2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシタスイッチ考察 ~どのように社会貢献をするか~



 さて、

 今回のゲストは…

 と入る前に少し番組自体についてお話を。

 
 今回のアシタスイッチから、番組MCが一部変わり中田有紀さん→徳井義実さん・美波さんになりました。

 それから、CMの種類も増えていまして、いい感じになっているなぁ…としみじみ思います。

 スーパープレゼンテーションと言い、やはり続けているうちに進化(成長)はしていくものですね。

 ただ、アシタスイッチはゲスト同士のトークを主としているので、(要らないとは言いませんが)ゲストの方になるべく時間を割いてほしいと思います。

 

 前置きはこのくらいにして、本題に入ります。


 今回のゲストは、デザイナー・山本寛斎さんと俳優・企業家・伊勢谷友介さん。

 実は32歳差の異母兄弟である2人ですが、結婚や仕事に対して、寛斎さんから厳しい一言を伊勢谷さんに伝えます。

 分かれ道

 伊勢谷友介さんの紹介
 山本寛斎さんの紹介
 



 異母兄弟ということで、まずは父の話から。

 2人の父は、結婚離婚を繰り返してきた恋愛を好む人。異母兄弟なのに年が離れているのもこれが原因でしょう。

 その性格からなのか、2人の家庭環境は正反対の物でした。

 伊勢谷さんは母に育てられた人、

 寛斎さんは父に育てられた人。
 

 そこから、伊勢谷さんは、自分が見たことのない強烈な父について問いかけました。

 寛斎さん曰く、

 「表現力は非常に高いが、人間として褒められたものでない」

 と批評。自身も父を反面教師として生きてきたそうです。

 同時に、父を長年見てきたことから、

 「簡単に人を愛するどうのと言ってはいけない」

 と言う考えを持ち、恋の多い伊勢谷さんに釘を刺しています。

 愛

 まぁ確かに、今って愛が簡単に薄れていく世の中ですよね。

 離婚も多いし、子供に対する愛もあまり無いように見えます。最近多い虐待事件がそのいい例です。

 その原因は「愛する」責任が薄れていることにあるんじゃないのか?というわけですね。


 う~ん…難しい。

 何が難しいって、「愛してはいけない」とは言っていないことに加えて、愛の定義が非常に曖昧なものであるということですよ。

 個人的に問題は、愛というよりむしろ許容範囲といった方がいいんじゃないでしょうか?

 愛で相手の気に入らないところを補えるかどうか…そんな感じ。

 愛が無いように見えるのは、その許容範囲が狭くなったからだと思います。いわゆる忍耐とか寛容とか人間性の問題ですね。

 つまり、どんな風でも許せる相手がいいってこと。

 でも、恋は盲目と言うし、子供は親が望む通りにはなりませんからねぇ…う~んやっぱり難しい。




 話は一転して、仕事の話。

 2人の仕事は、

 寛斎さん:一流のトップデザイナー一筋

 伊勢谷さん:マルチにわたる表現型仕事

 すなわち、その道一筋の職人か、広くいろいろな職業をこなす仕事人か…という面で正反対です。

 これに関しては、双方意見を譲りません。

 寛斎さんは、

 「その道を極めて自分しかできないことをやるべき」

 伊勢谷さんは、

 「多岐にわたって社会貢献をしたい」

 という強固な信念。

 頂上

 
 まぁ、私の意見としては「その道一筋」の方に賛成。

 なぜなら、その道一筋で極めれば、それが自身の"個性"となるからです。

 他ができなくとも、それは誰かに任せればいい。

 料理なら料理人、分析なら専門の学者、体力仕事なら力のある人……その専門家に任せてしまえばいい。

 何て言ったって、人はたくさんいるわけですからね。

 自分一人ですべてをこなす必要は全くない。

 いくつかの仕事をこなしたいなら、その道に通ずる人をその分呼べばいい。

 自分ができる仕事を最大限にこなせばいい。

 質を追求するならば、仕事は一つに絞るのが一番いいでしょう。


 
 しかし、マルチにわたって仕事をこなすという意見も、現代社会を考えれば一理あります。

 現代は、質よりも効率・利益を求める資本主義。

 人も少ない方がいい。

 多機能な人間の方がいい。

 そんな時代。

 加えて、情報化によって今まで独立していたものが複雑に絡み合ってくるようになりました。

 いろいろなジャンルが絡まっている問題には、やはり多くのジャンルから問題を見られる人が必要。

 人気・機会を得る(人気は程度によりますが)には、多くのジャンルで活躍できないといけない。

 すなわち、多くのジャンルに精通している人が必要になります。

 経験

 芸能人の歌手で例を言いましょう。

 いろいろな番組に出て人気になるには。

・歌がうまい
・トークがうまい
・うまく踊れる
・演技をこなせる
・芸人並のボケやツッコミがこなせる
・その他専門的なことができる

 などができないと駄目。

 もちろん、スケジュールをこなす体力もないといけない。

 もはや、歌ができる・トークがうまい…それだけでは売れない。

 
 サラリーマンについても同じことが言えるでしょう。

・創造性がある
・論理性がある
・コミュニケーション能力がある
・文章を書く力がある
・行動力がある
 
 …………書いたらきりがありません。

 職業によりますが、時代は多機能な人を求めていることが分かります。







 自分にしかできないことを個性にするか、

 多くのジャンルでできることを個性とするか。

 あなたの目標・就きたい仕事によって、それは変わります。

 あなたはどちらになりたいですか?


 それを知ることが……明日につながるかもしれません。




 次回のゲストは、江原啓之×塩谷瞬です。

 お楽しみに。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beginner3jg.blog.fc2.com/tb.php/334-c1bcb89e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。