2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパープレゼンテーション考察 ~つながっているのに孤独?~



 今回のテーマ元動画

 Sherry Turkle: Connected, but alone?

 

 最近、テーマ元動画の貼り忘れが多いので、お詫びとともに精進いたします。

 
 
 さて、今回のテーマは「テクノロジー」そして「孤独」です。

 2012年に公開されたプレゼンだけあって、日常でも感じる部分があるプレゼンだと思います。

 日本でも、周りからの疎外感によって生まれる鬱病・自殺などの問題が、現在注目されています。

 同時に、物の豊かさとは反対の「心の豊かさ」を求める傾向が増えつつある。

 そういう意味で考えると、今回のプレゼンは非常に現代社会の本質に迫ったプレゼンだと言えるでしょう。

 ネットワーク

 では、本題へ。

 戦後から今までで、ほとんどのテクノロジーが急激に発達してきました。

 特に通信技術(インターネット・携帯電話)の発達によって、遠くの人とコミュニケーションをとれるようになりました。


 しかし、通信技術の発達によって生まれた問題が。

 それは、近くの人がないがしろにされること。

 近くに人がいるのに、その人ではなく携帯電話を通じた遠くの人とネットでメールをする。

 「遠くの親戚より近くの他人」という格言がありますが、現在は全くの逆。

 「近くの友達より遠くの他人」という考えになっています。

 「一緒にいても別々」が主流なわけです。

 さらに、この考えは場所を問わないようになってきて、会議の場、家庭内、なんと葬式でもメールをするようになっている。

 
 携帯電話

 
 この考えこそが、コミュニケーション下手の最もたる原因と言っても過言ではありません。

 なぜなら、ネットと現実でのコミュニケーションは全く別だから。
 
 ネットでは、相手の文面だけを見てコミュニケーションをとる。

 しかし、現実でのコミュニケーションでは、相手の表情・口調・身振り・その他諸々まで把握しないといけない。


 この場で私が「こんにちは」と書いて、今の私の気持ちを察することができる人はいません。

 絵文字を付けて感情を表すこともできますが、真意は分からない。

 また、ネットでの発言は書いた後に修正できる。感情で書いた後に冷静なように修正ができる。

 つまり、ネットで交わすものは表面的なものでしかないのです。

 会話が成長の基盤となる子供にとって、ネットでコミュニケーションすることは成長の阻害になります。

 パゾコン


 今、メール社会の浸透から人付き合いを不必要と思い始めています。

 テクノロジーによってたくさんの人とつながることができれば十分だと。

 実際、お年寄りの心を癒すためのロボットが使われ、効果てきめんだといいます。


 テクノロジーが心の隙間をいやす時代が来ている。

 常につながることのできる時代と言ってもいいでしょう。

 しかし、それはさらに孤立……孤独へとつなげます。

 つながっていることが当たり前になると、いざ一人になった時大きな孤独感を覚える。

 一人になることを知らないと、孤独感を克服することはできません。


 一人になることは悪いことではありません。

 自分について考えることができる、物事について深く考察することができる。

 自己の成長につながるのです。

 こうやって考察できるのも一人でいるからで、他に人がいる(テレビがついている)今は全く考えがまとまらない(笑)
 
 頂上

 テクノロジーにあふれた現在ですが、そのテクノロジーに人間は呑み込まれようとしています。
 
 少しだけでいいから携帯電話から離れ、一人きりで自分を考えることが、自己内面…ひいては現実でのコミュニケーション能力を培うのです。



 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beginner3jg.blog.fc2.com/tb.php/366-cd35b2a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。