2017-06

Latest Entries

スーパープレゼンテーション考察 ~アイデアがセックスするとき~



 テーマ元動画

 Matt Ridley: When ideas have sex



 今回の内容に入る前にひとこと言わせていただきたい。


 なぜセックスなんだ…と。

 
 別に卑猥な意味で使っているわけではないけど、もう少し別の言葉はなかったのかと(笑)

 同じ意味合いなら、コラボレーションとかフュージョンとかある。

 にもかかわらず、あえてセックスという言葉を使っている。

 良い悪いを差し引いて考えても、タイトルのインパクトは抜群ですよね。


 アリっていえばアリ…なのか!?

 向こう(世界)がそういう性的な言葉に寛容(というか日本が過敏すぎる)だから大丈夫なのかな?

 このスーパープレゼンテーションも夜の番組だからいい…と解釈しておきましょう。



 
 さて、

 今回のテーマは「アイデアのセックス」

 ここで言うSEXは交尾という意味ではなく、「組み合わせる・混ぜる」意味で使われています。

 卑猥な意味ではありません。(くどい)

 
 古来、人類はこの2000年を中心に、使用する道具・使い方がどんどん進化していき、現在でもその進化は止まることを知りません。

 例えば武器は、石器から弓・鉄器・鉄砲・大砲・核兵器と殺傷能力の高い武器へと進化。

 交通手段も、徒歩・牛・馬・船・自動車・飛行機・スペースシャトルと進化し、より速くより遠くへ行けるようになりました。

 全てに関して私たちの技術は進化していると言えます。

 今後もさらなる発展が望まれることでしょう。
 
 売り上げ

 しかし、歴史を何千年もさかのぼって考えると、石器を主とした時代は3万年以上も続いています。

 狩猟・採集の時代も3万年以上の間変わっていません。

 2000年で石器から核兵器になったのに、その前の3万年は何も変わっていない。

 この2000年とその前の3万年、いったい何が違うのだろうか?



 
 マット氏は、その根幹に「交換の有無」があると指摘。

 つまり、情報・物・考えなどを他文化間で交換してきたことが進化の理由である、と述べます。

 
 その例として石器とコンピューターマウスを比較。

 石器はただ一つの材料・ただ一人の技術で作られているのに対して、

 マウスは多くの材料・多くの人の技術が集結することで作られています。

 無論、マウスを作るための材料は狭い地域で集められるものではないし、一人の技術で作れるものでもありません。

 日本の技術・中国の機械・どこそこの金属・××の○○……など、集結させる範囲は広い。


 だから、たった一つのマウスでも、多くの国・多くの人たちがいないとできないのです。

 言い換えれば、数多くの人が技術を集結させることで今の技術が成り立っていると言えます。

 そして、集結させるためにはその人たちと技術を共有しなければならない。

 それが「交換」になるというわけです。
 
 船

 その点で、この2000年とそれより前を比較すると、確かに交易という違いがあります。

 3万年前でも地域固有の技術や文化がありましたが、それを別の地域へもって交換することはありませんでした。

 それだけ閉鎖的な文化だったということ。

 対して、2000年の間は、農耕技術から国を作るようになり広い地域に渡る交流が行われるようになりました。

 次第に他国との交易も行うようになり、さらに文化は発展。

 また、領土を取り合う戦争が起こったことも発展の理由になるでしょう。


 日本で言うと、飛躍的に発展したのは日本統一・開国・戦後の3つで比較的交易の多い時代ですからね。

 日本の文化は少しずつ発展しているのですが、これも隋・唐・オランダ・イギリスなど地味に他国と交易をしていたからと考えられます。

 唯一の例外は平安時代の国風文化ぐらいでしょうか。

 とにかく、交易が発展の一因となっているのは間違いないででしょう。





 では、現在。

 現在の技術はネットワークによって爆発的に進化を遂げました。

 ネットワーク

 進化を遂げた一方で、技術の複雑さ・精巧さはさらに増し小人数では対応できない技術も増えてきました。

 とすると、更なる技術には高い専門技術を持った人が複数必要。

 多機能な人が求められている現代日本ですが、進化に必要とされているのは高い専門技術かもしれません。

 しかも、その専門技術を集結させるためのコミュニケーション能力も必要だから…



 ……


 …いろいろ必要で大変だよなぁ(笑)

 いやいや、これらをサポートするのがネットワーク…


 …結果的にネットワークに関する技術もいるから、やっぱり大変?

 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beginner3jg.blog.fc2.com/tb.php/347-3bb5b6e8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム