2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆演義 第2幕 竜の目覚め

 


 小豆演義 バックナンバー

 第1幕 プロローグ
 


 〜あらすじ〜

 平和な夜次郎たちの生活に突如現れた謎の竜の軍隊。

 師匠由良によって外へ逃げるも、城は陥落。

 なすすべない夜次郎を助けた謎の2人組…

 しかし、まだ歯車が動き始めただけに過ぎない…

 



 時は過ぎ去って20XX年…

 一人の少女、小豆嬢はあるところにいた…


 小豆 14

 
 ここは…どこ…?

 夢…?

 頭がずきずき…はしないけど…


???「契約を……」

小豆「?…ケーキ焼くお?」

???「違う……契約を…」

小豆「そういえば3時のおやつまだ食べてないなぁ〜」

???「あの…」

小豆「今日のおやつは何かな?くず餅?みたらし?」

???「……」

小豆「もしかしたらおはぎだったr」

???「いいからさっさと来いッス!!」

小豆「?あっちからかしら?」

???(スルーかよ…何気に語尾ついちゃったし…)



 テクテク…

 ここ…?

 ガラッ

 小豆 15

 ピシャ

 さて…さっきの声はどこからかしら…?


???「…ちょい…」

???「…おい!!こっちで合ってるってば!!」

???「何気に見なかったことにするんじゃない!」

小豆「あ、そうなの?親切ねぇ〜あなた」

???(なんなのこいつ…ここ扉ないのに開け閉めの音がしたし…)



 小豆 16


 でかい…これがドラゴン…?

 ペタッ

???「ようやく来たか…契約者の条件を満たすもの…」

 ?(!? ̄Д ̄)しゃべった!?

 それよりも…契約者?条件?

 条件って、甘党…とか大食い…とか?

???「違うわ」

???「とにかく!契約の条件を遂行せよ…」

 条件って…甘いものをたくさん食べる…?

小豆「任せて!甘いものなら1日3食それでm」

???「違うゆーとるやろが!!!」



 (゚Д゚)ガバッ!

 小豆 17



 夢…か…

 へんな夢。

 暗い森の中だったりドラゴンがいたり契約がどうのこうのとか…

 まぁ…あまり深く考えない方がいいのかしら?

 …ん?

 小豆 18


 手の甲に…紋章?

 夢の中にも出てきた…っけな?

 ということは…

 …気にしないでおこう。



???「おうエヴァン。また裏の森で昼寝かい?」

 小豆 19


小豆「別にいいじゃないの、エナ姉さん。それより……」

エナ「……変な夢?昼寝のしすぎじゃないか?」

エナ「まぁそんな夢、あまり気にしない方がいいぜ〜」

小豆「ありがとう…」

エナ「せっかくだから、ドナのやつにも言ってみたらどうだ?そんな馬鹿話聞いたら失笑するに違いないぜ〜」

小豆「…怒るわよ?」

エナ「おっとっと、まぁ、いってらっしゃい〜」


 変な夢といいさっきの紋章といい、

 な〜んかありそうな気がするのよね〜


 小豆 20


ドナ「あら小豆さん、ごきげんよう」

小豆「どうもドナさん。実はね…」

ドナ「えっ?ドラゴンが出てくる夢を見た?いくら私でもそれはちょっと…」

小豆(やっぱり…)

ドナ「そういえば、まだエゾオオカミにえさを与えてないから、やってきたらどうかしら?」

ドナ「気分晴らしにでもいってらっしゃいな」

小豆「でも、それってドナの仕事じゃ…」

ドナ「小豆さんはエゾオオカミに好かれていらっしゃるから、最適だと思いますわよ?」

小豆「じゃあ、お言葉に甘えて〜」

ドナ「いってらっしゃいませ」


ドナ「……」

ドナ((゜∀゜)アッハッハ、あんな馬鹿話誰が信じるかっての( ´,_ゝ`)プッ)

ドナ(エゾオオカミはあたしが嫌いだからね〜。近づいたらなにされるかわかりゃしない(`Д´*))

ドナ(エゾオオカミは小豆の前しかおとなしくならないからね〜。だからエヴァンって呼ばれるらしいけど)

ドナ(な〜んか知らないけど、一石二鳥ってやつ〜?( ´艸`)ムププ♪) 


 小豆 21 


小豆「ほ〜い、餌だよ〜」

エゾオオカミ「バウバウバウバウ!!!」

小豆「お〜い、えs」

エゾオオカミ「バウバウバウバウ!!!」

小豆「……うるせぇ」

エゾオオカミ「……」

 パクパク

小豆「こんなにおとなしいのにね〜。ドナは臆病だな〜」



ドナ「ご苦労様。サンドイッチ食べてエナ姉さんのところに行ってらっしゃいませ」

小豆「??エナ姉さんが?」

ドナ「なんか用があるらしいですので…」

小豆「ふ〜ん、じゃあ行ってくるね」

ドナ「今日は手作りですので、早めにお願いしますね」

小豆「あ〜い パクパク」


ドナ(あ〜あ、また呼び出しとはね〜)

ドナ(何もないあたしは幸せだな〜うん)


エナ「来たかエヴァン。ちょっとお使いに行ってくれないか?」

エナ「グリドのやつが弁当を忘れてさー。近いから一人で行けるだろ」

小豆「まぁ…いいけど」

エナ「そうか、エヴァンは優しいな〜。父さんも待っているからすぐに行っておいで」

小豆(名前を呼ばない時点で優しくなんかないけどね…)

エナ「あっ、外は暑いから小豆 22これを持っていきな」

小豆「ありがとう…」


 …大嫌い。

 エナ姉さんもドナも父さんもみんな…大嫌い。

 エヴァンって何?どうして姉さんも父さんも「エヴァン」って呼ぶの?

 あたしの名前は小豆よ!!!

 小豆 23



 もしかしてこの「エヴァン」って名前があのドラゴンと……?

 ううん、絶対関係ない。

 関係あってたまるもんか……


 小豆 24


グリド「おお、エヴァンか。今日は何を忘れたんだったかな?」

小豆「今日は弁当よ。だんだん激しくなってきてない?」

グリド「そうか?昨日は帽子に一昨日は…なんだっけ?」

小豆「本当にやばくない?」

グリド「…まあいい。来たついでにひと仕事頼まれてくれるか?エヴァン」

小豆「何?」

グリド「実は、オオカミが柵を壊して逃げてしまってな…」

グリド「柵を直したいから、木の切れ端をいくつか持ってきてくれないか?」

小豆「いいわよ〜」

 …

小豆「これでいいかしら?」

グリド「おお、これで……おや、少し余ったな」

グリド「これで椅子を作ってやろう。ちょちょいのちょい!」

小豆「ありがとう!…」

グリド「…あれ?赤ちゃんオオカミが一匹いない?エヴァン、少し探してきてくれ」

小豆「はいはい」



 たしかここらへんだったかしら…?

 …あっ、見つけた!

 あとは行くだけ……って、

 落とし穴!?

 バカな…見た目では全く雰囲気しなかったのに…

 普通に道があると思ってたわ…

 SS撮り忘れたし…

 というかそんなことより…

 落ちるー!!







 ア-レエェェ(´д`)ェェエエ工

小豆 25








 くそう…こんな古典的な罠に…

 それにしてもあの落とし穴を作った人…只者ではない…

 今度会ったらボコボコ…じゃなくてぜひ教えを…

 しかし、結構深く落ちたな…ここは………



 ……



 ……!?

 小豆 26


 あの…夢の場所…?

 い…いや、似てるだけよ!似てるだけ。

 そんなマンガみたいなことがポンポンと…あってたまるか。

 まさかこれも夢ってオチは……


 ギューッ


 …ないよね…


 しかし、もし夢じゃないとしたら…?

 あのドラゴンもいるってことに…

 …冗談じゃない。

 もしいたらボッコボコにしてやるわ。
 


 トクン…


 !?なにかやばいことが始まろうとしてる?

 トクン… なんて神秘的なことが起こるフラグじゃないの!!

 なんか本当にドラゴンが出ちゃいそうな気が…

 って…


 小豆 27


 卵かよ!

 拍子抜けだけど、これなら安心ね〜

 ちょっとやばそうだけど、触ってみようかな…


 ドキドキドキドキ


 トクン・・・


 ペタッ


 小豆 28


 えぇ!?

 なん…か…光って!?


 ちょ…手の甲の紋章も光って…


 ど…どうなるの〜!?







 不意に光りだす卵。

 それに合わせて光る手の甲の紋章。

 いったい小豆嬢はどうなるのか!?

 たまごの中身とは一体何なのか!?

 そして、私ナレーションの意味はあるのかどうか!?

 ゲーム的に考えるとまだ6Lvだぞ天癸ワヤ。

 こんなペースで終わりが見えるのか!?


 第3幕「旅立ちの時」に続く…


 夢の国を探す君の名を〜誰もが心に刻むま〜で〜♪

 


 


 というわけで、主人公です。

 タイトルからしてわかるとは思いますが、この作品はエヴァンを主人公にしていこうかと思います。デュアルブレイドはヒロイン的な感じになりそうです。


 それにしても、今回はSSをミスってばっか…

 表情変え忘れたり取り忘れてイベント進めてしまったりで、あまり出来は良くないかも…


 そんでもって長い。ストーリーが長い。

 ナレーションでも書いたんですけど、まだこれで6LVなんですよ、小豆嬢。

 最初の竜と会うあたりなんかLVUP一つもありませんからね…

 初盤で言うと、エヴァンが一番長いかも?

 まぁネタが豊富なだけ幸せなんでしょうかね。高レベルになるほど自由さが増していきますし…。だから高レベルになるほどオリジナル性が増していくかもしれません。

 
 こんな遅めのペースですが、よろしくお願いします。

 
 
関連記事

コメント

ガラガラ...ピシャにめちゃくちゃ笑った俺って何

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beginner3jg.blog.fc2.com/tb.php/174-d3339409

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。