2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパープレゼンテーション考察E ~ひらめきは妖精が与えてくれるもの~



 今回のテーマ元動画

 Elizabeth Gilbert:Your elusive creative genius

 直訳:『あなたのモヤモヤとした創作の天才的力』

 動画リンク(日本語字幕付き)

 
 


 まとめ

 プレゼン者……作家・エリザベス・ギルバート氏

 このブログでの考察記事

 
 ▲現状の芸術に関する一般の考え
・一生成功せずに人生を終えるかもしれない
・成功しても今後の作品のハードルが上がる
・一度成功すると世間から"終わった人"とみられる
 ――→「芸術は最終的に苦悩をもたらす」……?
 
 ▲積極的に創作に取り組むには?
 創造力を司る妖精がいると考える
「自分に創造性を与える何か」がいると考える
 成功したら妖精のおかげ、失敗したら妖精のせい
→創作の失敗を、透明な存在に押し付ける(他人には迷惑をかけない)
 つまり、
 自分の創造力は自分から出てくるものではない
 
 ▲なぜ「妖精」が必要なのか?
 人間は繊細な生き物である
……周りからの心理的重圧は、到底個人で受け切れるものではない
 多くの人が「神」を信じるように、創作者(人間)には心の頼りにするもの(=「妖精」)が必要

 創作を自分の才能だけと考えないでいることが創作を続けるコツ。

 





 さて、

 今回もアンコールネタ。

 テーマは「創作」です。

 創作というと文章・絵・詩・音楽などが挙げられますが、今私が書いているブログも立派な「創作」。

 ですから、今回の考察はブログを中心にして書いて行こうと思います。

 経験


 右の月別アーカイブを見てわかる通り、このブログは細々ながら3年以上続いており、記事数はもうすぐ500記事になります。

 500記事……3年のうち半分は記事を書いている計算。

 改めて考えるとすごいな…

 しかも、1回の記事に短くとも1時間…長いときは3~4時間かけて書くときもありますから、ブログにかけている時間はかなりのものだと思います。


 自分のことはともかくブログを書き始める人には3種類の展開があります。

①数回の記事で放置になる人
②ランキング上位になって少しすると放置になり始める人
③長く長く続いていく人


 ①は、そもそもの忍耐力が問題。

 他のブログにあこがれて始めたはいいものの、そんなに書くネタがないし、1記事書くにも防ダニな時間が必要だと思い知る。

 ゲーム系ブログなら実際にプレイする時間もいるし、日常ブログなら何か特別な出来事がないといけない。

 「ログインして狩りをしてログアウトしました」

 「学校行って部活やって夕食食べて寝ました」

 だけじゃ、読む方も書く方も不満なわけです。

 しかも面白い記事を書くとなると、さらにネタを絞って考えないといけない。

 だから、ブログ書く人のネタは尽きるのが早い。

 少なくとも私は。

 実はこの考察を始めたのも、最初は各ネタの調達とブログに触れる機会を増やすため(笑)

 そのくらいブログには忍耐力が必要なのです(ここみたいに結構な文章を書くブログは特に)。



 次に、②の「上位になると放置し始める人」。

 この層が、今回のポイントになります。

 ブログには「ブログランキング」というものがあり、自分の書いているブログをそのランキングに登録すると毎日アクセス数に応じたランキングが分かるのです。

 このブログでも、ちょっと前に順位が上がって喜んでいた記事があったと思います。みっともない。

 また、アクセス数・アクセス解析・拍手機能などで、自分のブログがどんな目的で使われているかなども分かるようになっています。
 
 もちろん、順位やアクセス数が上がればうれしい。


 しかし、順位や数値を目的にブログを続けることは、ブログ閉鎖のもと。

 なぜなら、一度上の順位をとると、下がった時にとてつもなくやる気が低下するから。

 渾身の記事や、時間をかけて書いた記事を公開した日の順位が低かった時なんて、かなり下がります。

 で、適当な記事を書いた翌日の順位が上がっていると、もっとやる気が落ちる。


 私の渾身の記事は適当な記事に負けているのか……


 なんてことで悩んだりする。

 もちろんそんなことはないけれども、やる気は下がる。


 また、アクセス解析などを付けると、どの記事をみんなが見ているのかわかるのですが、

 過去の記事の方が今の記事よりアクセス数が高いとかだとまたやる気が落ちる。

 今の自分を否定されたような気になって、ね。

 下落

 というわけで、ランキングやアクセス数を気にしていると、上がった時はいいものの下がった時に激しくモチベーションが下がる。

 これが、私のようにレベルの低いブログだったらまだいい方。

 アクセス数数千のブログにもなると、コメントに

 「昔の方が面白かった」「今はダメだ」

 なんて書かれるからたまったもんじゃない。
 
 そういうブログを1つ知っているんですが、もうねぇ……見てるだけで悲しくなりますよ。

 よくやってられると思いますよ、ほんと。

 


 では、

 ③「長く長く続く人」になるにはどうすればいいのか?

 これはもう簡単。

 全部切っちゃう

 アクセス数・ランキング・拍手機能・アクセス解析……全て。

 要は、周りからの評価が見えなくなればいい。

 評価が分からなければ上がったのか下がったのかもわからないから、一喜一憂する必要もなくなる。

 少なくとも、上の情報を鵜呑みにしたり主目的にしてはいけない。


 そうです。

 周りの評価なんてものは、ふとしたことで上がったり下がったりするだけ

 ただの運。

 周りの評価を上げるにはどうすればいいのかというと、

・読者の関心とブロガーの関心が重なること

 が必要になるわけですが、

 そんなのめったにない。

 私みたいに好き勝手書いているブログならなおさらです。

 情報サイトでもない限り、2つの関心が合わさることなんてない。

 その情報も、ピントがちょっとずれているとだめ。


 だから、読者の関心とブロガーの関心が合わさるなんてのは、「妖精」みたいなのがふっと訪れないと無理なんです。

 ハート 割れる





 一回だけ……



 一回だけ。




 私にも「妖精が訪れた」時があります。

 
 きっかけは大手ブログに入れた1つのコメント。


 そのコメントにさりげなく入れたURLからそのブロガーが来て、ある記事を見て……



 ……あろうことか、うまく波長が合っちゃったわけです。

 波長

 私の記事は大手ブログに紹介され、そこから多くの人が私のブログに訪問し、アクセス数はうなぎのぼり。

 ちょっと狙ってた部分があったから、結構複雑な心境でしたがね……

 まぁ2年くらい前だしそのブロガーもまさかここを見てるはずはないし、ノープロブレム。


 
 さて、

 なぜ、私の記事は他人に評価されたのか?

 もちろん大手ブログに紹介されたのが原因になるわけですが、

 なぜ大手ブログに紹介されたのか?


 私の文章のおかげ?NO。

 大手ブロガーの気まぐれ?NO。


 全ては、私の文章がたまたまそのブロガーの関心にあっただけのこと。

 私の文章が特別よかったわけではない。

 そして、そのめぐり合せを作ってくれたのが、他でもない「妖精」……



 ……



 そうだと思いますね。

 
 …やばい、思い返したら笑えてきた(笑)



 

 
 冒頭にも書きましたが、創作は自分の才能だけではない

 内容・文体・その他諸々が他人と合うかどうかも問題になる。

 歴史に残る多くの芸術家には、その人が死んでから他の人に評価された作品もたくさんあります。

 他人の評価なんてその程度。

 ましてや(ちょっと失礼ですが)ブログです。

 趣味程度に、もっと気楽に書けたらな~~~


 な~んて思いますね。
 
 
 




 Thank you.






 
 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beginner3jg.blog.fc2.com/tb.php/485-6b61bb65

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。