2014-03

Latest Entries

エリン森のクエストがうまい…そして感じた「できるだけ」の不思議




 さて、

 ログイン自体が滞っている今日この頃ですが、できるだけログインした日にガツンと育成するようにして現在Lv96。

 クエストの場も、武陵からいよいよエリン森へと移ります。

 MAPLESTORY 2014-03-31 1

 
 ここらへんになってくると、レベル100も間近だなぁと感じてきます。

 エリン森のテーマダンジョンがLv95からできるので、クエストに従って育成している人は意外とこのエリン森でレベル100を迎えるのではないでしょうか。

 あとは、白草村の外れにあるデイビーゾーンのアジトとかでしょうか。

 クルーとかマスタークルーとかがいるあそこですね。

 ちょっと102,105とレベルが高めなので命中しにくくてきついですが、装備を整えて高火力でカバーできればいい経験値効率を得られるところ。

 個人的には普通のマップじゃなくてミニダンジョンの方がおすすめ。

 狭い、たくさん湧く、平坦と良狩場の三ステップを満たしているだけあってかなりの効率です。

 確かルミナスを育成していたころでしたかね?4次スキルにあった超広範囲攻撃スキルのおかげもあってかなりの育成スピードをだったと思います。

 ただ町からちょっと遠めの場所にあるので、今回のビーストテイマーでは一度も行くことがありませんでした。

 というか、クエストでビュンビュン飛ばされるからクエストに関係ないところは一切いかないのよね(笑)

 まぁストーリーに関係ないデイビーゾーンよりは関係あるエリン森の方が優遇されるよね…そりゃ。



 
 MAPLESTORY 2014-03-31 2


 そんなわけでエリン森。

 エリン森は古参からするとあまりテーマダンジョンという気がしませんが、立派なストーリーがあります。

 ここに来た冒険者は、村人から「カオ」という謎の人に間違えられるところから物語スタート。

 で、その「カオ」という人に成りすまし?ながら村の悩みや試練を解決していくストーリー。

 カオさんの正体はこのストーリーの中で判明せず、150LVくらいに受ける別クエストの間に次第に分かっていくという伏線系。

 実は160Lv位にならないと謎がすべて解明しないから、このカオとやらがどんな存在なのかは私知らないんですよね(笑)

 今までの最高レベルが150ですからね……真相解明の前に新キャラへ移っちゃうっていう。

 
 エリン森には、悩み解決の表ストーリーとともにそんな不思議な裏ストーリーが潜んでいます。

 


 まぁそんなストーリーなど微塵も知らなくていい。

 問題はクエストよ、クエスト。

 クエストがないとモチベーションが保てなくて死ぬ。

 
 だがご安心あれ。

 このエリン森のクエスト、他の街に比べてかなりうまい。

 別に報酬がいいというわけではなくて、単にクエストの数とか内容のボリュームとかがたっぷりあるってだけね。


 クエストその1は、テーマダンジョンのクエスト

 どの職業でもできるクエストで、毎回レベルに合った報酬経験値(大体5%~10%くらい)をもらえる。

 しかもクエストの内容も「○○を××個集めろ」というものが多く、かなりの狩りを強いられるものばかり。

 最終的にもらえる報酬の勲章も一般勲章ではトップレベルの強さ。ボスからもらえる指輪もグッド。

 クエスト報酬+狩りの経験値でかなりおいしいと言えるクエストではなかろうか。

 ここで気になるのは、森のオーラクエスト。

 MAPLESTORY 2014-03-31 3

 このクエストがかなりきつい。

 上のSSで表示されている「森のオーラ」を50個集めろという内容だが、このオーラがなかなか出てこない。

 10匹くらい倒して出てくるかと思えば、100匹倒しても出てこないことがある。

 つまりは結構ドロップ率に違いのあるETCだ。

 集めようと思えば少なくとも1000匹以上は狩ることを強いられるが、その分狩りの経験値もがっぽり入る。

 1000匹……おそらく1レベルアップに十分な狩り量ではなかろうか。

 1個のクエストでかなりの経験値を得られる計算になり、エリン森の狩りを保つためとしては有効なクエストと言える。

 50個たまった瞬間に全部捨てて狩りのモチベーションを無理やり保たせる手もアリ。



 クエストその2はビーストテイマー専用クエスト

 報酬はどうなっているのか知らないが5個ある。

 いずれもテーマダンジョンをすべてクリアすると達成できるもの。

 100LVという適正レベルからして、1個のクエストで数十万の経験値がもらえることは間違いなし。

 それが5個もあるんだから……一気にレベルアップしちゃうかも!?うひょひょ。

 ボスがかなり強いので後回しになってしまう可能性もあるが、今後のクエストのためにもぜひクリアしておきたい。


 MAPLESTORY 2014-03-31 4

 
 クエスト3つ目は、一般クエスト

 いろいろとクエストがあるエリン森だが、その中にストーリーとは関係ないものも交じっている。

 エリン森はもともと一般マップだったのだが、その名残が残っているようだ。

 なぜか低レベルからできるし報酬もあまりすごいわけではない。

 だが、他のとは一線を超える難易度(というか面倒さ?)を持っている。

 先ほど言った2種類のクエストでは求められるアイテムの数が100~200個ぐらいだが、こっちのクエストはそれ以上。

 さっき見た感じでは300個要求とかあったような気がする。

 狩りの目的を作るには結構な数値と言えよう。


 
 そして、イベントクエスト

 博物館クエスト、ラッキーメイポンクエスト、うそつきクエスト。

 これら全部をやればモチベーションを保ちつつレベルもガンガンあげられるでしょう。

 

 
 

 しかし、これらをも超える、素晴らしい鬼畜クエストがある。

 そのクエストはエリン森じゃなくて白草村にあるもの……

 これだ。


 MAPLESTORY 2014-03-31 5

 

 内容は、ETCを集めてくるという単純なもの。

 しかし、今までのクエストと根本的に違うのは

 「出来る限り持って来い」
 
 という1文。

 できるだけ……ってのは一体いくつなのか?

 2個?200個?2000個?20000個?

 一応私は2個と1000個を持っていった記憶があるのだが、

 2個の方では露骨にがっかりされ、1000個ではまあまあだなといけ好かない発言。

 2個でがっかりはまだわかるが、1000個でまあまあはないだろう。

 100個集めるだけで30分かかったのに、1000個集めるのにどれだけかかったと思っているんだ。



 むかつく。

 本当にむかつく。

 夕食のメニューを聞いたとき「なんでもいい」と答えつつ、実際作るときになって「え~なんでこのメニューなの!?」と言われた時ぐらいにむかつく。

 

 「出来る限りとはいくつなのか。」




 その問いの答えを見つけるためにキキョウ仙人を狩るのもアリかもしれない。




関連記事

今後の予定と楽勝過ぎるイベントの裏には素晴らしい配慮




 さて、

 引越しの手続きやらなんやらで、ブログに手を付けるエネルギーがあまりでてこない今日この頃。

 エネルギーです。エネルギー。時間じゃなくてね。

 やっぱりブログに一番大事なのはエネルギーよ。

 たとえ24時間時間があってもね、エネルギーがないとあまりキーボードが進まなかったりブログ開くまでが億劫になる。

 そりゃもちろん読者のために毎日欠かさず記事は書いていきたい。

 受験と引っ越しとあって、更新頻度の少なさに関しては本当に申し訳ありません。

 下宿してしばらく経てば心に余裕も持てると思いますので、ブログの更新も増えていくと思います。

 MAPLESTORY 2014-03-24 1
 
 メイプルに関してですが、私としてはやめる予定一切ありません。

 ていうか大学って一番時間のある時期なんでしょ?

 そんなときに時間ガー時間ガーなんて有り得ない。もしもなかったら作る。

 ブログの更新も週3~5くらいになるよう頑張っていきたいですね。

 ただ、下宿先にインターネットの開通するのが4月の中旬になるので、ちょっと4月からその間までブログの更新ができなくなると思います。

 とうぜんメイプルも無理です。

 その後からビーストテイマーをチョコチョコ育成していこうかと思います。

 
 それから新職についてですが、

 正直もう付いて行けません。別に付いて行く必要は全くないんですけど(笑)

 カイザーが出たらカイザー、ビーストテイマーが出たらビーストテイマーと新職をやっていました。

 が、今後はこれで打ち切り。

 これ以上新しい職業を作成することはありません。

 新職を作るのは、「1日でゼノン200LVになりますた^^」って人で十分。
 
 150Lv以上を対象にした高レベルコンテンツが次々と作られていく中、目先の新職につられて低レベルの部分ばかり楽しんでいては真のメイプルを楽しめない。

 今の私が新職に付いて行こうとすると、どうあがいても1キャラを150Lvにする間に新職が5つくらい出ている。

 これではプレイヤーにとっても運営にとっても利益がない。

 言っておきたいのは、メイプルの新職に魅力がなくなったから新キャラ作りをやめるのではなく、メイプルをもっと楽しむために今後実装されるだろう職業からいったん手を引くのだということ。

 ビーストテイマーをはじめ、ゼロ・カイザー・ルミナスと最近出てきた多くの職業には魅力があるということ。

 
 
 だから、今は目先の欲につられず堅実にコツコツとLv200まで育成を……




 ん?


 新職含めて全部LV200になっちゃった人はどうすればいいのか?だって?


 そりゃさ……カンスト(LV250)目指すとか、勲章取るとかいろいろあるでしょ?


 ない?


 ならキャラを活かして攻略サイト作るとか……LV200作るより面倒だからいや?




 じゃあ私の所へ来て経験値を吸わせt━━━○)´Д`)・:'. グハッ



 



 

 
 さて、

 経験値はほとんどクエストから吸っている私のビーストテイマーだが、

 コツコツと育成を進めて現在Lv93.

 専用クエストで得られる経験値にもそろそろ限界が見え始めてきたころであります。


 MAPLESTORY 2014-03-28 1

 
 クエストだけをホイホイやっていると、レベルの高いモンスターに出くわすと言うね。

 今白草村でクエストをやっているんですが、Lv96のキキョウ仙人?がきついのなんの。

 HPは高いし命中率の関係でMISSは出るし、狩るのにも時間がかかる。

 しかもキキョウ系の出てくるマップってあまり形がよくない(スキルでは上の段に上がれない)上に湧く数も少ない。

 専用クエストの中でトップクラスの難しさ(面倒さ)をもつクエストです。

 
 で、専用クエストだけじゃ経験値が足りないから、イベントクエストと一般クエストが補う。

 一般クエストに関しては、まぁ町に入ったら村人全員に話しかけとけばいいんですよ。

 ドラクエでも鉄板の法則です。

 クエストを受けたらあとは専用クエストと内容が被るときに専用クエストの分と一般クエストの分の両方を集めるだけ。

 狩場を移動する手間も省けるし報酬経験値はもらえるしで一石二鳥。

 意外と、この狩場の移動時間がネックなんですよ。

 街に帰るときは帰還の書で一発ですが、街から狩場に向かう際はどうしても時間がかかる。
 
 鷹スキルを持っているからまだいいものの、持っていないほとんどのプレイヤーは狩場の移動に時間を取られる。

 当然エネルギーも使う。

 そう考えると一石三鳥……五鳥くらいまで行くか?

 クエストが多い最近のメイプルではかなり重宝する裏技です。

 MAPLESTORY 2014-03-28 3


 あとはイベントクエスト。

 これがもう糞簡単。

 半分寝ながらやっていても10分くらいで出来ちゃうくらい簡単。

 まずは博物館クエスト。

 普通なら敵が落とすアイテムを集めコンプする必要がある面倒なものなんですが、時折手に入る「コレクション王の遺品」ですべて解決。

 MAPLESTORY 2014-03-28 2

 こいつは、簡単にいうと1回使うだけでアイテムが集まった状態になるというチートアイテム。

 まともにやると数十分かかる作業が一瞬で終わる。

 このアイテムがチートと言える所以はこれだけではない。

 なんとこの「コレクション王の遺品」は結構な頻度で手に入る。

 経験から行くと、1日分やる間に4~5個手に入る感じ。1日分がコンプ9回だからその半分を手に入れたも同然。

 値切りに値切りまくるジャパネットたかた並にチート。


 それだけではありません。

 普通イベントアイテム……しかもこんな便利なアイテムには1日の間だけとか期間があるはず。

 あってしかるべき。

 しかし驚くことに、このアイテムには期間が存在しないのです。イベントが終わるまでずっと持っていられる。

 とするとですね?

 この箱の使い方があなたのイベントを大きく左右するわけですよ。

 皆さんには、仕事があったり学校があったり塾があったり、思うように時間が取れない日があるはず。

 同じように、メイプルに時間をたっぷり使える日もあるはず。

 普通なら、忙しい日はクエストをクリアできないし、休みの日はクエストを早く終わってしまい暇になる。

 しかしこの箱を使えば、忙しい日は箱を使って一瞬でクエストを終わらせ、休みの日は箱を使わずじっくりやって箱を貯められる。

 

 なんという優しさでしょう。

 
 なんという配慮。



 なんという神運営。
 




 そういえば今はもう1つイベントがありましたね。

 毎日1回あるクエストをクリアすることで専用メイポンのチケットがもらえるイベントです。

 潜在能力書や期限付きアバターなどをもらえるようです。

 神運営のネクソンならば、きっとセンスあるアバターアイテムを用意してくれているに違いない。

 フッフッフ……いざ、メイッポン!!



 ガラガラガラ……ポン。



 アバター!!

 中身はどうでもいい、いいから装備だ!!




 ……スポッ










 ……













 MAPLESTORY 2014-03-28 4



 ……



 

 運営がセンスないのか私がセンスないのかどっちだろう。








 
関連記事

スーパープレゼンテーション考察E ~条件を増やせば理想に近くなる~


 


 毎週月曜夜11時から放送されていた「スーパープレゼンテーション」が、

 4月より毎週水曜夜10時放送(Eテレ2ch)に変わります。

 4月から録画等間違えることのないようお願いします。

 次回のスーパープレゼンテーションは4月2日水曜日の夜10時から。

 



 今回のテーマ動画

 Amy Webb:How I hacked online dating

 訳:『どのようにしてオンライン出逢いサイトを改善したか』

 動画リンク

 ハート



 


 プレゼンのまとめ

 
 プレゼン者……ITコンサルタント・エイミー・ウェブ氏

 テーマ……自分の理想に合った結婚相手を婚活サイトで探す術

▲理想の結婚相手に出会う難しさ
 
 都市に住んでいる人々を100%とすると、
 (異性50%)×(同じ年齢帯4%)×(同じ人種1~30%)×(同じ好み5%)=0.002~0.06%
―――→100万人中2~60人しかいない

 1日1人新しい人に出会っても結婚相手を見つけるのは絶望的

▲出会いサイトの発見と失敗

①自分のプロフィールと写真を載せて登録をする
②プロフィールに趣味や性格などを書き込み、写真と一緒に載せる
③自分好みの性格や趣味などの条件を打ち込む

 問題点……そもそも相手が自分に魅力を持ってくれない、理想との違い
―――→条件の範囲を具体的にすることに

▲条件の改善

~外向きの改善~

 行動の習性にはいくつかの傾向がある
―――→行動やしぐさを分析、根本となる習性をもたない人を条件にしていけば理想の相手が見つかる!?
―――→条件にポイントを付けて求める男性の基準をはっきりさせる

 また、プロフィールにある特徴から傾向をつかむ

~内向きの改善~

 自分を魅力的に見せる……魅力的のある表現、露出度の高い写真、人気女性のプロフィールを分析


 結果:デートの申し込み殺到、理想の男性と結婚








 さて、

 今期のアンコールネタ第2弾です。

 来週からはまた新しいプレゼンを考察していきますのでそのつもりで。

 結婚


 で、今回ここで考えていくテーマは「一般過程の逆を行く」

 もちろん逆を行っても最終的には正しい……というか説得力のあるオチを付けなければならない。

 今回の場合、テーマは婚活です。

 婚活…すなわち結婚。

 普通の人ならば結婚を考える時、理屈や数字のことはあまり考えず感情を重視するはず。

 理屈や数字を考える人も最近は多くなっていますが、大ぜいに向かってあまりその方針を公開しないでしょ?

 自分に近づいてくる異性が財産や年収目当てと分かったら、ほとんどの人はいい印象を抱かない。

 だから何はともあれ「恋愛は感情」と言っておく。

 本音は違っていてもね。

 
 しかし、エイミー氏のプレゼンではこの考えを真っ向から否定する主張。

 すなわち「恋愛は分析と検索」

 魅力ある人の分析をして自分もそのように見せ、理想とする相手を条件付きで次々と絞っていく。

 必要だったら条件にポイントまで付けて総合点数まで付けちゃう。

 その過程において「一目ぼれ」といった感情的部分は全くない。

 理想の相手を見つけてもちょっと会ってみて本当にいいのか確かめることはありますが、とりあえず分析と検索が第一。

 昔はインターネットで数万人以上の人とお見合いをするなんて状況がなかったから、厳しい条件を付けて点数を付ける事はしなかったでしょう。



 今までの考えとは真逆です。

 でもそれがプレゼンの光る部分となり個性となる。

 死兆星



 で、重要なのが「結果は同じ」という部分。

 分析を検索を第一に考えて結婚相手探しに失敗した、じゃあ何の意味もない。

 発想を逆転してみたにもかかわらず今までと同じように成功した、になるから意味があるのです。


 似たような話でダイエットがあります。

 50年以上も前から日本に存在し、今も存在し続けている珍しい存在。

 今までどれだけの出版社と商品がダイエットに関わってきたことか。

 ダイエットの一般的な方法で知られるのは2つ。

 1つ、食事の量を減らして栄養バランスの整った食生活を心がける。

 2つ、毎日欠かさず適度な運動をする。

 正論です、正論。1000人に聞いて1000人が「この方法なら必ずダイエットが成功する」と言うでしょう。

 でもこれじゃあやる方は満足しない。

 食べたいものを我慢して食べずにいるのは相当の苦痛だし、運動に休む時間を割くのも嫌。

 確かに正しいんだけれども過程が難しいわけです。


 そこで登場するのが、世間にあふれた珍妙ダイエット療法。

 ○○を毎日するだけでいい、家で寝転がりながら△△という運動をすればいい……

 今では、たくさん食べて痩せるとか寝転がって痩せるといった方法もあります。

 これこそまさに「一般過程の逆を行く」方法。

 食べる量を制限するという一般に反してたくさん食べる。

 運動するという一般に反して寝転がる。

 それでもって結果は"痩せる"という一般的方法と変わらない部分に着地する。

 あとは、逆を行ってどうして同じ結論に達するのかという根拠や理論を書き連ねていくだけ。

 食べて痩せる


 一般常識の「逆」を行くだけでほとんどの分野において個性は作れてしまうものなのです。






 
 じゃあブログでも個性を作れるかというとそんなに甘くない。

 まず、ブログには一般常識がありませんからね(笑)

 短く書いてもいいし長く書いてもいい。写真を載せてもいいし載せなくてもいい。

 情報系でもいいしつらつらと自分のことを書いていくだけでもいい。

 分野も何を書いたって構わない。

 どっちに転んでも一般常識になるから逆などない。

 そういう意味では、ブログで個性を作るのってものすごく難しいんです。

 その証拠に、「ブログ 個性づくり」で検索するとそんな方法をビシッと書いたサイトなんて1つもない。

 書いてあっても何となくちぐはぐというか曖昧な表現ばかり。

 「ブログの個性を作る方法」なんて本があったら欲しいものですけどねぇ。難易度MAXですが。

 

 そうですねぇ。

 個人的に「ブログの個性を作る方法」で言えるとしたら、扱う分野を2つ以上持つことでしょうね。

 かくいう私のブログの個性は、「メイプルストーリーとEテレ」ですね。

 素晴らしいことに、「メイプルストーリー Eテレ」と検索を入れると私のブログが第1ページに載っている。

 すごいでしょう?

 「メイプルストーリー」で調べても数多のブログに埋もれてしまう。

 「Eテレ」で調べても数多のサイトに埋もれてしまう。

 辛うじて「スーパープレゼンテーション」で第3ページに載るくらいです。

 でも検索結果の次のページなんて見ないでしょう?

 だからどういう検索であれ第1ページに載れることはすごいこと。

 グーグル
 

 この検索なら第1ページに載れることがブログの個性だと思います。

 どうやって第1ページに載るかって言ったら……

 それこそ、1つの趣味と逆の存在であるような趣味を同時に載せるしかないかと。

 ゲームと教養、ほんわかと殺伐、海と山などなど……

 この趣味を持っていたら絶対あの趣味は持たないだろう、という趣味を載せてみるのがポイント。



 

 とにかくまずは逆を行ってみる。




 
 Thank you.








 
関連記事

怒涛の土日と鷹さんのありえない弱さに辛くなる



 さて、

 ここ数日の忙しさがやばい。


 最近の受験戦争も終わりを告げ、大学の近くに下宿するため現地へと赴く日々。

 電車に1時間乗り、手続きやら下宿先の訪問やらなんやらで丸1日つぶれる。

 まぁ電車はいいんだけれども手続きの書類がここ2日で10枚近くある……

 経験とかも皆無に近いからマッハでストレスが貯まっていきます。

 また、下宿するために必要な家電製品や生活用品などなどを調達するためにいろんなところへ。

 ネット開通も必要。

 それについての手続き書類も数枚。

 家電とか用品とか専門知識がないだけにストレスたまってくる。頭痛い。

 最近受験終わってゆっくりしていたのもあるんでしょうね。忙しさの移り変わりに体が付いて行けない(笑)

 私は比較的近いところに行ったからまだいい方で、実家から下宿先まで地方をまたぐとか何県もまたぐ人もいて、その人はもう地獄の地獄、超地獄級。


 しかも、受験結果が出てから2日後に行動しているのに実際の下宿は大学生活始まってからという。

 インターネット開通は四月中旬。家電等が届くのは大学始まってから。

 4月中旬?になれば安定した生活が送れると思います。

 くっそ~やっぱり後期の受験はいかん。

 これから大学受験を受ける人は、できるだけビシッと前期の国公立大学で受かっておくべき。

 もしくは私立の大学ね。

 まぁ滑り止めの大学と後期の国公立の2つを事前に予約しておけばいいんですけど、それはそれで疲れる。

 手続きの手間は2倍だし、結果が出たら下宿しない方の予約はキャンセルの電話を入れないといけないし、受験直前に本人が駆り出されるのも苦痛。

 後期試験後で結果が来る前に手続きをすれば少しは楽になる程度か。

 それでも下宿に必要なものは配達できない(配達先の住所が決まらないため)から結果後もあれこれ動かなければならない。

 受験直前に2倍の苦労をしておいて受験後楽をするか、

 受験ま下宿は考えずにいて受験後地獄を見るか。

 

 「みんな安定志向だから冒険しとけ」なんて先生は言いますけど、そりゃみんな安定志向になるよ。

 前期の大学落ちたらどう転んでもきつくなるからね。

 前期の大学をスパッと合格してゆっくりと下宿準備をする方がまだ楽。

 結果でてから配達を頼んでもギリギリ入学式前には届くからね。これは大きい。

 まぁ何はともあれ、行きたい大学とかがあるなら後期まで引っ張らず前期で合格する。そのための勉強をする。

 この2日間下宿探しに振り回された私の体験談です。


 

 本当につらい。




 辛い。






 MAPLESTORY 2014-03-24 1


 
 でもね。

 私と同じくらい、タカさんも辛いんだよ。

 このエカさんこと鷹さんはもう辛い。

 
 まず、今から説明する「編隊援護射撃」ってスキルの名前自体が辛い。

 最近のマセガキは編隊を変態と変換するに違いない。

 この時点でもうネタ扱い。

 2chでいう八頭身のごとき変態が編隊を組んで変態のように変体し攻撃していく……

 ように見える。(実際は鳥です。)

 真面目に考えても、自分の子供を明らかに格上の敵にぶち込むのは相当つらいに違いない。

 自分の子供をライオンに向かって放てる親がどこにいようか?

 ここにいる。

 
 しかも攻撃のダメージ量も辛い。

 MAPLESTORY 2014-03-24 2

 515とかね……もはや笑いを通り越してなんか悲しさとか寂しさを感じるレベル。

 普通にヒョウのスキルでは数万のダメージを与えるというのに、桁が2つ低いとかもう辛い。

 これがマップ内全員にダメージを与えるというのならまだわかります。

 まだわかる。

 どんだけダメージが低かろうと「まぁ全体攻撃だしいいか」となる。

 でもね?


 この変態援護攻撃……



 1体しか攻撃できない。

 爆発

 まさに変態。

 4回攻撃なので実際に与えるダメージは2000ダメージになるんですけど、

 もう500でも2000でも変わらない。

 相手のHPが35000を超えるというのに、これはもう悲しいほどに辛い。


 MAPLESTORY 2014-03-24 3


 しかも攻撃速度も遅いからもう笑えない。

 2秒に1回ぐらいですかね。この攻撃力で。

 この攻撃をできるのが今13秒間(飛行状態)だけなんですが、その間に相手を倒せるかというと……

 倒せない。

 2秒に1回ということは飛行状態中に6回。

 つまり飛行状態の間に与えるダメージは12000.

 相手のHPの3分の1と言うネ。


 もっと言うと肝心の4回攻撃がそれぞれ他のモンスターに分散することはないし、

 飛行状態しか攻撃できないし、

 1回飛んだあとしばらくの間飛べない。

 フッフッフ……分かりますね皆さん。
 
 まだスキルレベルがMAXになっていません(MAXになったらダメージが今の2.5倍くらい)が断言できます。

 このスキル……恐ろしく使えない。


 逆にどんな状況なら使えるんでしょうかねぇ。

 とりあえず「飛行状態」を活かした状況を考えると、

 例えば相手が極端に離れているとか、マップの左右にだけ恐ろしくリーチの長いモンスターとかの攻撃が有効。

 それから空を飛ぶような召喚モンスターを倒す際にいいかも。

 あとは安置狩り。

 飛んだ状態で攻撃するから、ほとんどのモンスターから反撃を受けることはない。
 
 これさえ持っていれば、即死級モンスターもチマチマ攻撃して倒せるに違いないでしょう。





 ……







 ……



 
 辛過ぎるわ\(^o^)/

 

 とりあえずネタ的な愛らしさゆえにヒョウの次にあげるスキルは鷹に決定。

 一応強化スキルとその他飛行状態で使えるスキルはあるので、それらに期待したいところ。

 最終スキルとか結構迫力はありそうなんですが……どうなんでしょう。


 
 ただね?

 この鷹スキルをマスターすることで、私はある一つの分野において最強になれる。

 それは……速さ。

 おそらく移動速度上限やジャンプ力の上昇は全職1番。

 伊達に攻撃スキルを削っちゃいないぜ。

 私は鷹スキルをつかって最速になり、最強になる……かもしれない。
 


 
 多分ならない。

 MAPLESTORY 2014-03-24 4

関連記事

一部職業スキルとギルド改変!!さらに週末は経験値2倍!?




 さて、

 昨日メイプルにログインしようと思ったら、メンテナンス。

 半年ぶりだったので忘れていた。そういえば散歩道もあったな……。

 

 アップデート内容を見てみたところ、簡潔に言って

・一部冒険者、レジスタンス、英雄、カイザーのスキル改変
・ギルド改変(ギルドクエスト的なものも追加)
・テーマダンジョン追加
・週末経験値2倍

 の4つ。

 中でも、

・デュアルブレイド
・キャノンシューター
・バトルメイジ
・ワイルドハンター
・メカニック

 この5職については改変サービスということで一定レベルに達すると装備セットがもらえます。

 Lv50になると何やらかっこよさげな指輪ももらえるとか。

 さらに、期間中のみ一定量レベルアップすると豪華な勲章や補助装備をゲット。

 「凌雲の志」……雲をも凌ぐ(超える)志。かっけぇ名前を考えるなぁネクソンも。

 凌雲……中二心くすぐるよこれは。

 補助装備はともかく、勲章についてはかなりの能力があること間違いなし。

 まだこの5職を育成していないという人は、この期間のうちにサクサクッと育成してみてはいかがでしょう。

 


 それから経験値2倍。

 祝日の3月21日と、次のメンテナンスまでの土日は経験値2倍。

 午後1時から4時までと昼間のみですが、春休みに入った学生たちならば楽勝。

 平日は春休みの宿題をやって土日はドドンと2倍デーを楽しむ。

 宿題も終わり経験値もたんまりどっさり入って一石二鳥。

 新しいキャラを作っても、毎回3時間やるだけでLV120……140……それ以上行くかもしれない。

 私のビーストテイマーなんか余裕で越せる。

 
 1~30LVクエスト、キノコ城、カニングスクエア、スリピ、クリセ、アリアント、地球防衛軍マガティアと一気に駆け抜けることおすすめ。

 40Lvからできる戦国大合戦(補給戦)もいいでしょう。

 なんにせよLV100超えてからがメイプルの本番だから、あまりストレス感じず早めに駆け抜けてしまった方がいい。

 ここら辺をちんたらやってると燃え尽きてしまいますからね……過去の自分みたいに。

 もう10職くらい育成している私ですが、いまさらそんなことを思いますよ。

 MAPLESTORY 2014-03-13 5

 

 さ~て、

 メイプルと行きたいところなんですが、あいにく緊急メンテナンス。

 こちとらメイプルやらないと書くことないんだよね。うん。

 書くことなさすぎ。

 というか書くこと考える頭が働いてないのよ。


 書くこと……書くこと……




 あ、そういえばメイプルも500万ID達成したそうですねぇ。

 おめでとうございます。

 5年前くらいは300万突破~とかなんとか言ってましたので、この5年で200万入れたわけですよねまぁ。

 結構長く続いているのに、いまだに200万もはいるとかすごい。

 いやまぁ最近はやりのパズドラとか黒猫?とかは2000万とか言われていますけど、そことは比べちゃあかん。

 あれは携帯ゲーム。

 日本人の8割くらいが持ってる携帯電話がハードだから。

 そりゃ分母が多けりゃ分子も多いわな。

 むしろ、モバゲーパズドラと携帯ゲームがのし上がってきたこの5年間、よくやってきたと思うよ。

 何年も続いていたらマンネリ化もあると思うのにさ。ていうか一部ではもうマンネリ化してるけど。

 テーマダンジョンなり新職なりいろんなものを出して頑張っている。

 
 ただ、もう少し無課金者に夢を持たせてもいいとは思うんだけどもね。

 5時間頑張ったらミラクルキューブ1個ぐらい作れてもいいじゃないの。

 もう少しMTS奨励したっていいじゃないの。

 そういえばもう作れるんだっけ?

 REDでなんかミラクルキューブが作れるようになったとか一時期噂されていたけど……

 どうなんでしょうねぇ。

 

 
 MAPLESTORY 2014-03-17 1


 フッフッフ、

 まぁここまで見てくれた人は分かると思うが……

 激しくモチベーション不足。

 ついでに言うとビーストテイマーまでモチベーション不足。

 いややる気の問題と言えるのかこれは?

 ログインすれば狩るんだろうけどログインするまでに多大なエネルギーを使っている感じ。

 

 ぐぬぬ……


 
 育っている職に戻った方がいいのかなぁ。





 
関連記事

スーパープレゼンテーション考察E ~動物にはモラルがある。死にゆく動物にも。~



 


 毎週月曜夜11時から放送されていた「スーパープレゼンテーション」が、

 4月より毎週水曜夜10時放送(Eテレ2ch)に変わります。

 4月から録画等間違えることのないようお願いします。

 




 今回のテーマ動画

 Frans de Waal:Moral behavior in animals

 訳:『動物にある道徳的行動』

 動画リンク



 
 さて、

 今回から4月までアンコールネタになります。2014年1月から公開されたプレゼンの中で視聴者に人気だったものをもう一度放送しています。

 その関係で、私も前考察したときとは別の視点からプレゼンを見て考察記事を書いていきます。

 3か月に1回あるから、私が書き始めてからもう6回目になるんですかねぇ、アンコールシーズン。

 なんだ感慨深い。



 ではプレゼンのまとめ。

 


 プレゼンのまとめ

 
 プレゼン者……動物行動学者・フランス・ドゥ・ヴァール氏

 テーマ……動物のモラルに関する実験と動物に対する考え方について

▲始めて感じた動物の人間らしさ

チンパンジーの本能……群れで生息し、縄張りや食料争いが多い、弱肉強食
 ―――→相手のことは考えず、自分のためにしか動かない?
プレゼン者の見た光景……喧嘩をしていた2匹がキスとハグで仲直り
 ―――→勝敗を付けず引き分けとして仲直り…一種の人間らしさ

▲動物は他人のために動くのか?

 2匹の力でないと引き寄せられない箱(エサ付き)を置いたときの様子を実験

普通(2匹とも空腹):協力して手繰り寄せた
満腹と空腹1匹ずつ:満腹側もしぶしぶながら手伝った

――――→仲間のために自分が損となることをできる

 象の場合でも同じような結果

▲共感と公平さ

~共感~

 共感には「身体的共感」と「認知的共感」の2種類がある

 認知的共感を持つ動物は人間をはじめとするごく少数の種類しかいない

 が、チンパンジーや象は認知的共感を持っている……人間に近い共感を持っている?

~公平さ~

 2匹をお互い見える場所に入れ、エサの質をそれぞれ違うものにする実験

 餌の質が良い方を優勢側、質が悪い方を劣勢側

 実験の結果
・優勢側とエサが違うことを知った劣勢側が激しく怒る
・優勢側が、劣勢側と同じ環境(エサの質)になるまで餌を拒否

 ―――→劣勢側に共感し公平さを保とうとした?

▲結論と可能性

 結論:動物にもいろんな感情があり、人間に近い感情がある
 
 可能性:種類の違う動物同士はどうなのか、食料関係以外で協力はするのか

 





 では考察の方へ行きましょう。

 今回考えるのは、実験動画の選択テクニック

 一般的に何かの実験をした動画というのはつまらないものです。

 この金属に火をつけると何色の火になるとか、実験のデータをグラフ化するとか。

 もちろん実験自体を否定するわけではありませんし実験に大きな価値があることは分かっていますが、専門外の人に興味を持たせるくらいのインパクトを持った実験は少ない。

 ユニークなりインパクトなり何か相手に興味を持たせるものがなければならない。


 プレゼン者ヴァール氏は、動画のユニークさで人を引き付けました。

 たくさんの実験動画から特に人間らしい行動を映した部分を出す編集能力は非常に高いと思います。

 ほら、猿が綱をいやいや引っ張る部分があるでしょ?

 全ての猿があんな行動をするわけじゃなくて、たくさんある実験結果の1つにすぎないと思うのです。

 10回、50回、あるいは100回以上の実験から1回分を取りだしている可能性が高い。

 猿の嫌がり方も、あまり力を入れない猿とか引っ張る前に嫌がるとかたくさんあるはず。

 その中からあの嫌がり方絶妙な猿をプレゼンに出してきたのはすごい。

 普通に面白系番組に出せるほどのユニークさ。


 しかも、引っ張ったという事実だけで実験結果を表すのは十分なはずなのに、あえてその後の餌の行方を見せてさらに笑いを出している。

 象に関する実験でも同じようなテクニックを出していますね。

 象が協力したという部分で十分なのに、笑いを出すため象のずる賢さも付け加えている。

 確かに実験結果を見せるという意味では無駄な部分です。

 しかし相手を笑わせ相手の興味を引き付け、かつより多くの人にこれから話すことを聞いてもらうためには重要な部分。

 興味をひかせるためにあえて主旨とは少し外れたユニークな内容を入れる

 これも彼の編集能力の高さが出ていると思います。


 天秤


 後半にあった不公平についての実験も同じこと。

 不公平が分かった瞬間のチンパンジーの行動が見もの。

 もらった餌を投げつけ、床を叩き檻を揺らし、これ以上ないほど怒り狂う。

 これだけ怒るチンパンジーも珍しいでしょう(笑)

 普通のチンパンジーならもう少し怒りも小さいはず。人間でもこんなに怒り狂う人なんて少数派だろうに。

 床を叩くぐらいとかふてくされるとかもう少し違った動きをしたチンパンジーもいたと思われます。

 実験したチンパンジーの中でもっとも怒り方の激しいチンパンジーを選んだのでしょう。

 結果会場は大爆笑。

 ヴァール氏のプレゼンは成功と言っていいでしょう。


 
 もう1つプレゼンのユニークさを出すポイントとして「聴衆に合ったギャグを言うこと」が挙げられます。

 適当なギャグを挟むのではありません、あくまで聴衆に合ったギャグ。

 プレゼンの中で「まるでウォール街のデモのよう」で聴衆の多くが笑っていました。

 でもあれは観客の多くが高級な上位層だったからウケたわけで、貧民たちが聞いていたら文字通り半殺しにされたに違いない。

 普通にプレゼンする際も、聴衆の種類には共通点を持つ場合がほとんど。

 専門分野を持っていたり、学生だったり、老人だったり、女性だったり、上位層だったり……

 で、その聴衆の持つ共通点によってウケるギャグや反感を買うギャグがあります。

 さっきの例の通り、貧民に貧民を皮肉るギャグは論外ですし、学生に20年以上前のネタは効かない。

 逆に中年の人が聴衆なら一昔前のネタでウケるし、女性に男性を皮肉るネタは結構ウケるかもしれない。

 こうやって聞く人によってギャグを臨機応変に変えていくのもまた一つのテクニックでしょう。

 
 でもネットによってTEDのプレゼンも老若男女いろんな人が見るようになったので、あまり他方を皮肉るギャグは使いにくいでしょう。

 youtube、ニコニコ等の動画で皮肉を出すことはできるだけ避けたい。

 とはいえども皮肉ネタって一部の人には大ウケするから難しいところ(笑)

 他の人を皮肉れないとなると、あとは自虐ですかね。

 まぁ自虐は自虐でウケ具合が自分の犠牲に伴わない場合があるので注意。

 
 ユーモア

 

 魅せる動画も見せるギャグも選択が大事です。






 Thank you.

 




 
関連記事

LV78にして、スキル振りがはるか斜め下をいっていたことに気づく



 さて、

 ビーストテイマーのクエストをちまちまやり続けて現在Lv78.

 私は少しクエストと関係ない狩りをしていたので適正レベルより少し上になってしまいましたが、クエストに沿っていればまさに適正レベルの狩場を転々としている状態。

 専用クエストだけではなく各地にある一般クエストも同時に受けているとさらにサクサク。

 たかがクエストぐらいでそんな……と思うかもしれませんが、適正レベルで受けるクエストは馬鹿にできない。

 普通に10%分の経験値もらえるクエストがわんさかありますからね。特にこの70LV代は。


 また、クエストの流れもいい。

 各地にいるモンスターのレベルを考えてよくクエスト計画が練られているんだなぁと感心。

 チュートリアルから始まって、ヘネシス、テーマダンジョン、スリーピーウッド、オルビス、アリアント、ルディブリアム、地球防衛軍本部……

 クエストを真面目にやってみると、できるだけメイプルの世界を分かってもらおうという運営側の気持ちが分かります。

 あえて言えば、ビクトリアアイランド方面とアクアリウム方面・世界旅行方面がないがしろにされているのが欠点か。

 ネクソン本部から内容を持ってきてなおかつそれで完成しているから、日本オリジナルとかは入れにくいんでしょう。

 それでも、2011年のビッグバンからある日本マップ冷遇はすごい。

 いまだにドロップは旧仕様のままでめちゃめちゃ落ちにくい。潜在付いた装備もほとんど出ない。唯一変わったのは経験値の下方修正だけ。

 なんでしょうね。もうシパング方面のマップはなかったことにしたいんでしょうかね(笑)

 一時期は効率の鬼として猛威を振るっていた地域だったから、もう御役御免なのだろうか。

 まぁいいでしょう。

 残念だけど育成をする上ではほとんど関係ないからね。海も日本も世界旅行マップも。

 初心者を連れていく場所ではないのでしょう。

 ただ全部の職をそうされるとそれ以外のマップが必要なくなるのでバランスを取る必要はありますがね。

 MAPLESTORY 2014-03-17 1



 バランスと言えば、ビーストテイマーのスキル。

 現在のSP振りは、熊が30、ヒョウが90、鷹が71、猫が10ちょい。

 最初はSPをどれか一本に絞って他の動物のSPは0にしておいた方がよかったかな?と思いきや、意外にもこれがベストな気がしてきました。

 巷ではやはりクマとヒョウに極振りするのがブームですが、攻撃力より機動力を重視する初心者勢はこれがいい。

 重要なのはタカの滑空スキル。

 デーモンスレーヤーみたいにサアーっと空を飛ぶスキルです。

 それまでが重要。

 ビーストテイマーは総合的にみると機動力がトップクラスに低く、頼みの綱は2段ジャンプのみ。

 私はヒョウのスキルに振っているからまだしも(一部のスキルに移動速度上昇がある)、熊スキルとか猫スキルに曲ぶりしている人はもう泣けてくるぐらいの遅さ。

 クマ派とタカ派で町の端から端まで競争したら、多分10倍差を付けられてタカ派が勝つ位。

 だから、移動のために鷹スキルを覚えるのは必須。

 攻撃担当モードと移動担当モードの2つに分けるわけですね。

 MAPLESTORY 2014-03-13 2

 ポイントは、鷹スキルは71で止める。

 それ以降は攻撃スキルとかジャンプ力上昇スキル等になって優先度が低くなる。

 機動力も、3段ジャンプ・移動速度180%(ライディングなみ)・滑空と71の時点で申し分ない。

 ここまでスキルを振っておけばクエストもサクサク進められる。

 だから71振ったら鷹の成長はやめ。

 
 次に考え得るのは攻撃担当のヒョウ。だがこれも微妙。
 
 現在90までスキルを振っており、残るスキル群が持続攻撃・範囲攻撃・広域攻撃×2・強化×3.

 使えるスキルもありそうだから後半まで振っていくのは確実だが、正直機動力の高いヒョウにおいて広範囲攻撃はあまり必要ない。

 やはり広域攻撃スキルにはあまり振らず、基礎スキルを強化するスキルを優先して強化していくのがいいのか?

 即死効果とかあまり狩りには必要ない(高HPモンスターを倒すには必須)スキルがあるだけに何とも言えない。

 多分もう少し振っていく方向がベストかな。


 ぶっちゃけ現段階でいい感じだから振らないで他の動物にSPを使うのもアリと言えばアリだが、SPの差が大きいだけに即戦力にするには難しい。

 クマのスキルとか超ショボイからね、今となっては(笑)攻撃速度上昇まで行ければワンチャンあるか?

 ボス戦には必須のスキルがたくさんあるからいずれは振っていかないといけないのは分かるんだけどね。

 というかボス戦やるまで行けるかどうかがわからん。

 ボス戦やるならカイザーとかルミナスで何とかなるからねぇ。できるだけビーストテイマーはボス戦を方針にしないで行きたい。

 猫スキルに振ればグループスキルとかで重宝されるのかなぁ。今は友達すらいないけど…

 自分も強化されるし、何気に最初のスキル(フレンドシュート)が強いもんだから普通に上げるのもアリ。



 難しい。





 改めて考えると難しい。


 ネクソンもクエストとかは初心者向きにしておいてなんでスキルシステムは難しくするんだろうね(笑)

 やり込んでいる人たちでも楽しめるようにしたいってのは分かるけども。


 

 しかしどうしようか。

 このまま方針が決まらず無駄にSPが貯まるのが最もまずい。

 いまさらかもしれんが困ったときは他のブログ。

 まずは一番規模の大きい某情報ブログ。

 どれどれ……


 「強化スキル共通じゃないし火力込みで糞職だわ」

 
 !?

 
 な…なるほど。

 こやつはビーストテイマーに時間を振るのがそもそもの間違いだというわけか。

 カイザーとかゼロをやっておけと。

 こいつは予想してなかったぜ。

 最近は「強すぎて糞」と言われ続けているのは知っているが、まさか「弱すぎて糞」と言われているとは。

 火力を求める姿としては確かに間違っているかもしれないが、楽しさを求める点では間違っている。

 論外だ論外。


 じゃあ普通のブログを調べてみるか。

 普通ならちゃんとしたスキル振りを……


 「クマを一番に振って、余ったスキルをヒョウに振る、タカは捨てスキル」

 
 
 ……



 巷:クマが1番、他は余りもののゴミ屑
 私:鷹最高、ヒョウも機動力高くておk




 ……



 工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 なんだって!!

 

 なんというか、周りの回答が斜め上過ぎて吹いたというか。

 ていうか自分が斜め上なんだよねこれ。

 
 あまりものスキルと捨てスキルに全部突っ込んでいる自分がテラワロス

 ヒョウのスキルは振っている人が結構いますが、鷹のスキルに関しては全員総スルー。地雷とまで言われる始末。

 ビーストテイマーは攻略ブログなしで臨んだわけですが、こんなにも擦れ違いが起こるのね(笑)

 下位層の心上位層知らず、上位層の心下位層知らず。

 

 しかし、鷹スキルという地雷を踏んで終わりでは面白くない。

 鷹の攻撃スキルがどれだけしょぼいのかを見せてしんぜよう(正直鷹が地雷ってのはうすうす感じてた)。

 そうと決まったらさっそくSSを……




 ってシステムエラー!?

 あずさ鯖だけ落ちるとか何たる不具合。

 そんなに鷹スキルの地雷っぷりを世に公開したくないのか。

 まぁいいでしょう。

 明日……は別の記事を書くから明後日出落ちとしてSSを出しましょう。


 


 
関連記事

スーパープレゼンテーション考察SP ~情熱と行動力が生み出す2人の日本人~




 今回のテーマ動画

 BLACK:my journey to yo-yo mastery

 訳:『私がヨーヨーを習得するまでの旅』


 動画リンク
 

 shigeru ban:emergency shelters made from paper

 訳:『紙でできた緊急シェルター』


 動画リンク




 さて、

 今回のスーパープレゼンテーション考察はSP、番外編です。

 いやーびっくりしました。

 こういう考察記事を書いている人としては失格なのですが、今回の番組が放送されるまで気付かなかったっていうね(笑)

 ほんとほんと、前回の考察記事を書いているときは気づかなかった。

 今日の10時ふとテレビをつけてみたらスーパープレゼンテーションの番外編なんてやっているからもうビビりましたよ。

 やばい、録画もしてないし事前に情報を教えてなかったよ;って。

 
 そんなわけで今回は短めの文章で送るとともに、番組終了10秒後に書き始めるという超特急で記事を書いております。

 多分公開されるのは明日の12時半くらい?

 


 では本題へ行きましょう。


 

 今回紹介される2つのプレゼンの共通テーマは、日本人。

 英語でスピーチをしないといけないTEDにおいて、英語の教育が遅れている日本は少し不利。

 そんな状況にもかかわらず現在までに2人の方がTEDで勇敢なプレゼンをしております。

 yo-yo-.jpg


 1人目のプレゼン者は、ヨーヨーを使ったパフォーマンスをするBLACK。

 ヨーヨーと言われると日本の中ではあまりなじみのないマイナーなものですが、世界では各地で大会が行われるほどの人気。

 彼はその世界大会で2度の優勝を果たしており、かなりの有名度を持っています。

 プレゼンの動画を見ればわかりますが、その技術と芸術は圧巻。

 一般人からしたらもはや何が起こっているのかわからないほどのスピードで動くヨーヨー。

 ししおどしの音が鳴るタイミングでヨーヨーを落とす技、ヨーヨーで行うテーブルクロス引きもすばらしい。

 加えて、日本らしい動きもあって他の国にはない独特の雰囲気を出しております。

 プレゼンの75%以上をパフォーマンスに費やしているだけあって、まさに素晴らしいとしか言いようのないものです。


 しかし世界大会を若くして優勝した彼も、幼いころは自信を持てない暗い子でした。

 運動神経は悪く、不器用。何か他の子に比べてできると言えるものは何もなかった。

 そう思いながら日々を過ごし、初めてヨーヨーに触れたのが14歳の時。

 初めは彼も全く使いこなせないただの人でした。

 ヨーヨーを落としても戻ってこない……初心者ならよくあること。

 とりあえず1週間やってみると、自分で思っていたよりも上達が速かった。

 これはいける。

 これなら得意と言える。

 自分の中で何か自信が湧いてきた彼は、その後猛特訓を重ねました。毎日何時間もヨーヨーに取り組み、技術を磨いていった。


 彼がヨーヨーを初めてから4年後の世界大会。猛特訓のおかげもあって優勝。

 世界で優勝、ナンバーワン。スポーツのナンバーワンはいろんなところからスポンサーが来て人気者になれるから、自分もそうなるだろう。

 そう思っていた。
 
 しかし現実は…日本はそう甘くなかった。

 日本の中でヨーヨーはマイナーな競技だったため、メディアたちは彼の世界大会優勝に価値を認めてくれなかったのです。

 このままではヨーヨーの前に日々の暮らしが危ういから一般の技術職に就職。

 今までの特訓はいったいなんだったのか。

 無駄だったのか?

 ヨーヨーで本当にしたいことは何だったのか?

 ヨーヨーは技術だ。

 自分の動きを もっと良いものにしたい。

 会場で見せて みんなのヨーヨーに対する印象を 変えたい!!

 
 1度はあきらめた彼も会社を辞めて再びヨーヨーの道へ。

 ヨーヨーの技術だけでは不足だから、バレエやダンスなども学んで「演技」としての技術も高めていった。

 努力の甲斐あって、彼は世界大会で2度目の優勝。

 1度目は「技術」による優勝でしたが、2度目は「芸術」による優勝。大きな違いです。


 彼は言う。

 「大きな情熱を持って 十分な努力を積めば 何事も不可能ではない」

 と。

 何かを成し遂げたいという情熱

 目標を成し遂げるための努力

 この2つがあれば、世界を変えることもどんなこともできる。

 彼の素晴らしい技術によって、情熱と努力の大切さを示してくれたのです。

 熱くなれよ!!


 ヨーヨーに限らず、一般的な娯楽のほとんどはマイナーな部類に入ると思います。

 テレビゲームや携帯ゲーム等流行としての流れはあるんだけれども、その道に関してのプロとか世界大会といったものには、日本人全くもって無頓着。

 実際、テレビでゲームやその他娯楽系の紹介を見ることはあまりないでしょう?

 あったとしても、超人のほんの一部として出されたりして単体としての印象はあまりないはず。

 唯一テレビで注目されているのは、マジックとダンスくらいですかね。

 2つとも技術がうまいというだけではなく、演出や動きによって「視覚的」に見ている人の心を動かすことができる。

 また、ニコニコ動画の方ではいろいろなゲームに関する実況生放送があります。

 ここでもやはりゲームに関する知識や技術だけではなくて、ゲームを魅力的に見せる「プレゼン力」や放送を円滑に進める「トーク力」といったものが重要になっています。

 放送する側として娯楽系に対する姿勢を変えるのはもちろん、プレイヤー側としても技術や知識だけではなく説明する能力やトーク力が必要とされているのではないでしょうか。

 「ゲームができる人はみんな暗くてコミュニケーション能力が低い」という先入観を、放送側とプレイヤー側2つの視点でなくせるといいですね。






 では2つ目のプレゼン。

 プレゼン者は、建築家である坂茂氏。

 彼はただの建築家ではなく、被災地に仮の家を作ったり建築物の復旧を行うなど、建築家としての支援活動も多く行っている人です。

 
 彼が今回新たに作り出したものは、紙による建築材。

 トイレットペーパーの芯を大きくしたようなものだと考えてくれればいいでしょう。

 でも紙ですよ?紙。

 確かに軽いから建築は楽そうだけど、風が強いと飛ばされてしまいそうだし火にも弱そう。

 雨に濡れたら耐久力が落ちてしまうんじゃないのか。

 しかし心配ご無用。彼の作った建築材には防火処理や防水加工が施しやすいため、建築材として有効に使えます。

 さらに建物を壊したあとも、紙だからコンクリートや金属よりはるかに環境に優しい。

 リサイクルだってできる。

 まさに次世代の素材と言ってよく、ドイツで行われた万国博覧会やフランスのとある事務所を建てる際に使われ建築材として成功を遂げたのです。

 素晴らしい発想と技術がもたらしたと言えるでしょう。


 しかし、彼は大きな達成感とともにある失望感も抱いていました。

 万国博覧会も事務所も上流階級の人たちに臨まれて作ったもの。一般人のためではない。

 確かに上流階級の人たちはお金と権力を欲しているから、その象徴として建築物が必要になる。

 じゃあ一般人は要らないのかというとそうではない。

 災害によって自分たちの家を壊された人たちは、生活の基盤を失い苦しんでいる。

 教会や学校など村の象徴となる建築物を壊された人たちは、村の生きがいを探して迷っている。

 真に建築家を必要としているのは、災害を受けた庶民たちではないのだろうか。

 にもかかわらず、現状は特権階級の建築物を作るのに忙しくて庶民たちの仮設住宅を作ることにまで手が回らない。

 彼はなんとかしないといけないと思った。

 泥


 そこで始めたのが、彼の発明した建築材を使った被災地支援。

 アフリカのルワンダ、神戸、ベトナム、トルコ、中国、イタリア、ハイチ、そして日本東北……

 様々な被災地を支援するため世界中を駆け回りました。

 被災地を支援すると言っても、ただ家を勝手に作ってポンとあげるわけではありません。

 被災地にある建築材はどうなっているのか。木なのかコンクリートなのか。

 周辺の環境はどうなのか。乾燥しているのか湿っているのか。

 土地の広さはどうなのか。広いのか狭いのか。

 被災地にあるいろいろな要素を分析し、その環境にとって一番よい建築物を作っていく。

 住民との意見交換も欠かせません。住民たちの意見も聞きながら制限のついた現実の中でベストを尽くす。

 そうやってたくさんの一般人たちを助けていったのです。

 
 
 ここで考えるのは、支援のポイント。

 先ほども言ったように支援する際はなるべく被災地の環境に適応した支援をしなければならない。

 中途半端な支援をしても相手にとっては無駄なもの。

 中途半端に仮設住宅を作ると環境によっては崩れやすいので新たな被害者を生むかもしれない。

 だから被災地の環境をよく分析し、何が必要で何が必要でないかを吟味する必要がある。

 吟味するときも、「なぜそれが必要なのか」「なぜそれが必要ではないのか」をきちんと論理的に説明できるように考えていく。

 一般人の家を作るのだから芸術はあまり必要ではない。

 利便性と確かな技術。これが全て。


 今、様々なところで災害が増えています。

 災害の種類も、地震、津波、火事と様々。

 人間としてどこかで災害が起こったら真っ先に支援をしたいところですが焦ってはいけない。

 単にお金だけを挙げても無駄なことがありますからね。

 支援する先がどんな環境でどんな文化を持っているのか分析し、相手にとって何が必要なのか吟味する。

 それが大切なのではないでしょうか。

 




 というわけで、駆け足ながら2つのプレゼンを番外編として紹介させてもらいました。

 少しずつながら日本人もTEDの舞台へ立ちつつあります。

 そして今年は番組のナビゲーター伊藤穣一氏もTED進出……?

 乞うご期待。


 そして、4月からこのスーパープレゼンテーションの放送時刻が変わります。

 今までは毎週月曜夜11時からだったのが、毎週水曜夜10時からになります。

 3月中は常時言いますので、4月から時間を間違えることのないようお願いします。





 まぁ、そういう自分が一番間違えやすいんですがね。





 Thank you.





関連記事

メイプルニコニコ生放送の話とホワイトデー




 さて、

 最近チョコチョコとメイプルにログインできるようになったので、できるだけスキル情報とかを見ないようにしつつ公式サイトの方を見てきました。

 
 え~と、散歩道、ポイント価格のお知らせ(消費税上がるけど価格は変わりません)、

 それとニコ生……


 え……に、ニコ生!?

 まじで!?

 


 3月『メイプルのニコ生散歩路』放送日時のお知らせ

 メイプルストーリー

 日ごろは『メイプルストーリー』をご愛顧いただきありがとうございます。

 3月14日(金)、ニコニコ生放送番組「ゲームのがっこう」にて
 メイプルの情報満載のニコ生番組「メイプル ニコ生散歩路」を放送します。

 詳細はこちら
 『ゲームのがっこう』
 http://live.nicovideo.jp/watch/lv171367802

■番組名
 メイプル ニコ生散歩路 ~3月~

■放送時間
 3月14日(金)20:00~22:00

■出演
 番組MC
 ・辻あゆみ(声優、メイプル:ゼノン女の声担当)
 ・yukishiro(オンラインゲーム実況アナウンサー)

■番組情報
 全国の『メイプル』ファンの皆さん、お待たせしましたっぷる!
 育ててしゃべって協力して冒険する、
 みんなの無料オンラインRPG『メイプルストーリー』の情報満載のニコ生番組、
 それが「メイプル ニコ生散歩路」なのだっぷる♪

 毎月のアップデートにあわせて、
 最新情報はもちろん、MC陣がみんなのサーバーに遊びに行ったり、
 みんなでメイプルをもっと盛り上げちゃおうという楽しいコーナーをたっぷりご用意!
 更に、毎回とっても豪華な視聴者プレゼントも…!?

 まさにメイプルファンとネクソンの“月イチふれあいの場”!
 これからメイプルデビューな人も、
 一緒に楽しめる2時間のニコ生放送なのだっぷる♪

■ミラー放送
 ・NEXON公式ちゃんねる
 http://live.nicovideo.jp/watch/lv171368554
 ・Ustream
 http://www.ustream.tv/channel/gegaku

■ゲームのがっこう
 ゲーム業界の活性化を使命に掲げる、新世代ゲーム情報番組!


これからも『メイプルストーリー』をよろしくお願いいたします。

 



 ついにメイプルもニコニコ進出かぁ。すごい。

 2月もあったようですから今回の放送が2回目となるようですね。

 司会進行は、実況アナウンサーと声優の辻あゆみさんの2人。

 この辻あゆみさんは、我らがメイプルのゼノン女ボイスを担当している人でございます。

 ラノベアニメ『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』のヒロイン・遊王子謳歌の声もこの人が担当しています。

 youtubeで聞いてみましたが、ボイスのあるキャラの中でもかなりのロリ声。

 2時間もこのロリ声を聞けるというのは……耳が癒されてグヘヘヘh━━━○)´Д`)・:'. グハッ

 wikipediaで見たところラジオ経験も豊富なようですから、生放送にはうってつけの人材。進行に関してはまず問題ないでしょう。


 ニコ生故かしっかりと配役のチョイスに関しては抜け目ないネクソン。

 MC勢がメイプルにログインしてくるイベントもありますから、見てる分には面白そう。

 あとはメイプルのカオスに対応できるかどうか。

 普段はどこ探しても見当たらないくせにこういう時に限ってめちゃめちゃ出てくるからね、プレイヤー(笑)

 できるだけ長く続いてほしいものです。

 MapleStory 2013-06-12 2






 
 話は変わってビーストテイマー。

 ログインついでに、半年たったメイプルのプレイヤー人口はどうなっているのだろうと思ってランキングのSSを撮ってきた。

 MAPLESTORY 2014-03-13 1

 う~ん、どうなんだろう。

 最近のメイプルは過疎化していると言われ続けて5年くらい。

 主観的な話じゃどうにもならないからデータとして出してみましたが、個人的には悪くもない値です。

 今までの新職と比べてそんなに減っている印象は見られません。

 正直100万人切っていると思っていましたからね、このくらいのレベルなら。

 メイプル全体として66Lv以上の新職が140万人もいれば上々だとは思いますが、皆さんはどうでしょう。
 
 とりあえずデータは出してみました、はい。


 でも街で見かけるプレイヤーの人数はかなり少ないんですよねぇ……なんでだろう?

 やっぱり個室みたいな専用マップやメイプル全体が広すぎるせい?

 あとは同じ町でもクエストの進行状況によってプレイヤーとは違うマップ(平行世界的な?)になっている節もあるのですがそれもかな?

 いっそ暗黒の魔法使いが総攻撃してきて、今のマップの8割くらい吹っ飛ばしてくれればいいんですけどね(笑)無理か。
 


 そんなことはさておき、

 現在アリアント地方で黙々とサボテンを狩っている状態。

 MAPLESTORY 2014-03-13 2

 Lv65くらいまではクエストにつられてホイホイ行っていれば勝手にレベルが上がっていきましたが、段々クエストに要求されるレベルと自分のレベルがずれてきている次第です。

 クエストを流れるままこなすのも悪くないけど、やっぱり目的もなく狩りをするのがメイプルの醍醐味よね。

 黙々と狩りを続けて経験値バーのあがりを見つつ、レベルアップでちょっと心が満たされる……そんな感じ。

 で、スキルポイントが貯まって新しいスキルを使えるようになるとエクスタシーを感じる。

 これは携帯ゲームでは得られない感情。携帯ゲームはレベルが真の目的じゃないからね。

 こう……だらだらと無心に狩っているのがいい。

 背景の音楽を聴くとか、たまには背景の音楽変えてラジオ効くとかニコニコの音楽聞くとか……

 頭を使わなくていいところがメイプルのいいところよ、うん。



 あと、なんだかんだでイベントクエストもいい。

 今やっているのはホワイトデーイベントなんですが、報酬がもう最高。

 ポイント集めて交換した装備2つを付ければALL+20に攻撃魔力+10とかチートすぎ。

 しかもカップルモンスターを倒して得られる箱から高級装備強化の書がもらえるとか、太っ腹すぎ。

 ノーマルじゃなくて高級なほう。

 ノーマルだったらね?どこかの誰かさんのおかげで武器を買うがごとくたくさん手に入るわけですが、高級版だとそうはいかない。

 たしか……それまでの相場では1枚で億単位行っていたような気がします。

 初心者には高嶺の花。

 今までのイベントでも普通にやってて1枚手に入ればいいところでしょう、という扱いだった高級装備強化の書。

 3日やって5枚も手に入るとか、マジすごすぎ。

 MAPLESTORY 2014-03-13 3

 同じような感じで混沌の書も5枚くらいもらってたりするから笑える。

 そんなにぽんぽこ出しちゃっていいのか?たぬき合戦するぞ?

 いちおう交換不可だからいいんですかねぇ。

 私みたいなペーペーでさえ5枚ももらっているから、ベテランの方なんかは「高級装備強化100枚ゲットだお^^」とか言ってるんじゃないのこれ。

 
 装備強化の書は使えないから取っておくとして、混沌の書は有効に使わせていただきました。

 ええもうそれはもう有意義に。


 
 

 
 今回のトレードマーク・野球帽子(黄)にぶっこませていただきました。

 MAPLESTORY 2014-03-13 4

 いやーすごい。

 +6って装備名には書いてあるのに上がったのは物理防御力+1だけっていうね。

 ほら、これは多分あれ。

 人類にとってはどうでもいい+1かもしれないが、私にとっては大きな+1

 ってやつ。

 
 攻撃が上がった装備しか攻撃って上がらないもんだったっけねぇ。

 イベントでたくさん入るからそこらへん適当。


 MAPLESTORY 2014-03-13 5


 
 でも見栄えがいいからこれで良し。

 初心者装備と言えば皮帽子とばかり思っていたが、野球帽もなかなかいいなと思う今日この頃。







 


 
関連記事

スーパープレゼンテーション考察 ~美しき巨大素数を通して人と機械の関係を知る~



 今回のテーマ動画

 Adam Spencer:Why I fell in love with monster prime numbers

 訳:『どうして私は巨大素数への恋に落ちたのか』

 動画リンク



 
 さて、

 さっきTEDの動画リンクを付けるために公式サイトを見たところ、どうやらリニューアルしたようです。

 動画と字が全体的に大きくなって見やすく、英語の初心者にとっては良い仕様になった印象。

 ただ、翻訳機能が効かず動画内に日本語字幕が出てこなくなってしまったのが問題。

 1度動画を再生した後右下にある「transcript」をクリックして「japanese」を選べば動画の下に日本語字幕が出てきます。

 個人的には、字幕の改行がないし動画と一緒に見れないわで使い心地は微妙。正直変えてほしい。

 期間限定(番組で紹介してから5週間)ですがスーパープレゼンテーションのサイトで見たほうが楽かもしれません。

 



 前置きはこのくらいにして本題。

 今回のプレゼンテーマは「機械」「巨大素数」です。

 
 巨大素数、と言われるとあまりピンと来ないかもしれませんが、素数という言葉なら聞いたことがある人も多いでしょう。

 素数というのは「1」か「その数字自体」でしか割り切れない数を表します。これにあたる数字は2,3,5,7など。1は例外として素数ではありません。

 逆に言えば偶数は全て2の倍数になるので、当然素数は2以外すべて奇数になります。

 また、素数は無限に存在していることが昔の数学者によって証明されています。

 しかし素数の規則性……素数を見つけ出すための公式は数千年前から未だ分かっておらず、いまだに謎の多い数字とされています。

 
 で、テーマとなるのは巨大素数。

 巨大素数とは文字通り大きな素数。59879867647など値が大きな素数を表します(これが素数かどうかは分かりませんが)。

 数が小さければその数字が素数かどうかはすぐにわかりますが、大体3桁以降になってくると素数かどうかの判別が難しくなってくる。

 3桁でも難しい。4桁だともうお手上げ。5桁とかもう化け物級。

 でもこの巨大素数を見つけることが素数に対する新事実発見の糸口になるかもしれない。

 素数の規則を発見することはノーベル賞ものですからねぇ。

 巨大素数を見つけることはたくさんの数学者・数学好きを魅了してきたと言っていいでしょう。

 ぱずわーど



 今回のプレゼン者であるコメディアン・アダム・スペンサー氏も、その巨大素数に魅了された1人。

 彼は幼いころから少々変わった存在で、視点の違った考え方をするのが得意だった。

 先生の例えに対して屁理屈で返したりして教室を困らせることもしばしば。

 そんな彼だから数学にはまるのはすぐだった。いわゆる数学オタク。

 私の友達にも数学オタクが2、3人くらいいるんですがなんでこうちょっと変わり者なんでしょうねぇ(笑)

 なんというか行動が読めないというか考えが読めないというか。

 数学に対しては天才なやつもいるし、基礎はダメだけど数学が好きってやつもいるし、もうなんかよくわからん奴もいる。

 かつての偉人でも数学にはまった人は多く、そのほとんどが変人だったと言われています。というか数学物理系の偉人全般として変人が多いのでしょうか。


 話を戻しましょう。

 かくして数学オタクになったアダム氏が注目したのは、素数。

 素数の意味は非常に簡単なのに、その深い秘密についてはほとんどわかっていない謎の数字。

 数学を愛する人なら1度は魅了される分野の一つでしょう。

 そして彼がさらに分野を狭めて注目したのが、巨大素数。

 最初の頃は意味が分からないとされていた巨大素数も、先人たちの力によってある1つの公式が判明。

 それは

 2の(素数)乗-1、は素数である

 というもの。

 簡単に言えば、2を素数回掛けたものに1を引いた数字は素数である。

 この公式はほとんどの素数に当てはまったが、次第に当てはまらない素数もあることが判明。

 大体は当てはまるんだけども、時々当てはまらない。

 故に、どの素数が当てはまらないのかという疑問の答えを多くの数学者が捜してきました。

 人力での最高は、2の67乗-1が素数でないことの証明。

 数字自体は21桁にもおよび、因数も12桁と9桁というハチャメチャな桁数。おそらく人力でこれ以上を計算するのは不可能でしょう。パソコンあるからやる価値もないし。

 携帯電話
 
 時代は移り、現代。

 コンピューターなど情報処理能力に優れた機械が生み出され、計算もコンピューターが行うようになった。

 計算速度が異常に速いそれらの機械は人の力をはるかに超え、巨大素数もどんどん発見された。

 1950年代で2の500乗以上、1960年代で2の4000乗以上、1970年代で2の2万乗、1980年代で21万乗、1990年代に139万乗……

 人力で計算していたのが67だった頃から比べると、恐るべき進歩。


 さらに進歩は進み、2003年に2の2099万乗、2008年に3715万乗、

 そして2013年(このプレゼンをする数日前)に2の5788万5161乗-1は素数であることが発見されました。

 2000年代の進歩は遅く見えますが、もうこれは桁数とんでもないことになってますよ。

 だって2の67乗で21桁ということは、2の5700万乗は1750万桁。

 いいですか?数字自体じゃなくて桁数です桁数。

 もう億とか兆とかそんな話じゃない。漢字を使った単位で表せるのが72桁までですから、まったくの別次元。

 原子とか地球とか宇宙とか、もうそんな生物の論理をはるかに超えた次元にいる数字です。多分3桁ごとに適当な漢字をあてても表しきれないんじゃないかと。

 アダム氏曰く数字を打ってテキストで保存したら22MBになるとのこと。メガバイト(MB)なんて単位文字で使わないよ普通。

 多分私が5年間毎日このくらいの量の記事を描いたら同じになるのでしょうか。合間合間に挿入する画像でさえ単位がKB(キロバイト、MBの1000分の1)だから(笑)

 ちなみに私のブログのもととなっているこのfc2ブログは、2GBまで詰め込めるとのこと。100回くらい入れられちゃうfc2ブログ半端ねぇ。

 売り上げ

 
 
 しかし、こんな文字通り桁の違う数字を考えて何がいいのか。

 その巨大素数とやらがなにか生活に役立つのか。

 一般的に考えられる質問に対して、アダム氏は3つの便利点を挙げます。


 1つ目は、パソコンの計算能力を試すのに最適であること。

 コンピューターというか中のICチップ。

 巨大素数を求めるために必要なのは、計算。ひたすら計算をすることがカギとなります。

 中途半端な巨大素数を求めること自体に意味はないでしょうが、求めるまでの速度や可能かどうかを調べることで純粋なパソコンの性能を試すことができます。

 計算能力はすなわち情報処理能力を表しますからね。パソコンの性能……情報処理の進化を示す意味で巨大素数は非常に良いものではないでしょうか。

 
 2つ目は、巨大素数が一般人にも気軽に参加できる分野であること。

 見つけ方が

 2の(素数)乗-1、は素数である

 という単純な方法であるだけに一般人も取り組みやすい。

 さらに必要なものはパソコンのスペックだけですから技術的なハードルもない。

 問題のスペックは、多くのパソコンを使って分散処理をすれば万に1つの確率で最大の素数が得られるかもしれない。

 町全体のパソコンでやってみたらできるのでしょうか?

 今までは有名な数学者や有名な技術者が最大素数を出していましたが、もしかしたら名もなき一般人が今後最大素数を出す日が来るかもしれない。

 少し現実感が湧きませんがどうなんでしょう。


 3つ目は、人間と機械が協力し合うきっかけを作ること。

 協力と聞くと少し疑問に思うかもしれません。

 最近の機械は高い技術が多く使われており、使い方も多数ある。そんな機械の要素を使いこなせずかえって人が機械に使われているといった意見も多くあります。

 しかし、人間と機械の協力は人間が機械を使うことではありません。

 人間は新しいことを考えたり疑問に思ったり行動を起こすためのきっかけを作る。

 機械は人間が考えたことをもとに実験をしたり行動を起こす。

 人間が右脳、機械が左脳みたいなものでしょう。

 巨大素数に限らずいろんなものを通して、人間と機械との関係を考えるきっかけは生まれるかもしれません。

 脳



 最後に番組で言っていた伊藤穣一氏のコメントについて。

 穣一氏はサイエンス・コミュニケーター……専門的な知識を一般向けに噛み砕いて説明する人の重要性を話しています。

 数学に関わらず物理・科学・経済すべての分野は昔よりはるかに複雑になっています。

 中には異なる分野がつながってさらに複雑になったり新しい分野になっていることも多々ある。

 一般のためだけではなく、1つに特化していた技術者科学者たちが別の分野とつなげられるようにするため、サイエンス・コミュニケーターは今後重要になってくると思います。

 でもまぁ専門知識を知る力と説明する力……日本で言うなら理系と文系の知識両方を持っている必要があるので、慣れる人がごく少数かもしれません。

 
 






 Thank you.







 
関連記事

ヌルゲーかと思っていた新職ビーストテイマーが超曲者だった




 ビッグバンアップデートが来て4次職到達が簡単になった頃(2011年冬)から、

 ある一つの不満をひそかに持っていた。

 もちろんアップデートによって当時はいろんな批判が巻き起こっていた。

 Lv200の量産(当時は200がMAXだった)、課金による強化アイテムの出現、ダメージインフレ、ヌルゲー化課金ゲー化……

 その意見はもっともだとは思ったが、同時に強化の幅が増えたり高レベルコンテンツ参加のハードルが下がる等良い点もあったと思う。

 私の持っていた思いはそれとは全く違う。

 メカニック、ワイルドハンター、メルセデス、ルミナス、カイザーとやっていて常に思っていたこと。

 そしてもう改善されることはないであろうと思った不満。

 MAPLESTORY 2014-03-08 3

 それは、スキルシステム。

 4次転職の初期頃にすべての攻撃スキルを使えることが不満だったし、

 4次転職までに3次スキルまでの全てのスキルがMAXになることも個性を潰すような感じで不満だった。

 ダメージの違いを個性とは考えられなかった。



 ほとんどの職業は4次転職した後少しレベルを上げればすべてのスキルが使える状態となる。

 そして攻撃スキルだけを考えれば2Lv上げたところですべての攻撃スキルを使える。

 言うまでもなく、攻撃スキルを使えることが4次職のすべてではない。

 むしろ攻撃スキルは前座。

 4次攻撃スキルを前提として強化スキルを上げたりいろいろな強化を施したり、如何に大きなダメージを出せるのかが最終的な目的となる。

 ほとんどのメイプルプレイヤーが、ダメージ量を目的に育成を行っているはずだ。

 だからステータス強化スキルや攻撃スキルのレベルに価値を見いだせる。


 しかし私は違った。

 異端だった。大部分のプレイヤーと考えが違った。

 "大ダメージを出したい"という目的がなかったのだ。

 「レベルを上げて○○というスキルを使ってみたい」

 これが私のメイプルの原動力。

 ダメージなど関係ない。

 ボスなど関係ない。

 面白いスキルを使って面白い狩りをしてみたい。

 ただそれだけだった。


 そんな私の限界レベルはいくつだろうか?

 LV102だ。

 LV100になって4次転職をし、2つレベルが上がってスキルに1ずつ振り、しばらく狩りをすると飽きる。

 今ではハイパースキルがあるが、広範囲大魔法スキルと強化スキルだけの欄に魅力などなかった。

 エヴァンはそこら辺を改良して出てきたが、私がネタに走ってしまったがために真面目に育成できなかった。

 今考えてみれば、カイザーやルミナスがLv140・150の域に達したことは奇跡に近い。

 おそらくこのレベルはブログで毎回記事として取り上げていたからであって、記事を書かずにやっていたらLV102で止まっていただろう。

 秋ごろから3月までの半年間メイプルからは離れていたが、胸の中では飽きが来ていたのかもしれない。

 
 そして一昨日メイプルに再びログインしてみて、何も変わっていないと思った。

 新職にはとりあえず触れておこうと思っていたが、多分LV100ぐらいで今回も終わるだろうと思っていた。

 どうにかして個性を出すことはできないのか?

 高レベルを目指せるようなスキルシステムは作れないのか?







 MAPLESTORY 2014-03-08 4



 ネクソンはその問いに対する1つの答えを出してくれたような気がする。

 


 



 MAPLESTORY 2014-03-08 2

 はい。

 というわけで、

①スキル振りに個性が欲しい
②高レベルになるまで攻撃スキルを振れないようにしてほしい

 この2つの不満にバッチリビーストテイマーは答えてくれました。

 
 ビーストテイマーのスキルには1次スキル2次スキルといった境目がなく、

・レベル
・各分野に振ったスキルポイントの量

 によって振れるスキルが増えていきます。

 レベルに関してはほとんど問題はないのですが、曲者なのがスキルポイントの量。(以後SP)

 4つある分野の最終スキルにポイントを振るために必要なSPが190,190,170,170となっている。

 これを足すと720。

 1レベルを上げる毎にSPが3もらえるから、全てのスキルに振れるようになるのは……

 240レベル上げた後。

 Lv10までスキルは振れないからLv250……つまりカンストレベルにならないと無理。

 最終スキルのポイントもマックスにしようとするともっといるから、実質すべてのスキルをMAXにするのは不可能っていう(笑)

 しかも、既存職の仕様だとLv200以後からSPは手に入らないから手に入るスキルの幅はさらに狭くなる。

 どれかを捨ててどれかに極振りしないといけないこのスキルシステム……

 マジでやばい。

  MAPLESTORY 2014-03-08 1

 もっと曲者なのは、この4つの分野毎にスキルが独立していること。

 4つの動物の特徴として

クマ:ボス向きだけど移動が遅いパワー型
ヒョウ:サクサク感万歳だがボス向きではないテクニック型
タカ:移動最強だけど火力が超絶雑魚のスピード型
ネコ:お助けスキル最強で火力雑魚のサポート型

 と両極端なやつらばっかり。

 全部のスキルを組み合わせれば強いんだけど、それぞれの状態でしかそれぞれのスキルを使えない。

 具体的にいうと、クマモードのときはクマスキルだけ。他の3つであるヒョウ・タカ・ネコのスキルは使えない。

 すごいことに強化スキルまで限定されている。

 だから基本としてはクマ型ヒョウ型タカ型ネコ型みたいな感じになるのだろう。


 クマの攻撃力、ヒョウのテクニック、タカのスピード、ネコのサポート、全部組み合わせれば最強。

 だがあえてそれをしない。
 

 そこが気に入った。



 

 もっと良いところもあるしいろいろ話したいのだが、時間がないので現状報告。
 
 現在Lv63だが、上のスキル表SSを見ればわかる通りヒョウに偏ってスキルを振っている。

 それから移動用としてタカに振り、ストーリーのボス用にネコへ少し振っている。

 クエストで何度かボスが出てくるんだが、そいつに接触すると半分削られるんだよ……

 しかも連続攻撃するんだから近距離攻撃とかやってられない。

 HP2000に対して500×4の攻撃とか、HPが3500なのに2000×2の攻撃とか喰らったら余裕で死ぬから。茨鯖かよ。

 そこで輝くのが遠距離攻撃。

 ネコの最初の攻撃スキルがめちゃめちゃ範囲広いから、めちゃくちゃクエストボスで役立つ。

 最大限距離を取って安置からスキルを使い、相手が近づいてきたら脱兎の如くフラッシュジャンプで相手の頭上を飛んで逃げる。

 これを繰り返せば勝てる。

 なんというチキン……



 正直このビーストテイマーがどれだけ続くのかはわからないが、何とかLV160くらいまではいきたいと思う。

 ただまぁ次回出る新職も面白そうな奴だったら移っちゃうかも。


 しかし12月に出た新職ゼロもこんな感じだったし、次第に「転職」という概念がなくなってきていますね。

 もう3次転職までのハードルなんてないに等しいものだから別になくなっても構わないような気がする。

 もしくはさっさと5次転職を出してしまった方がいいと思う今日この頃。


 冒険家






 


 

 
関連記事

メイプル再開……と思っていたら纏めサイトが大変なことになっていた





 さて、

 3月に入りましてメイプルをする時間もできてきた今日この頃。

 メイプルの様子をとネットを見ていたら、2ちゃんねるでなにやら騒ぎが起こっているようです。


 


 2ちゃんねる「転載禁止」の流れが拡大 大手まとめブログ「痛いニュース」も巻き込まれる

 2ちゃんねる

 
 書き込み数、上位3つの板が転載禁止

 転載禁止をめぐる議論は、2ちゃんねるの管理者が交代したとされる騒動が起きた2014年2月下旬から始まった。当初はサーバーが落ちるなどの問題が発生して「2ちゃんねる閉鎖か」とささやかれ、新管理者による体制を不安視する声もあった。だが、以前からくすぶっていたまとめサイトによる転載問題について、新管理者と一部2ちゃんねらーの間で「許諾のない商用利用は許されない」と意見が一致して支持が集まった。
 
 さっそく「VIP」で転載禁止のローカルルール導入の是非を問う投票を実施し、賛成多数で転載禁止が決まった。他の板でも転載に関する投票専用スレッドが立てられ、「なんでも実況J(通称:なんJ)」板や「ニュース速報+」板も新たに転載禁止となった。いずれも活発に利用される人気の板で、書き込み数ランキング(2014年3月3日現在)によると、「VIP」が1位、「なんJ」2位、「ニュース速報+」3位という順だ。

 これらの板はまとめサイトに転載されることが多く、新ルール導入による影響は大きそうだ。あくまでローカルルールにすぎないが、違反した場合は2ちゃんねらーによって「まとめサイト」が炎上させられ、アフィリエイト広告を引きはがされる可能性がある。

 2012年に一部のまとめサイトをめぐって同様のケースがあった。恣意的な書き込みの抽出で対立を煽ったり、デマを流して誹謗中傷したりすることを問題視した2ちゃんねるの運営サイドが、「刺激的な内容で広告収入を得ることが生業になっている」と、名指しで転載禁止を言い渡した。まとめブログの管理業者であるNHN JapanとFC2には、広告を載せないように依頼し、NHN Japanはそれに応じる姿勢を示していた。

 ツイッターの書き込みで代用

 今回の件を受けて「なんJ」や「VIP」をまとめていたブログは、別の方法での生き残りを模索し始めた。新ルール導入前の過去のスレッドを掘り出してまとめたり、転載可能な別の板を使ったりといった手段だ。まずニュースや画像だけ引用した記事を掲載したあとに、自ブログについた反応のコメントをまとめるサイトもある。

 月間1億ページビューを超えるという「痛いニュース(ノ∀`)」も影響を受け、2ちゃんねるの代わりにツイッターの書き込みをまとめ始めた。大手まとめサイトの中には、以前から転載禁止を言い渡されている「ハムスター速報」「はちま起稿」「オレ的ゲーム速報@刃」のように、2ちゃんねるに依存しない体制を整えて生き残った例がある。

 一方で、中小規模のまとめブログは不安げだ。PC・ガジェット系を扱う「IT速報」は、「ニュース速報板が転載禁止になりました。IT速報は大ピンチです」という見出しの記事を更新した。





 というわけで、大部分の2ちゃんねるからの転載が禁止となりました。

 実際に言えば明確に公式側からの発言はないのですが、掲示板に転載禁止と書かれているため今後その方向へ向かっていくと思われます。

 サイトの多くが2ちゃんねるのログを転載した記事を出しているので、本当に痛い。

 メイプルストーリーに関してはあまりまとめ的なものがないのでメイプルブログで例えると、

 「ブログでメイプルのSS貼るの禁止」

 と言われるに近い。

 投げ賊

 これを言われた瞬間ほとんどのメイプルブログの魅力は0に近くなる。

 だってプレイの様子も書けないし、仲間との触れ合いも書けないし、装備を晒して「俺TUEEE」もできなくなる。

 どんなに強い装備を持っていても「嘘乙」で終わってしまうのがオチ。

 とすると文章で相手を引き付けるしかなく、そんなブロガーなど数えるほどしかいない。

 おそらくメイプルに関する情報だけを淡々と載せていくサイトは生き残っていくでしょうが、昔から愛されているブログの形は死滅していくでしょう。

 まぁ運営も数あるメイプルブログのおかげで知名度を上げた部分は大きいと分かっているだろうし、ブロガーの中には引き離したくないプレイヤーがたくさんいる。

 だからメイプルSSを禁止されることなんてないとは思います。多分。


 2ちゃんねるの転載が禁止された理由としては、サイト側が広告を貼って副収入を得ていた(いわゆるアフィリエイト)のがその1つ。

 読者がまとめサイトに持って行かれ、運営費が賄えなくなったためと言われています。

 また一部ではサイト管理人による情報操作を危険視したという意見も。

 まとめサイトは基本ログの一部を管理人の判断で抜粋していくため、管理人の好みによってサイトの内容が偏ってしまう。

 具体的にはとりあげられていませんが、2ちゃんねるよりも一般の目に触れやすい存在だっただけに問題としてはあったのかもしれません。

 まとめサイトをみている人は多いかと思いますが、その多くが今後衰退の道をたどっていくでしょうね。

 

 

 

 で、メイプルの方ですが

 久しぶりにログインしてきました。

 MAPLESTORY 2014-03-06 1

 メイプルストーリーLEDがあったり半年のブランクがあったりでどんだけ変わっているかと思いましたが、

 全く変わっていない。

 まったりと狩るプレイ要素も変わらないし、アイテム使って課金させる運営も変わらないし、イベントアイテムあつめるためにチートがはびこっているのも変わらない。

 変わらなさすぎて物足りないくらい。LEDイベントが終わっちゃったからかな?

 唯一変わっていると感じたのは、

 「カップルを祝福しよう!!」みたいなスタンスがいつの間にか「リア充爆発しろ!!」みたいな雰囲気になっていること。

 カップル破壊イベントの方がみんなに共感されやすいのか?大して差はないと思いますが。

 しかしまぁこの時ばかりはカイザーの「消えてしまえ!!」(スキル使用時の掛け声)が映えること映えること(笑)

 爆発スキルとか使ってみるのもなかなか面白そう。


 
 で、今後の身の振り方ですが……

 う~ん、どうしましょうか。

 半年間メイプルをやっていないから最近の職業についての知識は0。

 これを何とか生かしたい。

 まっさらな気持ちで冒険家職やら新職(ビーストテイマー?)をやってみるのも悪くないし、

 茨サーバーでマゾ生活を歩むのも悪くない。

 もしくはたび重なるスキル改変で滅茶苦茶変わった元所持キャラをまたやってみるか。


 プレイは無限大。

 職業無限大。

 楽しさ無限大。

 でも時間とお金は有限よ。

 

 
 とりあえずビーストテイマーをやりながらプレイ方法について自己考察記事でも書いていく予定。




 

 
関連記事

スーパープレゼンテーション考察 ~記憶は移ろい変わりゆくもの~



 今回のテーマ動画

 Elizabeth Loftus:The fiction of memory

 訳:「記憶は嘘をつく」


 動画リンク(日本語字幕付き)



 さて、

 今回はタイトルについてのちょっとした話から。

 考察するプレゼンのタイトル「The fiction of memory」のfiction。

 カタカナにするとフィクション。

 小説やドラマなどの最後には必ずつくあの言葉、「このドラマはフィクションです」で有名。

 サイエンス・フィクション……略してSFのFもこの単語が使われています。

 単語としての基本的な意味は「物語・作り話」などを表しますが、今回のプレゼンでフィクションをそうとらえると少しわかりにくい。

 「嘘」とか「想像」ととらえていただくとわかりやすいかと思います。

 あと、google翻訳で「fiction」と打ってもちゃんとした日本語の意味は出てきません。英和辞典にはあるんですけどねぇ。ちょっとした豆知識?



 
 そんなわけで本題に入りましょう。

 今回のプレゼンテーマは「記憶」「嘘」

 記憶とは、ものごとを忘れずに覚えていることを指します(wikipediaより)。

 記憶する内容は様々。

 過去の思い出や蓄えた知識、昨日の夕飯といった些細なことも立派な記憶。

 過去に見たこと聞いたこと感じたこと…すべての体験を脳にインプットしているわけです。

 考えてみると私たちは多くの情報を記憶として脳に蓄えていることが分かります。

 
 しかし、本当に今私たちの頭の中にある記憶は正しいのでしょうか。

 逆に言えば間違った記憶があるのではないか。

 よく皆さんも「勘違い」をすることはあるはず。

 一昨日したことを昨日したことと間違えたり、右にあったものを左だったと言ったり。

 あったものをなかったと言ったりなかったものをあったと言ったり。

 記憶する内容が様々なら、勘違いする内容も様々です。

 記憶というものは絶対正しいものであるふうに見えて、実はあてにならないものなのです。
 
 嘘

 

 
 今回のプレゼン者である心理学者・エリザベス・ロフタス氏は、そういった記憶の曖昧さを主張する1人。

 彼女は記憶の曖昧さについてある1つの訴訟を挙げました。

 
 事件の内容は、一般の女性が襲われるといった暴行事件。

 警察はその被害者からの証言をもとに捜査を進めていき、ある容疑者を挙げた。

 その男の名はS・タイタス。

 彼の乗っていた車が犯人の車に似ていて、彼自身も犯人に似ていた。

 「彼が犯人に似ている」という被害者の証言もあって警察は彼を逮捕。彼は裁判にかけられました。

 裁判の中で、被害者は「犯人はこの男で間違いない」と証言。

 タイタス氏の叫びむなしく彼は有罪判決を受け、刑務所へ。


 しかし事実は違った。更なる調査により真犯人を見つけ出し、タイタス氏は無罪であることが分かったのだ。

 彼は無事刑務所を出られたが時すでに遅く、彼を待つ仕事場も何も残っていなかった。

 彼は怒りにあふれたまま、ストレスによる心臓発作で死亡。

 「似ている」から「間違いない」に変わってしまった記憶。

 証言による冤罪が生み出した悲しい出来事でした。

 天秤

 エリザベス氏曰く、記憶の曖昧さによるこういった冤罪は冤罪全体の4分の3はあるとのこと。

 4分の3。100人いたら75人。

 つまりは、かなりの割合で証言者が「記憶違い」をしている可能性があるのです。

 そして多くの人々は記憶を正しいものとして考えている。



 
 それにしても、日常的な出来事ならともかくひどい出来事についての記憶を間違えてしまうことがあるのだろうか?


 そこで彼女はある実験をしました。

 実験者に交通事故の映像を見せ、グループごとに質問を変えるとどのように答えが変わるのかを記録。

 もしも人々の記憶が正しいものならばどのグループも同じような答えになるはず。

 しかし結果は違った。

 過激な言葉を使って質問した方が、普通に質問するより事故の被害が悪かったように答えたのです。

 さらには実際になかった被害まで答える人も増加。

 人々の記憶に強く残る交通事故でさえ、記憶違いは多く起こるわけです。

 
 もう一つこの実験で重要なのは「質問が答える人の記憶を変えた」ということ。

 詳しく言うと、他人の発した言葉によって相手の記憶を意図的に書き換えることができる。

 たとえ相手が経験したことでも書き換えられる。

 実際、彼女の実験によりいろいろな記憶を人々に植えつけられることが分かりました。

 いやな記憶でも奇妙な記憶でも心温まる記憶でも。

 倫理的にどうなのかはさておき、実験として証明はされました。

 脳

 
 
 エリザベス氏はある疑問を出します。

 「記憶の書き換え(虚偽記憶)はあってもいいかどうか」

 詳しく言うならば、

 記憶を植え付ける人の精神にとって良くなるならば虚偽記憶はあってもいい

 もしくは

 どんな状況でも虚偽記憶はあってはならない
 
 皆さんはどちらでしょう。

 
 もちろん相手にとって嫌な記憶を植え付けるのは論外。

 では相手にとって良い記憶を植え付けるのはどうなのか。

 例えば、幼いころに両親に捨てられて別のところに養子となった……でも養子というコンプレックスが子供を苦しめている。

 こんな時に「自分はもともと今いる親の子供だった」という記憶を植え付けるのは良いことでしょうか。

 真実を知ったまま彼を苦しめるのか、嘘でも彼の心を幸せにしてあげるのか。


 もう1つ例を出しましょう。
 
 ある子供が野菜のほとんどを嫌がっている。食べなければ子供の成長に関わる。

 その子に対して虚偽記憶を植え付けて野菜を食べられるようにする、これはどうだろうか。

 子供の将来を考えればよいことなのは明らか。しかしそこまでする必要があるのかどうか。

 この辺になると反対派の方が多くなるかもしれません。


 
 私個人としては虚偽記憶の賛成派。

 なぜかというと、そもそも虚偽の情報が日常にあふれているからです。

 ネットの情報をはじめ、雑誌、テレビ、新聞……

 全ての人に平等であると見せかけて、メディアには偏った意図的な部分が多くあります。

 特定の内容しか公開しなかったり意見を片寄らせたり、言いたいことを伝えるために必要な部分を隠して公開する「解釈のウソ」もあります。

 人と人との会話でも同じこと。

 話を盛り上げるために実際になかったことを付け加えたり、伝えていく中で事実と想像がごちゃ混ぜになっていく。

 最後には話のほとんどが嘘であることもしばしば。

 つまり、私たちは常に相手の記憶を書き換え、自分の記憶を書き換えられて生きている。


 だから、真に考えるべきは「記憶(情報)の扱い方」

 相手が言ったことをそのまま鵜呑みにしてはいけない。

 どんなに信頼できる所からの情報でもまずは自分で考えてから受け入れる。

 実際の情報と受けた情報の間には必ず抜けている所があると考える(実際に私の記事も後半部分の話が抜けていますからね)。

 

 
 

 あまり記憶をあてにしないように、そして人の勘違いには寛容に。





 
 Thank you.







 
 

関連記事

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム