2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパープレゼンテーション考察SP ~坂本氏推薦の動画から「個性」を考える~




 今回のテーマ動画

Adora Svitak: What adults can learn from kids

 直訳:『大人は子供から学べる』

 
 動画リンク(日本語字幕付き)


Sarah Jones: A one-woman global village

 直訳:『世界の人が集まる村にいる一人の女性』

 
 動画リンク(日本語字幕付き)


Amanda Palmer: The art of asking

 直訳:『お願いの美学』


 動画リンク(日本語字幕付き)




 さて、

 夏休みボケのせいで今回の番組はスペシャルだったのを忘れ、録画を忘れてしまうという大失態。

 もう少ししたら考察記事をあげること自体忘れてしまうところでした。

 危ない危ない。

 しかも、今回は公式サイトの方でもあまり紹介しないそうじゃないですか。

 動画も紹介されていないし伊藤穣一氏の話も載っていないし……

 紹介されている動画を見てTEDで検索してからの…ができない。



 やばい。

 絶体絶命。

 ムンク叫び


 

 ……というほどでもないか(笑)

 
 幸い公式サイトにプレゼン者の名前は載っていたので、TED公式サイトへ飛んで坂本氏のプレイリストの中からそれらを検索。

 なんとか動画本編の方は見ることができた次第であります。

 プレイリストの数が少なくて検索しやすく、坂本氏には感謝しております。


 ……?なんか変?

 まぁいいでしょう。



 今回紹介されているのは3つのプレゼンテーションですが、

 3つのうち2つのプレゼンは過去にこのブログで考察をしていますのでそちらの記事を載せておきます。

 ~大人は子供から何を学べるか~(アドーラ・スヴィタク)

 ~ファンとミュージシャンとの間をもっと身近に~(アマンダ・パーマー)

 また、アマンダ・パーマー氏のプレゼンについては、公式サイトの方でも「スーパーハングアウト」で考察をなさっていますので、そちらも紹介しておきます。

 スーパーハングアウト

 前半    後半
 





 というわけで本題へ。



 プレゼン




 今回紹介するプレゼンのテーマは「人種」そして「個性」

 
 この広い地球には、たくさんの国がありたくさんの人種が一緒に住んでいます。

 アメリカ人イギリス人中国人日本人インド人アフリカ人などなど……大まかに分ければ白人と有色人。

 いろんな人たちがいます。

 昔はどの地域にどんな人種……という風に特定の地域に特定の人種が住んでいました。

 歴史が進むにつれ交通が発達していき、違う人種・国の人たちが交流をできるようになり、その両方の人種が知識的に成長をしてきました。


 そして今。

 1日あれば世界中のどこにでもいけるようになり、インターネットの普及もあってさらに交流は活発になっています。

 


 今回のプレゼン者であるサラ・ジョーンズ氏は、そんな現代技術のおかげでたくさんの異国人と交流できるようになった1人。

 舞台女優として「トニー賞」をとった人でもあります。

 ※アメリカ人女優に同姓同名の人がいますが(検索でも1番に出てくる人)、輪郭を見るに多分その人ではない……?

 彼女は劇作家ですがユニセフの大使としても活躍しており、様々な国へ渡っている人です。

 そして国へ国へと渡っていく間に様々な人と出会ってきました。

 ユダヤ人・アメリカ人・インド人・ヨルダン出身……などなど。

 彼女は、その人たちそれぞれが私自身の人生に影響していると語ります。



 今回のプレゼンはとても独特。

 なんと、いろんな人(実在かどうかは不明)に扮装し口調も真似ながら話をするという面白い試みをしています。

 舞台女優だけあって口調の真似はかなりのうまさ。

 老女のような少ししわがれた声、おしとやかな声、早口で活発な声……

 動画を見て初めてわかることですが一度見てみる価値はあるくらいのうまさです。

 しかもドイツ語やらアラビア語やらも話しますからねぇ。さすがユニセフ大使。

 いろんな国へ渡っている経験からでしょうね。

 素晴らしい。

 経験

 

 
 実は、いろんなキャラクターが話す内容にはあまり意味はなく、結局言いたいことは最初と最後の言葉だけ。

 数人に化けて話した内容は、全部「もしその人がTEDで何か話すとしたら」を話したもの。

 つまりは話している人のキャラクターを強調しているわけです。

 
 全員に共通する設定は、「サラ・ジョーンズに頼まれて話をしている」こと。

 あとはそれぞれの個性や性格の問題。

 その人が積んできた知識や年齢や住んでいた国などによって、話し方や話す内容がいろいろと変わってくる。

 ちょっとギャグを入れる人や、緊張して早口になる人など、

 その人のキャラクターによって話す内容が変わってくるわけです。


 ちょっと内容全体には関係ありませんが、今回のプレゼンであった「DA BOMB」の話が個人的にツボにはまりましたね。

 なんというか、日本でも有名な「寿限無」の話に似ているような気がしましてね?

 あれも、実際の名前を

 「寿限無 寿限無 五劫の摺り切れ海砂利水魚の 水行末 雲来末 風来末食う寝る所に住む所 藪柑子 ブラコウジパイポ パイポ パイポの シューリンガン シューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助」

 しちゃって、長すぎるから「長助」とかにすればいいものをみんなフルネームで呼んじゃって、

 「ちょっと、『寿限無 寿限無 五劫の摺り切れ海砂利水魚の 水行末 雲来末 風来末食う寝る所に住む所 藪柑子 ブラコウジパイポ パイポ パイポの シューリンガン シューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助』を呼んできて」

 「『寿限無 寿限無 五劫の摺り切れ海砂利水魚の 水行末 雲来末 風来末食う寝る所に住む所 藪柑子 ブラコウジパイポ パイポ パイポの シューリンガン シューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助』はどこにいるんだっけ?」

 「『寿限無 寿限無 五劫の摺り切れ海砂利水魚の 水行末 雲来末 風来末食う寝る所に住む所 藪柑子 ブラコウジパイポ パイポ パイポの シューリンガン シューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助』は台所にいるから早く呼んできてよ」

 みたいな、シュールな笑いが出るわけですよ。はい。(醜くなったら本当に申し訳ありません)

 聴衆も大ウケでしたね(笑)






 ……本題に戻りましょう。



 


 では、

 なぜ、サラ氏は「キャラクター作りをして話す」という劇みたいなことをやっているのか?

 決して本人の演劇のうまさを自慢しているわけではありませんよ?


 「私は若い人から老人までどんな人でも演じきれるのよ」

 とか、

 「一瞬にして数人のキャラを演じられるのよ」

 という意味は全くありません。



 プレゼンの最初と最後の言葉を抜粋しましょう。

 「私たちは皆、ある地域的・歴史的環境で特定の体つきで生まれます。そして個々の成長過程を持っています。」

 「近いうちに新しく自分を再発明しないでください」
 
 どうやって書こうかといろいろ考えましたが、もうこれが全てです。




 私たちはみんな違う環境・特徴を持って生まれてくるけど、

  
 その個性はどれも素晴らしい!!


 だから自分の個性を否定して変えないで!!


 
 冒険家

 というのが要約。


 自身がいろんなキャラクターを演じ、人には必ず個性が存在することを話す。

 そして個性は素晴らしいものだからそれを捨てないでほしいと最後に話す。

 これがこのプレゼンの本質……というか全体です。

 




 今回のスーパープレゼンテーションは3本立てだったんですが、

 3つの動画の共通点として「個性の尊重を暗に主張している」というのがあります。

 アドーラ氏の話は『子供全体の個性』について。

 サラ氏の話は『1人1人が持つ個性』について。

 アマンダ氏の話は『個性を持つミュージシャン』について。

 話の全体としては少し違うかもしれませんが、本質としては「個性」について語っているんじゃないかなぁと思います。

 違うかもしれないけどね(笑)



 この3つの動画を推薦しているのは音楽家の坂本龍一氏。

 音楽に限らず芸術家はみんな個性が必要になります。

 アイドルや歌手で言うと、独特の化粧をしているとか独特の口調とかメンバーが48人ぐらいとか。

 そうじゃないと人々の心に残らないからですね。

 何かしらで目立つようなことして、「お、そういえば○○で有名な……」と言わせないといけない。

 どれもこれも中途半端なキャラクターをしていてはファンができない。

 
 ビジネス界の方でも個性が大事とされている時期がありましたね。

 言われ過ぎて今はだいぶ下火になったようですが。


 
 坂本さんもそういう何かをこの3つのプレゼンからつかんだのでしょうか。

 本人にしかわからない。
 
 それこそ、個性の問題ですから、ね。







 Thank you.







 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beginner3jg.blog.fc2.com/tb.php/529-ae0e7c80

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。