2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパープレゼンテーション考察 ~学校が創造性を殺す~



 今回のテーマ元動画
 
 ケン・ロビンソン「schools kill creativity」

 

 今回のプレゼンテーションは、内容もそうですが話の運び方がうまい。

 お堅いこと(本題)をくどくどと語り、プレゼン中相手をずっと緊張させてしまうのが普通。

 しかし、今回のプレゼンは、

 本題→家族の例→本題→周りの人の例→本題

 と、うまい具合に話に緩急をつけています。

 その具体例がユーモアをうまく出しているのも、このプレゼンのポイントでしょう。

 感性が違うせいで自分の中ではあまりウケませんでしたが(笑)まぁその場の雰囲気というものがあるのでしょう。


 つまり、具体例が

①話の緩急を付ける
②本題の説得力を出す
③相手を引き込ませる


 まさに一石三鳥の役割を果たしているのです。

 普通にプレゼンするなら②が精一杯でとても相手を引き込むなんてできません。

 話し方を見る限りちょっと抜けたところがあるような方ですから、先ほどの事項もこの方は天然気味でやっているんでしょうね。恐ろしや。


 未来の扉


 さて、今回のテーマは「学校教育」。

 日本を含めた先進国ではほとんどの子供が受けていると思われる学校教育ですが、ケン・ロビンソン氏はこの学校教育が創造性を殺すと主張。

 具体的にいうと、「失敗を恐れ、大胆なことをしない人」に育ててしまうと言うのです。

 
 現在の学校教育の傾向というと、

・みんな平等
高校まで数学や語学など応用性のある教科が中心
・その内容の多くは大学受験用
・実技的なものは大学に任せる
専門的なことも大学に任せる
・音楽・芸術系は好まない
失敗したら叱る
・無茶なことはやらせたくない

 などが挙げられます。

 高校まで学ぶ強化が限られていたとしても、大学で専門的なことを学ぶから問題ない…そう見えますが、大きな間違い。

 高校まで専門的な要素に一切触れなかったとして、貴方は大学で専門的なものを学びたいと思うでしょうか?

 今まで数学や英語しか学んでこなかったのに、ダンスやコックの道を歩もうと思うでしょうか?

 ほとんどの人はNOと答えるでしょう。

 
 なぜなら、子供のころが最も感受性が強く、大人になるにつれて少しずつ感受性が薄れていくからです。

 俗にいう思い出補正ってやつです。

 子供のころに経験した思い出で将来を決める人もいるはず。


 経験


 しかし、そんな思い出がなければ?

 勉強・勉強・勉強……

 そんな子供時代を過ごしていたら、将来つきたい職が見つかるはずもない。

 子供時代を勉強一色で過ごした人は、勉強を除いた後何も残らない。

 つまり、「個性無き人」になってしまう。




 また、失敗…というか子供たちの反応を抑えつけている面があります。

 勉強ができない、行動が変わっているということだけで評価づけようとする。


 動画内の例では、ダンサーの才能がある子供が特徴から親に「病気」と思われた話をしています。
 
 創造性は多角的な視点から生まれると言いますが、この子供は常識的な視点からしか見られず「病気」と思われてのです。

 現在学校では、平等の名のもとに同じ視点で子供たちを見ています。

 十人十色の子供たちを「常識」という視点ではめ込んでいるのです。

 そして、その常識から外れていれば「不適格」と判断してしまう。


 これも、学校が創造性を殺す原因かもしれない。

 
 


 今回のプレゼンは説得力があり素晴らしい内容だと思うが、残念なことが2点。

 それは、

①2005年に発表されたものであること(情報が古い)
②解決策が示されていないこと


 まぁ①はしょうがないことだが…

 スーパープレゼンテーションで放送するには少し古すぎるかな、とは思いました。

 現在でも非常に的を得た考察ではありますが。

 
 どのようにして子供の個性を生かすか…

 それは、周りの大人が否定せず寛容な心を持って接することが重要なのでしょうね。

 


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beginner3jg.blog.fc2.com/tb.php/320-bc2a8ae2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。