FC2ブログ

2019-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパープレゼンテーション考察 ~小学生までの育て方で人は変わる~




 今回のテーマ元動画

 Colin Powell:Kids need structure

 直訳『子供たちは規律を必要としている』


 動画リンク(日本語字幕付き)

 

 

 今日のテーマは「規律」と「教育」です。

 
 今回のプレゼン者・コリン・パウエル氏は元国務長官。

 現在はすでに引退しており、非営利団体としてとある名前の学校を開いています。

 その学校の規律は、少し軍隊に基づいたもの。

 もちろんまるっきりそのままにするとやり過ぎになってしまうので、少し現代風に緩めた感じ。


 というのも、パウエル氏自身が軍隊生活を経験してきたから。
 
 最終的には参謀となり、かの有名な湾岸戦争を指揮したと言います。

 複数の人たちをともに過ごし、鬼軍曹と呼ばれる人から厳しい訓練を受けた。

 そして、訓練の中にあるのが徹底的な規律。

 学校みたいな生ぬるい規律ではありません。

 ちょっと私語をしようものなら即座に怒られ、返事は

 「はい」

 「いいえ」

 「すみませんでした」

 この3つしかない。

 すみませんでしたを入れるのは、言い訳をさせないようにするためだそうな。

 支配

 
 もちろん厳しい規律は新入りをかなり苦しませてきました。

 怒鳴られてばっかりだし、体罰もあっただろうし、しごかれたこともあったでしょう。

 しかし、訓練を受けて18週間を超えると、皆の気持ちが変わる。

 自分たちも規律正しい行動をするようになり、厳しくしごいてきた鬼教官のことを尊敬までしているという。

 
 尊敬?なぜ?

 私を含め、体罰も怒鳴りもない教育を受けてきた人には全く分かりませんが、

 大人の人たちに聞くと、

 「高校時代は…大学時代は厳しい練習だったなぁ。でも、今はやって良かったと思っている」
 
 みんな言う。

 特に体操部とかテニス部とか人が多かった部活にその傾向があるようです。


 思えば、最近あった本家「GTO」の再放送。

 松島奈々子さんがヒロイン役で出ているやつね。

 あれも、普通の教師なら絶対にやらないことをビシバシやっていました。

 今じゃ体罰とか虐待とかで間違いなく訴えられますがね(笑)

 そんで、普通は怒っていいはずの生徒と当事者の先生との間に、何か妙な信頼感が生まれる。

 軍隊での話と同じ。


 何かが変わるんでしょうね。

 教える方が体を張って真剣なまなざしで教えているからでしょうか?

  
 熱くなれよ!!




 で、

 軍隊で学んだことを教訓に、パウエル氏は現代教育に関してこう話します。

 「本当に大事なのは、子供が小学校に入る前のしつけだ」

 と。

 生まれてきた赤ちゃんはまず最初に母親を認識し、母親を規範のように考えていく。

 赤ちゃんっていうのはなんでも見ているらしく、生後3か月の間に母親のような性格になるとか。

 その間に、言葉や愛や規律やらを教えていく。


 言葉に関しては、たとえ文字が認識でき無かろうとも本を読んであげる。

 愛に関しては、他人を尊重して行動することと自分を愛することを教えてあげる。

 規律に関しては、小学校に行った後の社会的ルールやコミュニケーションを教えてあげる。

 
 どれも大切です。

 言葉がなければ言葉が読めないことに劣等感を感じ、

 愛がなければ自己中心的に、自分を愛せず自殺しやすくなる。

 規律がなければやはり自分勝手にふるまってしまう。

 この3つがなければ他人より劣等感を感じることになり、結果グレて刑務所へ行くような犯罪を犯してしまう。

 ハート



 子供の教育のために大人たちができることは何か?

 それは、学校や教師への支援・学習環境の整頓……ではない。

 真に必要なのは、小学校に入る前。

 すなわち、保育園・幼稚園への支援と、妊婦へ早期教育プログラムを与えること。

 赤ちゃんが生まれた後はもちろん、生まれる前から「赤ちゃんをどのように育成すればいいか」を妊婦に教えてあげるのです。

 



 考えてみれば、子供を育てる方法ってのは学校で習いませんね。

 まぁ家庭科で少しは学ぶんですが、あいまい過ぎて良くわからない。

 かくいう私もどんな指導を受けたのか全く覚えていません(笑)

 
 今までは子育ての先駆者となった祖母が常に母親のそばにいたものですが、核家族化で祖母がいない家も多い。

 子供虐待の話がいろいろと飛んでいた時期がありましたが、全くの素人2人がいきなり育てようというのですから無理はない。

 一応日本には幼稚園や保育園がありますが、最近は保育園が少なすぎて子供が入れない…といった話を聞きます。

 今回の話はアメリカを基準にして話していましたが、

 案外日本も他人事にはできないかもしれませんね。










 Thank you.








 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beginner3jg.blog.fc2.com/tb.php/547-c8b80333

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

 

天癸ワヤ

Author:天癸ワヤ
 2016年9/14再開 リンクフリーです。
 初心者でもわかりやすいよう紹介を心がけるメイプルストーリーのブログ。

 メイプルの複雑なシステムを60%くらい理解できるよう紹介しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

 

カウンター

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。