2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパープレゼンテーション考察 ~自分の長所を信じ続けろ~



 今回のテーマ元動画

 Shane Koyczan:『“To This Day” ... for the bullied and beautiful』

 直訳:『"今でも"……いじめに悩む美しい君たちのために』


 動画リンク(日本語字幕なし)




 さて、

 今回のプレゼンテーマは「いじめ」

 う~ん……いじめ……ねぇ。

 初っ端からこんなことを言うのもあれなんですけど、いじめ問題って書くのが超難しいんですよ。

 まず、同じ言葉でも言葉を受ける人によっていじめかどうか変わるという点が難しい。

 「馬鹿」と呼ばれたのを「馬鹿じゃね~よw」と言って流せる人もいれば「あ……ごめん」と傷ついてしまう人もいる。

 定義的には「相手が深刻な苦痛を感じていればいじめ」なんですが、そこがあいまいなのです。

 言った方の認識と言われた方の認識は全く違いますからね。

 した方は冗談混じりだったかもしれないけど、された方は冗談に思えなかった……なんてのは良くある話。

 その場の雰囲気・勢いで口に出してしまうこともあります。


 されども、いじめはされた方に深刻な心のダメージを与える。

 人との触れ合いを苦痛に思い、心は傷つき、不登校になってしまう人も少なくない。

 時には自殺してしまうこともあります。
 
 そうなってしまうと、「僕はいじめをされた」と言える人がいないわけですから、定義から行くといじめがあったかどうか裁判で立証しようがない。

 遺書にはっきりと書いてあるならともかく、何もないならば自殺の理由がいじめであったかどうかも判断できない。

 もちろん惨状を見れば誰もがいじめのせいだと思うはず。

 ですが、定義が定義だけに、いじめには客観的証拠がほとんどないのです(被害者の状態が手遅れになってから初めて裁判沙汰になるからですが)。

 ○○をされたという事実があっても、もしかしたら……もしかしたらそれのせいではなく他の理由(家庭内暴力とか)で自殺をしたのかもしれない。

 そういう可能性が生まれてしまう限りいじめ問題にまっとうな判決を下すことはできない。

 客観を第一とする裁判所としては、色々な意味でいじめ問題はグレーゾーン

 

 ハート 割れる



 今回のプレゼン者である詩人・シェ―ン・コイザン氏も、かつていじめを受けた人。

 純粋な心を持ち続ける性格から、中学時の先生や同級生に「現実を見ろ」とばかにされてきた。

 彼の体格を「デブ」と称して笑う人がいた。

 ある食べ物の誤解で起こった幼少時の事件の後は、その食べ物に基づいて「ポークチョップ」というあだ名で笑われた。

 そのせいで、彼は今でもあだ名のもととなったポークチョップが嫌いらしい。

 
 「現実を見ろ」といった人たちは真剣だったかもしれない。

 「デブ」と笑った人たちは悪気はなかったかもしれない。

 「ポークチョップ」と笑った人たちはその場の話だったかもしれない。


 たかが言葉だから痛くもかゆくもない…それは違う。

 現実に、たった一言の言葉で苦しんでいる人がたくさんいる。

 一生悩み続ける人もいるし、人生をがらりと変えてしまう人もいる。

 心の傷は、体の傷より重い

 体の傷は手術で治るが、心の傷は手術で治らない。

 骨折はいつか治るが、心の傷はいつまでも治らないときがある。

 人が信じられなくなること……それはどんなに苦しいことだろうか?

 人のぬくもりを感じられなくなること……どんなに苦しいことだろうか?

 心の痛みを逃れて心を空っぽにすること……どんなに悲しいことだろうか?


 人が信じられなくなることが孤独を生み、孤独が鬱を生み、鬱が……



 zasetu.jpg



 現在、いじめは多様化している。

 悪口・あだ名付け・暴行はもとより、集団無視や恐喝……さらには「葬式ごっこ」などという胸糞悪いことまで行われている。

 メールやソーシャルメディアの普及によって、昔よりも簡単に…そして多く、より残酷な言葉が出てくるようになった。

 私たちが知らないところでも、常にいじめは存在している。


 どうすればいじめの苦しみから逃れられるのだろうか?

 シェーン氏は「自分の中にある『美しい自分』を見つけろ」と言った。

 かつてのシェーン氏は「いじめた者より勝る分野でそいつをやり込めた」

 また、ネット上にある自分の得意分野に関するグループに入るのも一つの手。

 共通点は、自分にある長所を見つけ出すこと

 勉強でもいい。絵でもいい。ゲームの腕でもいい。雑学でもいい。

 もっと言うなら、円周率の桁数の暗記とかどうでもいいことでもいい。

 これならいじめている奴に勝てるという分野を自分で見つけだす。たとえ針の穴のように小さな分野でも。

 見つからないなら、今まで厳しいいじめに耐えてきた自分の忍耐力が長所だ。

 
 経験


 
 一般人が綺麗事を並べても、実際に苦しんでいる人の心には届かないかもしれない。

 だが、あえて言う。

 どこかの詩(うた)に、

 「高価な墓石を立てるより 安くても生きている方が素晴らしい」

 とあった。

 
 生きている瞬間の姿こそが最も美しいのではないだろうか、と思います。



 


 

 Thank you.







 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beginner3jg.blog.fc2.com/tb.php/507-44f99c50

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。