがばれた時点で、全てのID・パスワードは奪われたも同然です。ID・パスワードは全て違う英数列に。

③使用メールアドレスの管理をする
 メールアドレスが奪われた時点で、あなたのID・パスワードは奪われたも同然です。不用意にメールからリンク先へアクセスしないように。



▲セキュリティ向上ヶ条(+上記の3ヶ条)

・定期的なパスワード変更(自宅以外で使った場合は必ず)
・不審なサイトにアクセスしない
・パソコンソフト・セキュリティソフトは常に最新の環境にする
・パスワードは英数列記号付きで16文字
・ソフトウェアキーボード(操作履歴を残さない)を利用する



▲ネクソン提供のセキュリティシステム

ワンタイムパスワード(セキュリティ強化)
NEXONポイントセキュリティ(他のゲームへPが流用するのを防ぐ)



▲簡単に作れて覚えやすい!!管理人流パスワード暗号化作成法

①4~8文字の単語を思い浮かべる(例:『メイプルキノコ』)

②その単語をローマ字英数字表記にする(例:『meipurukinoko』)

③一文字下へずらす(例:『nfjqvsvljoplp』)

④幾つかの英字を大文字にする(例:『nfJqvSvljoPlp』)

⑤余った分だけ記号を入れる(例:『nfJq&v"SvljoP(lp』)

 ※最低③まで、課金者は⑤の部分まで行うこと。


 一例を挙げましたが、③までの暗号化法については、

1.ひらがな→ローマ字の英数字表記
2.文字を上or下にずらす(ずらす数なども応用可能)
3.英数字→カナ文字のひらがな表記(アルファベットの右下に書いてあるひらがな)
4.ひらがな→カナ文字の英数字表記

 などなど。

 1→2→3だけでも元の単語によっては結構なパスワードになります。

 確実なのは、→3→2→4で終わらせること。これなら簡単に推測されることはありません。

 覚えておくのは、元となる「単語」、暗号化の「手順」、そして最後に入れる「記号・大文字化とその場所」

 3つ目については、身内の誕生日(自分のは×、別々に)でも参考にしておけばいいでしょう。

 (例:12月28日→『!””(』)

 (例:7月31日→英数字で1・3・7番目を大文字化)

 記号の入れる場所は、等間隔・明らかな偏りを避ければ問題ありません。


 暗号化は使い方・元の単語によってパスワードのバリエーションは無限大。

 是非是非使ってください。




 

 2013年も楽しく安全にメイプルができるように、今のうちにセキュリティを万全にしておきましょう。

 MapleStory 2012-12-27 2







 
関連記事

新年イベントの告知とルミナス


 あと数日で2012年も終わり。
 
 ワイルドハンターの育成は終わりましたが、何とかその数日の間メイプル記事を書いて行こうかと思います。

 今書いている記事を入れて3.4記事くらいかな?

 そのくらい書けば最近の更新ペースと同じになるので、頑張って書きます。

 

 あと、大晦日と1月1日~3日の間、カウントダウンやら謹賀新年イベント等で強いバフがもらえるようです。

 MapleStory 2012-12-27 4

 その他特別なイベントも盛りだくさん。

 


  (1)メイプル初カウントダウン
  1.新年祈願バフタイム
   2012年12月31日(月)17:00~2012年12月31日(月)23:00まで
   12月31日(月)16:00以降に木野子のこから「年越し丘」への招待状が届き、
   イベント時間に 「年越し丘」にいるだけで、毎時定刻ごとにバフ効果がもらえます。

  2.新年までカウントダウン
   2012年12月31日(月)16:00~2013年1月1日(火)12:00まで
   マップ「年越し丘」に集まって一緒にカウントダウン!

  3.年越しスペシャル商店
   2013年1月1日(火)0:00~2013年1月1日(火)1:00まで
   普段入手できない特別なアイテムが買える商店が、
   元旦1時間だけオープンします。

 (2)新年挨拶あけおめいぷる!
  2013年1月1日(火)0:00~1月3日(木)23:59まで
  NPC「木野子のこ」に運命の相手を占ってもらい、
  相手のいるマップに行って「あけおめいぷる!」と挨拶しよう!挨拶で報酬&友達もゲット!
  
 (3)新年の運勢を占おう
  2013年1月1日(火)0:00~1月23日(水)メンテナンス開始前まで
  1.おみくじ
  年越し丘やキノコ神社のNPC「賽銭箱」に話しかけ、10,000メルでおみくじをひこう!
  引いたおみくじによって、特別な勲章がもらえます。


 (公式サイトより一部抜粋)




 ぜひぜひ、新年もメイプルをお楽しみくださいね。





 さて、

 時はテンペスト。

 新職「ルミナス」が実装されてから(カイザーも実装されていたかと思っていた……1月9日なのね;)、嵐のように1週間。

 だいぶ遅れてしまいましたが、私もルミナスをやってみました。

 MapleStory 2012-12-27 1

 アラン・エヴァン実装時と比べると、ストーリー性がすごく高くなったなぁとしみじみ感じております。

 特に、故郷(最初の地)を離れる理由がうまい感じに作られています。

 キャラも立っているし。
 
 一回ブログで紹介しただけあってエヴァンの最初は結構知っているのですが、あれなんてなんで旅に出たのかいまだにわかりませんからね。

 確か、「おつかい行って来て」と言われてそのまま旅に出て言ったような気が(笑)

 メルセデス→ファントム→ハヤト達→ルミナスと見ていくと、やっぱりネクソンのストーリー構成力が成長しているんだなぁと思います。

 そんな感じで全体的なストーリー性も頑張って高めてほしいですね。



 MapleStory 2012-12-27 2

 そんなわけで育成の方について。

 1次スキルが少し不便で少し心配してましたが、2次スキルからが鬼のような強さ。

 ルミナスのスキルは光魔法と闇魔法の2種類に分類されており、バランスもとれている。

 使いやすい光魔法と、広範囲攻撃の闇魔法……

 現在2次までやっていますが、そういう印象ですね。


 特に、闇魔法である2次スキル「ボイドプレッシャー」(上の方の攻撃SS)には脱帽。

 攻撃位置を変えられるというのは新しい。

 あんな面白いプログラムもできたのか…ネクソン。

 安置で使うことが強いられる為、狩場との相性も考えられて、良い仕様だと思います。


 それと、ダメージを受けずに狩りをすることで強化されるスキル「ブレスオブダークネス」。

 MapleStory 2012-12-27 5

 5秒間ダメージを受けずに狩りをする毎に暗黒球が一つ。
 
 三つ貯まることで魔力+30に強化される仕様。

 ダメージを受けないでいると…という部分が斬新ですね。

 常に三つが理想なのでしょうが、15秒間ダメージを受けないでいるのも結構難しい。

 だらだら狩るプレイヤーの根性をたたきなおすスキルって感じで、私は好きです。 
 


 そして、なんだか難しそうなシステム「光/闇変換システム」。

 MapleStory 2012-12-27 6

 光魔法・闇魔法で敵にダメージを与える度にゲージがたまり、MAXまで行くとポイントが1貯まる(最大5)。

 で、光→闇なら闇、闇→光なら光のポイントを1つコストに「光/闇モード変換」(初期スキル)を使うことでモードチェンジができる。

 光モードだと光魔法が強化、闇モードだと闇魔法が強化。

 このモードチェンジを使って光魔法闇魔法をバランスよく使っていくわけですね。

 
 問題は、「光→闇になるには1ポイント闇にないといけない」こと。

 1ポイント貯まらないうちに対となるモードに変わってしまうと、また戻ってくるのに多大な時間を使わなければならない。

 要するに、闇モードなのに光魔法を使わなければならないってこと(もしくは逆)。

 2次転職になった当初この仕組みを理解してなく、このウボァーな経験をやらかしております。

 皆さんはこの失敗をしないよう、モードチェンジするときは今のモードのポイントを1以上貯めてから変わるようにしてください。


 う~む……やはり文章にするとややこしい…

 まぁ、やってみればわかります。百聞は一見にしかず。



 そんなわけで、今回の新職ルミナスは新しい要素がぎっしり詰まっているような気がします。

 とりあえずは50Lv…いや3次転職する60Lvぐらいまではやっていただきたいものです。

 MapleStory 2012-12-27 2






 
関連記事

スーパープレゼンテーション考察E ~12組も脚があるなんてズルい!?~



 さて、

 今回で一応区切りとなるスーパープレゼンテーションアンコール(E)。

 今年最後に紹介するプレゼンは、エイミー氏の『It's not fair having 12 pairs of legs』。

 その時の考察記事→http://beginner3jg.blog.fc2.com/blog-entry-343.html

 その時の記事では主に「技術」視点で話をしましたが、今回は彼女の障害に対する「考え方」を中心に話そうかと思います。

 

 
 障害と聞くと皆さん浮かべるのは、足・目・手などが何らかの理由で不自由な人。

 優しくしよう、気を使おう、助けてあげよう……

 このような考えを健常者は障害者に抱くと思います。

 つまり、障害者は健常者より劣っている、という考え。


 しかし、エイミー氏はそのような考えを全く持ちません。

 技術があれば健常者と同じ…もしくはそれを超えた可能性を持てる、という考えを持っています。

 この考えのもとには、義足によって健常者よりも速く走れたり、義足のモデルとして活躍している経験もあると思います。
 
 経験

 周りの「障害者に見えない!!」という褒め言葉にも、

 「私は一度も自分を障害者と思ったことがない」と皮肉を言う。

 義足で自分の身長を調整できる姿に、友達が「(あなたはそんなことができて)ずるい!!」と羨ましがる。

 ここら辺の経験談ををプレゼンに入れている事にも、彼女の障害についての考え方がうかがえます。


 
 思えば、ニール氏の『I listen to color』でも同じような考えが出ています。

 その時の考察記事→http://beginner3jg.blog.fc2.com/blog-entry-357.html

 すなわち、不自由であることを嘆かない

 なぜこんな風になってしまったのかと嘆かず、技術で必死に埋める(超える)ことを試みる。

 後者の方がポジティブな考えです。


 普通に考えると、どうしても「低い方に合わせよう」という考え方になってしまいがち。

 しかし、先を行く人の考えは「技術をフル活用して高い方に合わせる」

 先の長い話ですが、もっと技術が進歩すればこの考えが主流になるかもしれない。

 障害者に対するそれとない差別も少なくなっていくでしょう。

 まぁその過程(材料)やその後(優しさの損失)などいろいろ問題があったりしますが、社会の方針はとりあえずこのような感じなんでしょうかね。


 



 さて、

 次回…新年最初のスーパープレゼンテーションなんですが…

 なんと……

 2013年1月2日(水)

 22:00~23:15の75分スペシャル!!

 爆発

 5つの素晴らしいプレゼンを一挙に披露。

 放送日・放送時間がいつもと異なりますので、注意してください。



 


 
 
関連記事

アシタスイッチ考察 ~挫折を知り、周りを見ること~



 さて、

 今回のゲストは、俳優・大泉洋さんと同じく俳優・麻生久美子さん。

 ある映画で共演したことをきっかけに、新米パパママとして、人気役者として、それぞれの今と過去の心境について語りました。

 分かれ道

 大泉洋さんの紹介
 麻生久美子さんの紹介


 
 まずは育児の話から。

 2人とも一児を持つ身であり、育児と仕事の両方をこなす生活を送っています。

 特に大泉さんは「子煩悩」であると語り、子供の一つ一つの行動に喜んだり笑ったり悲しんだり。

 時には、子供が遊んでくれないときいじける日もあったとか(´・ω・`)ショボーン

 それでも仕事をおろそかにすることはなく、子供と遊びつつ仕事に集中しつつ、(俳優でのキャラで子供と遊ぶなど)その2つを同時にして、両立させているようです。

 麻生さんも、家事をこなしつつ麻生さんの母にお願いするなどして、何とか仕事をこなしている様子です。

 
 
 話は、子供関連で自身の子供時代について。

 大泉さんは、俳優としてのイメージと同じく明るい子供。

 口が達者だったためムードメーカーのような存在で、そのしゃべりを先生からからかわれることもしばしば。

 対して麻生さんは、幼少時代は自己中心的で自意識過剰な性格だったと語ります。

 好きな子へのアプローチが過剰で、ぶりっ子と周りにささやかれたとのこと。



 下落

 そんな子供時代の、今では懐かしく恥ずかしい話をしたところで、

 大泉さんが「人生最大にして唯一の挫折」について語りました。

 それは、「大学受験失敗」

 二浪して東京の大学まで目指したのにもかかわらず、受かったのは滑り止めに受けた地元の大学。

 東京の大学へ入った兄に対する劣等感や、大きな失敗はそれが初めてだったことも、挫折感を感じる一因だったと言います。

 その時の落ち込む様子は、まるで人生が終わってしまったかのよう。

 気持ちがネガティブになって自殺まで考えたそうです。(死ぬ方法は「風邪」ですが)


 しかし、彼はその大学へ行ったことを「全ての始まり」だと話します。

 そこで演劇をはじめ、演劇仲間からテレビに誘われ、そしてローカル番組から東京へと……

 受験失敗で入った大学が起点となって、将来の仕事へと結びついた。

 もしも別の大学に受かっていたら、今の大泉さんはなかったでしょうし多くの人が知ることもなかったでしょう。

 平凡な会社で平凡なサラリーマンをやっていたかもしれない。

 まさにこれこそ、「人生のすべてがつながる」ということなんでしょうね。

 ネットワーク


 
 考えてみれば、大きな挫折が人生の転機になる場合というのは多い。

 なぜなら、挫折とは自分の構想・予定からいったん外れることだからだ。

 言うなれば、自分の乗った列車がレールから脱線したときに近い。

 レールの上を走っている間は目的以外に興味がいかないが、脱線して新しいレールを作るまでの間は周りの物ごとに興味がいきやすい。
 
 もちろん挫折を乗り越えて今まで通りの目的を目指すこともある。

 だが、挫折した後に新しい道を目指すこともまた一つの道。


 逆に考えると、挫折は周りをもう一度見渡すために必要なもの。

 柔軟性・創造性を身につける…といった方がいいだろうか。

 もしくは打たれ強くなる、という意味で。

 何かに挫折したりして自分に迷っている間は、より長い期間周りを見渡せるため、新しい考え(創造性)が生まれやすい。


 そう考えると、色々迷う時期が長くとれる現代社会では、創造性のある人が生まれやすいのかも?

 まぁ、迷う時期が長いとだれてくるわけですがね(笑)


 未来の扉

 挫折を知り、周りを見ること……

 それが、明日へとつながるかもしれません。


 次回のゲストは、浅野温子×奥菜恵。

 放送日は[2013年1月6日(日)よる11時30分~]です。

 来週はありませんのでご注意を。

 



 
関連記事

テンペスト第一弾実装!!密かに英雄作成期間復活のフラグ?



 さて、

 ついにメイプルストーリー『テンペスト』その第一弾が実装。

 ルミナス・カイザーが実装され、テンペスト装備をはじめとする様々な装備が盛りだくさん。

 テンペスト

 強化回数が少ない代わりにALL+16という謎の装備も……

 しかし、一番はやっぱりテンペスト装備。

 さすが節目だけあって、1つ装備するたびにセット効果が増えるという太っ腹。
 
 テンペスト装備をコンプすれば、プルレンジャー装備など鼻糞レベル。

 詳しい能力は把握していませんが、成長の支えになることはま違いありません。

 

 
 また、5英雄揃ったことから、近いうちに作成停止されていた英雄も作成できるようになる模様(イベントクエスト内で示唆)。

 俊足のメルセデスと奇抜なファントム。

 まだ作っていない人もぜひこの機に!!

 ファントム

 
 
 そして訪れた転職レベルの調整。

 120になったばかりの我がキャラ達も『調整によって増えたスキルポイント』の恩恵を受けております。

 4次転職が100になって現在120ですから、スキルポイントは60近くもらったことになります。


 いやぁ、本当に120にしておいてよかった。

 スキル振りたい放題でやりたい放題です。

 120にしておく…つまり4次転職から20Lvくらいあげておくと、4次の実力を感じられる程度になるのですね。

 攻撃スキルの最初は3次スキルよりも劣っているし、サポートスキルもスキルレベル1ではただのカス。

 スキルレベル10くらい上げると「ほぅ…なかなか強いじゃないか」と思えるのです。
 
 特にメルセデス・ワイルドハンターは能力サポートスキルが多いため、火力が馬鹿にならないほど上がります。

 ワイルドハンターは、火力倍くらいになったんでしょうかね…すごい。


 無論、まだ4次してない人も転職レベルの調整による恩恵は受けています。

 次の転職に行くまでの過程が短くなったわけですからね。

 2次→3次、3次→4次、ともに10Lv分短くなっています。
 
 つまり、それだけスキルのマスターレベルも下がって、1スキルレベルあたりの効果が格段に上がったわけです。

 フィジカルトレーニング・ブースター・マスタリーなどがそのもっともな例ですかね。

 さらに強くなり、さらに育成しやすくなったということで、皆さんガンガン4次転職に向かって頑張ってください。

 時間



  
関連記事

スーパープレゼンテーション考察番外 ~スーパーハングアウト~



 さて、

 今月の初めからつい昨日まで、3回に分けてある内容が紹介されていました。

 それは、「スーパーハングアウト」というもの。

 スーパープレゼンテーションで紹介したプレゼンについて視聴者と交流を交わし、さらに理解を深めようというプロジェクトです。

 今回サイトで紹介されていたのは、「Sherry Turkle: Connected, but alone?」。

 ブログ内での考察記事→http://beginner3jg.blog.fc2.com/blog-entry-366.html

 携帯電話の浸透について、というテーマであるだけに白熱な議論を交わしております。

 スーパーハングアウトの方はもちろん、元々の動画も現代社会の本質にかなり近い話題ですので、どちらもぜひぜひ見てくださいね。

 ネットワーク

 


 今日は昨日放送されたアンコール企画「50万通の秘密」について考察をしようと思いましたが、このスーパーハングアウトを見てやる気がなくなってしまった(笑)

 もう考察も一回しているしねぇ……

 その時の考察→http://beginner3jg.blog.fc2.com/blog-entry-335.html


 そこで、今回の考察は「スーパーハングアウト」について。

 まぁスーパーハングアウトがもともと考察系の内容だし、考察の考察もなぁ…ってことでまとめみたいな感じになりますが。

  



 今回のスーパーハングアウト(今回が3度目だそうで)は参加者みんなIT関連の方です。

 全員若くまさにネット世代の人たちなので、「テクノロジーの使い方について見直すべきだ」というシェリー氏の考えには反対する部分も多かったようです。

 彼らの考えるソーシャルメディアは、依存ではなく「暇潰し」。

 昔はごろ寝してマンガ読んで…だったのは今はソーシャルメディア、みたいな。

 ソーシャルメディアには他者と通信する機能もありますが、それも仕事関係の公的な通信の方が多い。

 つまり、ソーシャルメディアはあまり私的な部分に絡んでないと言えます。


 一応それは社会人たちでの話で、学生まで考えれば友達との通信にメディアを使う人はいるし、少しは依存している人もいます。

 ですが、生活が破綻するまでソーシャルメディアに依存する事例はまだない

 そういう意味では、お酒・麻薬・パチンコ・博打などに比べてはるかに安全。

 ただ、ネット社会によって大きなプレッシャーを受けているのは確かなので、発達し続けている今のうちに対策を打つ必要があります。

 彼らはその対策の一つとして、山や海に行くなどして「精神のバランスを取ること」を挙げています。

 スマートフォン


 また、シェリー氏がメディアに待ったをかけるという「リアルにバーチャルを合わせる」主張に対して、

 彼らは「バーチャルにリアルを合わせる」べきという考えも生まれました。

 ソーシャルメディアは今ものすごい勢いで発達し、現在人類の能力を超えるまで成長しています。

 感情の部分も日々研究されており、いつの日か完成されたら人間は要らない存在になってしまいます。

 だから、ネットを完全に受け入れる社会が必要なのです。

 ルール・礼儀作法・教育についてなどなど……

 それらをネットがあること前提にした設定に組み替える。

 そして、学校でもネットの正しい使い方を教えていく。

 これらが必要だという結論になりました。


 パゾコン



 最後に、SNSのこれからについて。

 ネット主体の社会になっていくということは、必然的にネットの方向性が重要になっていきます。

 もし方向がずれてしまえば破滅の道へ進むかもしれない。


 ですが、ネットもユーザー(人間)あってのネット。

 ネットワークを作る人たちはユーザーの声を聴き続けなければならない。

 また、ユーザーも開発者側に文句を叩けるようになってきたから、開発者もそれなりの責任が必要になってきた。

 この傾向は時が経つにつれさらに高まってくるため、責任も高まり、開発者のためだけに構成することはできなくなるだろう。

 

 
  
 というのが今回のまとめ。

 このまとめだけでなく、是非本文も見ていただきたいと思います。

 本文はこちら→http://www.nhk.or.jp/superpresentation/topics/hangouts_121126.html

 3記事構成です。








 
 

 
関連記事

今日のアシタスイッチ考察はお休みです



 タイトル通り、

 総選挙でアシタスイッチがなかったため、今日のアシタスイッチ考察はお休みです。

 
 次回のアシタスイッチは12月23日(日)…11:30から。

 この考察の次回は24日(月)になります。


 よろしくお願いします。
関連記事

とりあえず4次転職達成と今後の活動予定



 さて、

 なんとかパッチ前に4次転職ができました。

 いつの間にか500万メルという大金が必要じゃなくなっていて地味に驚き。


 MapleStory 2012-12-16 1

 とりあえず攻撃スキル3つに1ずつ振りましたが、最初から優秀なのはワイルドバルカンで残り2つが大器晩成型でしょうか。

 スキルレベルの低い現在は3次スキルの方が圧倒的に強いですからね。

 押し出せるクロスロードもHP回復できるクロウカットも、早々に狩りから外せるスキルではない。

 手っ取り早く強くするにはやはり地力を強くするのが一番。

 今後も育てるなら、エキスパート・シャープアイズあたりから育てることになると思います。

 補助スキルがやはり多いので攻撃スキルを上げるのは先になると思われます。

 

 使ってみた3つのスキルですが、一つ抜きんでているのはワイルドバルカン。

 メルセデスで「イシュタルのリング」(移動できないワイルドバルカン)を使った経験があるだけに、ワイルドバルカンの使い勝手の良さが良くわかります。

 狩りに使ってもよし、ボスに使ってもよしの万能スキル。

 ただ少し攻撃判定が遅いため、移動したまま密集地帯に攻撃すると撃破する前にモンスターと接触する可能性が。

 また、攻撃範囲が小さいのも難点。移動できるだけにその難点が一層際立ちます。

 まぁ、メルセデスの「イシュタルのリング」と違いができるのでいいでしょう。



 ソニックブラストは、先ほど言った通り大器晩成型スキル。

 最終的にクロウカットの上位互換(攻撃だけ)スキルになるんでしょうが、如何せんスキルレベルが低すぎて攻撃が弱い。

 攻撃速度の遅さもあって、即戦力として扱うのは無理でしょうね。

 
 フラッシュレインも、言ってしまえば見世物スキル。

 強いとは思うんだけどね…再使用待機時間があるから使い方が難しい。

 時々気分直しにドカーンと打つ程度かな?

 ほんと、超広範囲攻撃の価値って下がったよね(笑)

 
 メイプルストーリー


 さて、

 今後の活動予定について。

 とりあえず年内はワイルドハンターメインにしておいて(育成はしないけど)、年始からまた別の職業にしようかと思います。

 一応、候補としては、

①冒険家・シグナス……昔の職業でも楽しいことを教える
②バトルメイジ……開始1日で止まったファミリア中心育成
③エヴァン&デュアルブレイド……40Lv代でとまった物語(笑)の作成
④その他の職業……いい加減サイトを重点的に頑張る

 この4つのうちどれかになりそうです。

 現段階の考えは①かな…でも今後の現実予定によっていろいろ変わるかも。

 
 あと、①~④どれを選ぶにしてもサイト作成を1年間の目標にしたいと思う。

 この1年間で新職がドンドコ出てくる現状を知り、スキル情報などを載せるのは不可能と判断。

 そういうのに関してはwikiがあるしね。

 サイト作成方針を、

・基本的なコンテンツ情報
・豊富なSS
・当たり前と思われている情報を載せる

 この3つを中心にして頑張っていきたいと思います。

 
 職業に関しては…どうしようか?

 スキル情報を載せるのも不可能ではないが、おそらく新職の波について行けず古い職業の情報ばっかりになりそう。

 しかも、スキル情報って最近はちまちま変わるでしょ?

 スキル情報のような莫大な情報量を瞬間的に処理するなんて私には無理。

 4,5年たてば文字を打つスピードも3倍くらい早くなってできるかもしれませんが、現状はムリです。

 

 年末年始はサイト作成かな。

 ブログの方は……アシタスイッチ・スーパプレゼンテーション考察は更新していこうかと思います。

 メイプル関連はパッチ情報だけになるかも。

 そんな感じで年内はよろしくお願いします。

  


 






 

関連記事

メイプル大型パッチ「テンペスト」 Part24次転職の嵐が吹き荒れる!?



 さて、
 
 来週行われる大型パッチ「テンペスト」(イベント期間を見ると20日(木)のようです。)について、Part2です。


 今回の中心は「転職レベル」について。

 散歩路に、早く4次転職していることに驚いている描写があるため、転職レベルが下がると思われます。

 風のうわさによると、4次転職レベルが120から100になるとか?

 100から120までには20時間くらいかかるため、転職レベルが下がることは新規プレイヤーにとって大きいと思います。

 また、今あるシステム通りなら100Lvキャラクターカードで4次転職ができてしまうことに。

 4次まではほんとにチュートリアルっぽくなってしまいましたねぇ…

 まぁいいでしょう。

 冒険家


 他オンラインゲームと比べても育成速度は速い方であるメイプルストーリーが、さらに育成速度を速める…

 寿命を縮めるようにも見えますが、全体的に見ればプラスになるんじゃないかなぁと私個人は思っています。

 
 実際問題、4次転職をしている人というのは、比較的少ない。

 まぁ各職平均10万人はいますが、IDはその40倍あるわけです。

 各職総計して考えてもそんなに多くない。

 しかも、4次転職プレイヤーは大抵他の職業でも4次転職していますから、一つのIDに120超えが10個以上あるプレイヤーも結構いるはず。

 そうすると、4次まで行く前に挫折してしまうプレイヤーはやっぱりいると思うのです。

 経験上100Lv近くになるとLvUPまでの時間がぐんと上がってきて辛くなる。

 エクセル1

 グラフ的にも、70~100までが楽だっただけに100で挫折することもあった。

 もし100Lvで4次できるならば、さほど苦労もなく4次転職ができる。

 メイプルの本質は4次転職後にあるので、そこまで進んで欲しいというネクソンの計らいでしょう。

 いや実際のところは韓国ネクソンの受け売りなのでわかりませんがね(笑)


 初心者はとりあえず完成体4次まで進める。

 やりこみプレイヤーは200Lvまでガンガンやりこむ。

 うまい具合に初心者層・高レベル層が分かれるんじゃないでしょうか。



 
 ただ問題なのが、今現在メインであるワイルドハンターの状況。

 何とかしてパッチまでに4次したいなぁ…システムのおかげで時4次できたって展開は絶対に阻止します。



 

 
関連記事

大型パッチ「テンペスト」紹介 Part1新職の嵐が吹き荒れる!? 



 さて、

 昨日くらい…ですか。

 ついにやってきました、メイプル大型パッチ『テンペスト』…の告知。

 実際にあるのは1週間後ですので注意。


 テンペスト

 ティザーサイト→http://maplestory.nexon.co.jp/campaign/tempest/

 今回の約3か月にわたる(と思われる)大型パッチで、

・最後の英雄ルミナス
・嵐の守護者カイザー
・戦場のアイドルエンジェリックバスター


 という3つの新職業が実装されるそうです。

 散歩路を見ると、来週実装されるのはルミナス・カイザーと予想。


 ルミナスは、アラン・エヴァン等と続いた5英雄最後の魔法使い系英雄。

 元々は聖なる力のみで戦っていたが、暗黒の魔法使いを封印するときに闇の力が混じってしまう。

 元の聖なる力・闇の力2つの能力を駆使して復活する(公式PVを見る限り)。

 ルミナス


 
 カイザーは、竜の力を使って戦う戦士系職業。

 ライバル・マグナスと激戦を繰り広げた末に死んだと思われたが……?

 詳しい内容(出身・目的等)は不明。

 カイザー



 エンジェリックバスターは、……




 ……

 



 …






 …不明。

 ━━━○)´Д`)・:'. グハッ

 いやいや本当に。

 公式PV見てもただ変身してる姿しか分からないから、ストーリーすらわからない。

 セーラームーンかお前は。

 
 韓国から持ってきた職業なので、某サイトに行けば詳しく書いてあると思いますが、如何せんそっちは見ない主義なので全く分からない。

 言動も、

 「わぁ…」って言って、変身した後に

 「エンジェリックバスター・出動♪」

 ですからね?

 全く分からん。

 エンジェリックバスター

 画像から考えると、近未来から来た?という感じでしょうか。

 そういえばカイザーと背景色が同じなのでまた新しい括りなのかも。
 



 しかし2年前を思うと、こんな世界観をガンガンに広げる展開は予想できなかったでしょうねぇ。

 正直昔メイプルやっていた人が何かの拍子でPVを見たとしても、果たしてメイプルに結びつくか疑問…というか結びついた方がすごい。


 まぁ……いいでしょう。

 
 感性が古いんですよ。私はね。

 批判の方はと公式掲示板を見てみると、意外に新職を望む声が多かったりしますからね。

 カンナ以後のパッチに「代わり映えがしない」と落胆するプレイヤーもいたりします。

 
 なるほど…まさに超現役プレイヤーが望んでいた展開…でもあるのかなぁ。

 頑張って付いて行かないと。

 皆さんもがんばってください。

 

 
 今回のパッチ第一弾ではもう一つ大きなシステム変更がありますが、それは明日書くとしましょう。


関連記事

スーパープレゼンテーション考察E ~なぜ女性のリーダーはこんなに少ないのか


 今回のテーマ元動画

 Sheryl Sandberg: Why we have too few women leaders

 

 

 前回の記事→http://beginner3jg.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

 さて、今回もアンコールネタです。

 「女性のリーダー」という現在社会に関わる内容でありますので、まだ見ていない方は公式サイトの方から字幕付きでぜひ見ていただきたいと思います。

 前回これを取り上げたときは、女性が社会進出できない「理由」について個人的見解を書きました。

 今回は、どうすれば女性の更なる社会進出が望めるかという「方法」を中心に個人歴な考えを書いて行こうかと思います。


 
 まず、前回考察した記事の軽いまとめ。




 女性が出世できない問題点(青文字)とその解決策(オレンジ文字)

①消極的な態度
自分自身の成功に誇りを持つこと

②仕事より家庭に重視させる世間
夫婦でもっと協力し合うこと

③仕事に対する熱意の低下
仕事に積極的になること

 
 また、個人的な考えとして

・経済的立場が男性より低い
・過程に時間を割く割合が男性より高い
・女性はサポートする立場だった歴史


 これらも社会進出を阻む理由であると書きました。

 



 
 では、この状況から女性のリーダーを作っていくには何が必要なのか?

 その方法は、公式サイトでの考察にもあったように「教育」がカギを握っています。

 私たち人間の考えは、学校教育を通じて様々な形に変わっていきました。

 戦争をする…王様(天皇)を尊敬する…平等を求める…富国強兵……

 日本でも考えは二転三転してきましたが、その元にあるのは教育です。

 儒学を教えれば礼儀を大切にし、資本主義を教えれば利益を重視するようになり、平等を教えれば上下関係での礼儀が廃れるようになった。

 また、日本を占領したアメリカが真っ先に変えたのは、教育方針です。

 それだけ教育は国を変えるのに重要なことだと考えられます。

 支配


 
 で、女性の社会進出をさらにさせるためには、「知識を重視する」教育が大切だと考えています。

 「学歴社会」と言えばよくわかるかもしれません。

 現在、学歴社会は平等を失う悪い社会である、と一般的に考えられています。

 しかし、知識を重視することに変わりはありません。


 男性と女性……その間には多くの違いがありますが、唯一対等になれるのは頭脳です。

 もちろん男性はひらめきやすいなど、全く一緒というわけではありませんが、根源からの違いはありません。

 体格は当然違いますし、見た目もそれぞれ違いがある。

 体力も基本的に男性の方が女性よりあります。

 とすると、残るもので男女対等になれるものは頭脳…知識しかない。

 脳

 知識ならば、男性が常に女性より優れている(あるいはその逆である)事は有り得ません。

 男女関わらず、知識のあるものがリーダーになれる。

 つまり、知識を最優先する教育……そして社会に変えていけば、男女だけでなく年齢での差別もなくなるでしょう。(ちょっと高齢者の方が有利になるかも)

 


 また、そういう傾向に持って行ったとしても、生理的な考えが女性の出世を邪魔することが考えられます。

 異性が異性にに対する心情は複雑なものです。

 雰囲気・容姿・体格などなど……

 そういうものが絡んで、100%客観的に判断できることはできません。


 客観的に知識の有無を判断するには、人間以外の第三者…すなわちロボット(機械)が必要でしょう。

 ある程度の基準を持ってプログラミングすれば、男女間で差別されることはありません。

 まさかプログラミングする人が「容姿があれこれなので20%減点」なんて書くことはないでしょうしね(笑)

 ネットワーク

 

 結局、私個人としては、「今現在の社会」(ちょっと前の考えになるかも)を継続し続ければ男女平等になると思っています。

 すなわち、

①知識一番と考えさせる
②基準によって評価するロボットを作る


 この2つを続ければ、男女平等はいつか実現されるでしょう。

 
 ただ、私はこの方針に100%賛成というわけではありません

 男女が等しく評価されるには知識面での消化しかありませんが、それ以外での面で評価することも当然必要です。

 現に、知識を一番とする今の「学歴社会」によって、学校教育で学ぶこと以外の分野が切り捨てられています。

 だから、小中高大一貫して学歴社会に当てはめるのはなく、専門別に分かれさせた後(今で言うと大学頃)知識重視の教育をするのが一番だと思います。

 
 時間


 どちらにせよ、遠い先を見据えて考えるのが重要でしょうね。
 

 

 
関連記事

アシタスイッチ考察 ~周りからの支えあっての自分~


 さて、

 今回のゲストは、歌手・木村カエラさんと芸人・近藤春菜さん。

 夢を成功させた2人が、夢を成功させるまでの苦悩について語りました。


 分かれ道
 
 木村カエラさんの紹介
 近藤春菜さんの紹介

 

 まず、2人がその職業に就いた経緯について話は始まります。

 カエラさんは、もともと周りに流されない芯のある人で、その人柄から周りの人と揉め事になったことも少なくありません。

 「歌が好き」という幼少からの思いで歌手を目指しましたが、スカウトによって一時期モデルだったことも。

 そしてそのモデルを「歌手になる夢への一歩」と考え、ひたすら芸能関連の道を突き進んでいきました。


 カエラさんの母から芸能界を諦めるよう説得されたこともありましたが、

 「大学はずっとあるけど、今やりたいことは今しかない」
 
 と強く主張。相手もそれに根負けしたようです。
 
 

 カエラさんが夢をかなえられた理由は、

 「夢をずっと信じ続けてひたむきに努力をしてきたこと」
 
 だと思います。

①抱いた夢はかなうと信じ続ける
②その夢につながるための努力を真っ直ぐにする

 たった2つですが、続けることはかなり難しい。

 人間は育っていくにつれ現実を見て、自分の幼少に抱いた夢がいかに難しいのかを知ります。そこでほとんどの人は挫折してしまいます。

 彼女の夢も、最初はちっぽけな思いでした。でもその夢につながる何かを必死にやろうともがき続けた結果が今の地位なんだと思います。

 努力1

 対して、春菜さんは厳格な家庭で育ったおとなしい人。

 そのため性格は人見知りで、普通お笑い芸人に向いているとは考えられません。

 そんな彼女がお笑い芸人になろうと思わせたのは、ある一つの大きな思い。

 
 春菜さんは幼少の頃、体格などの印象からからかい程度の悪口を受けていました。

 ある日、そういう悪口にツッコミを入れたりして笑いに変えられれば、みんなハッピーになるのでは?と考え、その印象が強い芸人になろうと思ったのです。

 また、決心を親に伝える時、自分でも自信がなかったから紙に書いて、それでも涙がこぼれるほど緊張したとか。

 その決心を親に認められて、芸人への思いをさらに強めたと言います。


 
 きっかけはカエラさんとは性質が異なるものですが、強い思いが夢へとつなげたのは2人とも同じ。

 春菜さんの場合は、親の後押しも思いを強めた一因になっているので、やっぱり背景には家庭環境とかがあるのでしょう。

 親として、子供の思いを認めてあげるのも必要です。


 それにしても、女性って結構速いうちに将来が決まっている人が多いと思います。

 いやまぁMCの田辺さんではありませんが、男性の多くは遊ぶことで頭がいっぱいですよ(笑)

 ましてや小学生の頃に将来なんて全く見えません。

 そう考えると、女性は早いうちからしっかりしていてすごいですよねぇ。

 かかあ天下

 
 話は変わって、春菜さんの相方・箕輪はるかさんが入院した当時について。

 突然だったので不安もありましたが、「相方が戻ってこれる場所を消さないように」と頑張る気持ちになったと春菜さんは話します。

 それに反して、一人でやっていけると相方の居場所をなくしてしまう、という矛盾も心に抱えていたと言います。


 そして、一番彼女が心に感じたのは、相方をはじめとする周りからの支え
 
 自分の持ちネタがツッコミ系のため、相手からネタ(ボケ)を振られないと自身を発揮できない。

 周りにいるのは競争し合うライバル達。

 にもかかわらず、そのライバルたちは自分にネタを振ってくれて、その結果相方の退院まで生き残ることができた。

 春菜さんはそれを「周りに支えられた」「運が良かった」と言います。


 ですが、カエラさんはそんな受け身的な考えを否定します。

 彼女曰く、

 「周りが支えてくれているのは、自身がそれだけの魅力があるから」

 運とかそういう偶然に起こるものではなく、必然的に起こるものなんだと。

 努力②

 言い方は少し非情ですが、彼女なりの春菜さんに対するアドバイスなんでしょうね。



 未来の扉

 周りから支えられていることを知る……

 それが、明日につながるかもしれません。

 
 次回のゲストは麻生久美子×大泉洋。

 子育て関連の話になりそうです。


 
関連記事

呪術書取引を今の効率化とみるか将来のインフレ元とみるか

 


 この記事で紹介されている「『秘密の呪術書』取引」ですが、秘密の呪文書がパッチにより販売停止となりました。

 現在まだ呪術書⇒メルにはできますので、持っている人は早めに換金をお願いします。

 



 さて、

 前回紹介したプルレンジャーアンドロイドですが、

 なんとしゃべることが判明。

 MapleStory 2012-12-06 4

 いつもゲーム音楽を消して背景でラジオチャンネルを聞いているので、全く分かりませんでした;

 昨日ゲーム音楽を付けてログアウトし、今日ログインした第一声が…


 「こんにちは、ご主人様。お会いしたかったです(はぁと」

 
 えぇ、それはもう一瞬で堕ちましたy━━━○)´Д`)・:'. グハッ

 いろいろやってみると、

・ログイン時
・チャンネル切り替え時
・レベルアップ時
・マウスでクリック時

 に反応するようです。墓を落としたときはやってないのでそこらへんは自身でお願いします。


 へぇ~アンドロイドにまさかこんな機能があったとはねぇ。

 なんだろう…全部そうなのかな?それともこのプルレンジャーアンドロイドだけ?

 今回だけだとしたら随分と革新的な内容だと思います。

 今年の夏に実装されたハヤト・カンナと通ずるところがあるので、まぁやればできることなんですが、私には思いつきませんね。

 そんなかわいい(萌え?)ボイスのアンドロイドですが、従来のアンドロイドと同じく期限は1ヶ月。

 愛着をもって使いたいですねぇ。



 では本題の方です。

 最近、楓サーバー(他では確認していません)で「呪術書を使った取引」が流行っているようです。

 呪術書…というのはこれですね。

 MapleStory 2012-12-07 3

 この「秘密の呪術書」(以下呪術書)

 元は転職用アイテムで、1000万メルで手に入る店売りアイテム。

 今はルディブリアムのフリマ隣にある(←注意!!)「ミルゲル」という商人から買うことができます。

 MapleStory 2012-12-07 2

 ですが、近ごろのアップデートにより転職用アイテムとしての意味をなさなくなりました。

 その代わりに、リプレにいる「タタモ」という人物に呪術書を渡すと1000万メル帰ってくる……というシステムになっているようです。

 MapleStory 2012-12-07 1

 
 「呪術書取引」はいたって簡単な取引方法で、

 取引するときのメルが呪術書になるだけ。

 普通にアイテムとアイテムの交換になる感じですね。

 
 この取引を使う場合のメリットは、

・カンストメル(20億メル)以上価値のあるもの(最大90億110億メルまで)をメルで取引できる
 ※メルによる取引(20億)+呪術書による取引(90億)で110億メル
・メル取引よりたくさん高価値アイテムを売れるようになる
・無課金・MTS非利用者でも高価値の物が買えるようになる
・メルとしての手数料は一切かからない
・すぐに取引ができる
・RM(リアルマネー)を使った取引よりも安全性が高い



 また、デメリットは、

・カンストメル分以上を集める場合、いろいろめんどくさい
・呪術書をメルに換金するまでの過程がめんどくさい
・販売者は呪術書を持っている人しか対象にできない
・呪術書の存在自体が結構グレーっぽいので、パッチで消えるなどの可能性がある
・露店取引・MTS取引ができない
・1000万メル単位でしか価格調整ができない


 
 メリットとしては「カンストメル以上のものを取引できる」

 デメリットとしては「露店取引・MTS取引ができない」「メルに還元するときが面倒」

 というのがポイントでしょうか。

 私としては、無課金がさらに高価値の物を買えるようになることはオンラインゲームとして良い傾向、と思います。

 この「呪術書取引」、無課金者も課金者もぜひ使っていただきたい。

 まぁ私は万年貧乏なんで無理なんですがね……
  

 金



 ところでこの呪術書取引、今現在は全く問題ないシステムなんですが、将来的にみると結構危険性を持っています。

 というのは、この取引になると取引による手数料がなくなるから。


 そもそも、メルは毎日大量に作られているのになぜメルのインフレが緩やかなのか?
 
 それは、生産量と同じ量のメルを運営が回収しているからです。

 NPCによる商店…タクシー代…倉庫の手数料…取引時の手数料など……

 これらによる回収量と生産量が一致しているから、メルはインフレしないでいられるのです。(今はちょっと生産量の方が多いですが)


 そして、この回収量の大半を占めているのは取引時の手数料です。

 少ない金額での取引だとあまり実感できませんが、億単位の取引になると何千万ものメルが手数料としてネクソンに回収される。

 そんなレベルの取引が何度も行われれば当然回収メルも莫大な量になる。

 ですが……
 
 この取引手数料が、呪術書取引によって0になる。

 

 つまり、

 このまま呪術書取引が浸透すれば、メルの生産量が回収量をはるかに上回り、メルの量が増える。

 みんなが呪術書を持っているうちはいいでしょう。

 しかし、ある日突然多くのプレイヤーが積もりに積もった大量の呪術書をメルに換金すれば……


 メイプル史上1.2を争う大きなインフレが起こる

 爆発


 あくまで呪術書取引が浸透すればの話ですが、ないともいい切れない。
 
 まぁ対策としてはいくらでもあるので個人としては楽観的な目で見ております。

 適当に考えるだけでも、

・呪術書を換金したときに入るメルを少し減らす
・呪術書を貨幣として交換所を作る
・呪術書を交換不可にする
・NEXON「あ;バグだったごめんね^^」→呪術書消去

 と色々考える来ますからね。

 もしやるなら。前の2つが最も効果的でしょうか。

 3番目はメル還元の引き金になる恐れがあるし、4番目は超過激な批判を喰らう恐れがある。




 何にしても、起こる可能性はあるわけなので一応の警告です。

 呪術書取引は、簡単かつ安全で取引の視野がさらに広がるものではありますが……



 ご利用は、計画的に。

  
 計画しよう

関連記事

遂に大台へ突入。イベント様々だなぁ



 さて、

 しばらく…1週間ぐらいでしょうか?

 そのくらいメイプル記事を書いていませんでしたが、育成の方はだいぶ進んでついに110Lvを突破し114Lvへ。

 MapleStory 2012-12-06 4

 今までの中ではまれにみる超育成期だったと思います。

 大きく時間が取れたのもあると思いますが、やはり一番の要因はイベント。

 上のSSを見た通り、ほぼイベント装備(アンドロイドはイベントでくれた攻撃力+0のもの)です(笑)

 特にアンドロイドは貴重。普通に得ようとすると何千万メルもいりますからね…普通のアンドロイドと縁があることはほとんどないでしょう。


 プルレンジャー装備…改変記念武器…改変記念指輪…プルレンジャーアンドロイド…

 この2カ月で得られる装備ばっかりでちょっと悲しいですが、まぁこれからはいるであろう新規プレイヤーにとっては良い傾向だと思います。

 なにせ、はじめてすぐの人でも2か月かけてイベント装備をそろえれば、~120Lvでなら高レベルの火力を得られるわけですからね。

 言ってしまえば2年3年かけて育てた中堅プレイヤーよりも、パッと出からイベント装備を整えたプレイヤーの方が強くなる。

 今の私みたいにね(笑)

 それ以降のレベル帯はいろいろ時間がかかりそうなので何も言えませんが、根本は変わらないと思います。

 
 この方向は、たくさんキャラを作れるようになった今のメイプルだからこそできる方向。

 1年(短い人は半年以下)ぐらいで1つのキャラを満喫し、キャラを変えてまた1年楽しむ。

 今のパッチで実装された「試練の塔」システムは、闘うための準備が面倒なので散々な評判でしたが、視点を変えれば短期間で楽しむ時代を受け入れているともいえます。

 

 MapleStory 2012-12-06 3

 話が壮大にずれましたので戻します。えーLvが上がった話ね。

 
 SSの背景を見ればわかる通り、狩場の方も一転。

 と言っても絶賛過疎中の師子王の塔ですがね。
 
 向こうから勝手に攻撃してくるモンスター・特殊攻撃とまぁモンスターに関しては微妙ですが、意外や意外、狩場事態に関してはそんなに悪くない。

 狩場としては本当理想の狩場と言っていいくらい整っている。

 MapleStory 2012-12-06 5

 見てくださいこの綺麗な3段構成。

 今はモンスターのレベルが高いので効率はあれですが、もう少しレベルが上がれば主な狩場にできる感じ。

 
 
 こうやって狩場が広がるのも、全ては火力…しいてはイベント(装備)のおかげですよ。
 
 ほんと、イベント様々。

 なんかねぇ…上にポンと置いたSSの場所も、行くのに難しいクエストをこなさなければならなく、今まで未開の地だったわけです。
 
 そのクエストがもう辛くて辛くて……

 内容はある番人的なモンスター4~5匹を10分以内に倒すクエストですが、こいつのHPが相当高い。

 ウィキによると、1匹1000万HPあるとのこと。

 これを10分ですから相当難しいクエストですよ。

 これまでメカニック・メルセデスで挑んでみたものの失敗しており、イベント装備ガッチガチのワイルドハンターでやっと成功。

 MapleStory 2012-12-06 1

 本当に本当にイベント(装備)様々です。

 この調子で行けば何とか年内には4次転職できそうです。



 今日はオチなかった…_| ̄|○

 

 
 
関連記事

スーパープレゼンテーション考察E ~マジックと話術の本質~

 

 さて、

 今回のスーパープレゼンテーションはアンコール版。

 つまり、一回放映したことのあるプレゼン内容です。

 来週もアンコール版になっているので、最近見始めた人はぜひこの機会に見ていただきたいと思います。

 
 ただ、考察者としては困りもの。

 だって、すでに考察をしているわけですからね。

 その時の考察記事→http://beginner3jg.blog.fc2.com/blog-entry-340.html

 幸い、今回のスーパープレゼンテーションはついでとしてもう一つ動画を紹介しています。

 記事の方でも書くと言ってありましたので、今回はそっちについて紹介しようかと。

 考察タイトルも、「E」(アンコールのE)を付けて、すでに考察した視点とは違う風に考察していく予定です。


 それでは、本題へどうぞ。

 
 テーマ元動画
 
 Marco Tempest: The magic of truth and lies (and iPods)

 


 というわけで、番外編として紹介されたこの動画のテーマは、「嘘」

 嘘と聞くと悪いイメージが浮かびそうですが、日常生活にあふれています。

 様々なメディアを考えれば、少なからず嘘が含まれているのは分かるでしょう。

 
 ですが、嘘というのは人間関係を潤滑に過ごすために欠かせない存在です。

 お世辞・とりあえずの答え・感謝の気持ちなどなど……
 
 必ずしも嘘であるとは言えませんが、嘘である場合がほとんど。

 もしもこの嘘を嫌って自分の思い通りに発言したら、きっと周りからは嫌われ人間関係は崩れてしまうでしょう。

 嘘

 また、競争でも嘘は欠かせません。

 進んだと見せかけて退き、退いたと見せかけて進む……

 戦争は嘘と騙し合いのあふれる場です。

 古来から人々は、嘘をつき相手をだますことで、人を出し抜き利益を得てきたのです。

 


 人間は「嘘をつく生物」である、と称された生き物ですが、

 嘘は相手にだけではなく自分にもつきます。

 物事を自分の都合のいいように解釈し、作り変えてしまう。

 だから、テレビ・映画・小説・音楽などを見て(聞いて)私たちは感動できるのです。

 仮想の話であるにも関わらず、さも実際にあったかのような感情を抱ける。

 
 そして、それは「人間が絶望せずにいられる」理由にもなります。

 環境破壊・資源枯渇・財政恐慌の危機を迎えている現代社会ですが、人々の奥底には「何とかなるだろう」という嘘(思い)があるから。

 自分だけは大丈夫だろう・まだ大丈夫だろう……

 いつ起こるかわからない不安に対してそういう楽観的な嘘をつけるからこそ、人間は楽しく生きていけるのです。

 絶望


 ただ、最近は人生に絶望して自殺する人が増えています。

 それは、嘘が崩れ正直に直面せざるを得ない社会になったからじゃないでしょうか。

 情報にあふれ、嘘もあふれていく中で、その嘘が暴かれる様子もあふれるようになった。

 つまり、今の人々は疑心暗鬼にあふれている。

 嘘を嘘として楽観的に受けとめられない世の中になった。


 情報社会になったのとは別に、全ての嘘を悪いイメージとしてとらえる傾向になったのも、絶望する人間の増えたひとつの原因ですかね。

 嘘を嘘と見抜くための方法がネット上でもあふれていますが、小説などを読んで物事をすんなり受け止められるようにするのも必要かもしれません。

 でもまぁ嘘にあふれる時代でもありますからね……う~ん。

 要はバランスだと思います。



 
関連記事

アシタスイッチ考察 ~何事にも感謝の気持ちを持つ~


 さて、

 今回のゲストは、女プロレスラー・北斗晶さんとタレント・矢口真里さん。

 2人とも既婚の女性であり、また…

 「女性の園」を体験された方でもあります。

 その厳しい「女性の園」で培った精神について、そして妻としての在り方について語りました。


 分かれ道

 北斗晶さんの紹介
 矢口真里さんの紹介



 2人が今の職業を目指したのは、15歳のとき。理想のイメージを抱えて進むことになりました。

 しかし、現実は非情。

 理想に描いていた印象は砕け散った上に、上下関係が厳しく四苦八苦。

 プロレスラーもタレントも、テレビでは華やか・豪胆な姿しか映らないためそのような印象は特に強かったのでしょう。


 その関係を体験した北斗さん曰く、

 「先輩が白と言ったら何色だろうと白」

 という生活だったとのこと。

 つまり、いくら間違っていようと先輩の言うことは正しいと考えなければいけない。反抗したらびんただったんでしょうね…多分。

 対して矢口さんは、上下関係によって兄弟のように親密になれる、と良さを語ります。
 

 上下関係よりも、寮生活・集団生活の長さが結構影響しているかもしれません。学校部活での上下関係というのは、下級生を束縛するものになってますからね。

 野球部とか寮生活だと、今でも上下関係のあるところは少なくありませんが、それは一緒に過ごす時間が長いからだと思います。

 むしろ、親密感を得るよりも他人に対する「礼儀」を得ることに、上下関係の意味があるんじゃないでしょうか。

 上下関係の有無によるかはわかりませんが、現在他人に対しての礼儀が失われつつあるのは確かです。


 お辞儀


 そうした上下関係による悲劇から、北斗さんは独自の哲学を持つようになりました。

 成し遂げることで、その物事に感謝ができる

 逆に言うと、成し遂げられなかった…それを中途半端に辞めた者はそれに感謝ができない、と。

 そして、文句を言う奴は負け犬である。

 

 物事を体験したことのある人っていつも2種類の人間がいると思います。

 すなわち、

 やってよかったと言える人

 やらなければよかったと文句を言う人

 まぁ、普通です。前者は努力が実った人、後者は努力が実らなかった人。

 今の効率社会で言うと「努力が無駄になった」というわけなので、そう考えるのも無理はありません。

 
 ですが、それを考えても今の社会には批判があふれています。特にゲーム関連。

 ネットが普及して怨嗟の声が出やすくなったのもありますが、加えて「世界が広くなった」のもあると思います。
 
 人間の欲望は常に尽きないもので、常に上へ上へと目指し続ける。

 昔は視野が狭かった(クラブ内とか周りの中ではとか)ので満足するハードルが低かったのですが、テレビが生まれ通信技術が広がり、視野が世界へと大きく広がった。

 スポーツひとつをとっても、友達に勝てばその集団、集団で一位なら市で一位、市なら県、国、そして世界……

 もはや果てしない人数によるトーナメントとなっているのです。
 
 その中で一位になれるのはほんの数人…満足しない人であふれるのも当然。

 スパイラル

 しかも、ゲーム(特にオンライン)に関しては、一瞬一瞬で勝ち負けが逆転する。つまり一位は存在しない。

 一位を取らないと満足できない人にとって、ゲームで満足するのは不可能でしょうね。

 人間どこかで妥協しないといけないときがあるのですが、私も何か得てから感謝して辞められるようにしたいものです。

 


 話は変わって、妻のあり方について。

 北斗さん曰く、「妻が夫を尻に敷いている方がうまくいく」とのこと(笑)

 ですが、話を聞く限りやはりなんだかんだで支え合っている夫婦。

 夫(妻)が追い詰められないようにこっそりと支え合う夫婦が、理想の夫婦なんでしょうね。


 未来の扉

 何事にも感謝の気持ちを持つ……

 それが、明日につながるのかもしれません。


 次回のゲストは木村カエラ×近藤春菜。

 放送時間がいつもと違って深夜0時からなので注意。

 共通点は……


 …


 髪型?

 ━━━○)´Д`)・:'. シツレイ!!

関連記事

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。